多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Green Toenails Gang (Olivia Sharp: Agent for Secrets)
販売元: Yearling
発売日: 2005-07-12
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 720円 [定価:¥ 721]
在庫: 通常1~2か月以内に発送
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 94326位
シリーズ:Olivia Sharp

多読国民のレビュー

全件24 人読んだ23 人読書中1 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/11/17 By roco (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
Olivia Sharp シリーズの4巻目。今のところの最終巻?
タイトルから想像されるようなギャングの話ではありません(;'∀')
引っ越した親友からの手紙を読んで、そこには書かれていないけれど本当に訴えたい苦しみを察知して、limoを飛ばして助けに飛んでいきます。
現地のトラブルは、もう、ほんとに女の子ったら!という感じのこと。
Olivia Sharpシリーズはとても読みやすくて、いとこのNateシリーズよりサクサク楽しく読めます。
thanks機能は会員のみ
2017/09/07 By ホムサ (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
Olivia Sharpシリーズ。
Taffyからの手紙で物語は始まる。
自転車2台をあっさり買うあたりはさすがお金持ち。
アメリカの地理関係がいまいち掴めない。
Nateとイトコ設定なのでいつか共演してほしい。
thanks機能は会員のみ
2015/12/23 By ゆかりん (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:3,108)
Oliviaちゃんシリーズの第四弾。

引っ越してしまった親友のTaffyから一通の手紙が届く。
親友のためにTaffyの住む街へ行くOlivia。

Taffyの悩みは、友達が作っているクラブに誘ってもらえないこと。
OliviaはTaffyの為にひと肌脱ごうとするが、逆にOliviaへお誘いが…

Oliviaは無事にTaffyの悩みを解決できるのか?
thanks機能は会員のみ
2015/06/21 By ノブ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
Nateの従妹がまた探偵というストーリーです。
最後まで読まないと謎が解けないのはNateと同じ感じかな…
thanks機能は会員のみ
2015/03/04 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
San Franciscoを飛び出して、親友のために一肌脱ぐOlivia。
運転手さんの合いの手がやっぱり味わいがあります。
推理ものとしてはシンプルだけど、それでも楽しんで読めるシリーズ物でした♪
thanks機能は会員のみ
2013/08/04 By Jinny (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,047)
Olivia Sharpシリーズ第四弾。引っ越してしまった親友の悩み解決のため遠出してCarmelへ。「Q」はあんまりいないかもね。シリーズこれで終わりなのが残念。Nate the Greatみたいにもっと続けてくれてもいいのに。シリーズ通して運転手のWillieが時々ぽそっと言う台詞が気に入ってます。
みきとより thanks機能は会員のみ
2013/07/03 By new_be (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
親友のTaffyが引っ越し先で問題を抱えているのでは?Taffyからの手紙の行間を読み取ったOliviaは、すぐさま彼女の引越し先へとリムジンで向かう。一見変わりなさそうなTaffyだったが、話を聞けば近所の友だち達でつくったクラブに誘ってもらえないのだという。その名称も活動内容も秘密のクラブにTaffyはなぜ入れないのか?そして彼女を参加させるにはいったいどうすれば・・・。
お金持ちのOliviaならではのお金で解決、とはならず頭を使って解決。それにしても、Willieに被害?が及ばなくて良かった。Oliviaもそう思ったようだが、私もそう思ったよ。
話の筋には関係ないけれど、E.J.なる少年がOliviaをLiverというニックネームで呼ぶのが気に入らないという件がある。特に人物紹介もなかったがE.J.は何者だろう?

chapter two が「A Friend in Need」で、chapter three が「A Friend indeed」。諺"A friend in need is a friend indeed."が上手く使われているなぁと思った。
thanks機能は会員のみ
2011/06/11 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:3,108)
Oliviaちゃんシリーズの第3巻です。
今回は親友のTaffyちゃんから手紙をもらい
「行間を読む」のがスパイたるもの!!と
これは彼女からのSOSだと感じ、すぐに運転手のWillieと共に
limoに乗ってTaffyちゃんの町に向かう。

実は仲良しの友達がクラブを作っているのだがなぜか誘ってもらえないと
悩んでいる様子。
さてさてOliviaちゃんの作戦はいかに~~

明るいOliviaちゃんはスパイ業も板についてきたというか、
とてもテキパキと解決していき、読んでいて「さすが~、Oliviaちゃん!」と
拍手喝采しました。
彼女としては満点の解決法で同じ歳の子達を
「あなたたちったら!」的な扱いで すごくおもしろかったです。

いとこのNate the Greatくんは今回も名前だけの登場でしたが、
次の最終巻にはぜひとも現れてほしいなあと期待せずに入られません。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ