多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Client
著者: John Grisham
販売元: Dell
発売日: 2003-05-27
種別: マスマーケット
価格: ¥ 962円 [定価:¥ 956]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 576ページ
売り上げランキング: 30971位
シリーズ:Grisham, John

多読国民のレビュー

全件58 人読んだ46 人読書中3 人興味6 人積読4 人
コメントなしも表示する
2018/03/30 By シュバババン (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:7.0 / 語数:143,231)
11歳の少年マークは、弁護士が自殺する場面に偶然居合わせてしまう。
弁護士は政治家殺人容疑者のマフィアの弁護人だった。
自殺前にマークは弁護士から死体の場所を告げられてしまう。そのためマークはマフィアとFBIに追われる立場となる。
英語だが最初と最後は比較的簡単で中盤は難しい。グリシャムの中ではやや簡単な部類。テンポがいいので多読向き。レジーとマークの掛け合いが漫才みたいで面白い。
thanks機能は会員のみ
2016/09/19 By はまたけ (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:3.0 / 語数:12,000)
多聴にて再読。恐らく同じGRだと思うのですが、聴く方が臨場感あって楽しかったです。ストーリーも今回はきっちりしているように感じました。
thanks機能は会員のみ
2016/09/16 By mokux (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:12,000)
完全にダイジェストダイジェストした作品。けれどプロット自体が面白いので、ふつうにそこそこ楽しめる。
人物相関はそれほどややこしくはないものの、なにせ登場人物が多いので、相関図を起こしながら読むことをおすすめしたい。
thanks機能は会員のみ
2015/09/23 By はまたけ (評価:2点 / ジャンル:CS / YL:3.0 / 語数:12,166)
あらすじはわかりました。山場がほとんど無かったのが残念。
thanks機能は会員のみ
2015/06/29 By ヨツキ (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:7.5 / 語数:143,231)
これまで著者の本はTheodore Boone シリーズしか読んだことがなく、一般書は初挑戦。
さすがに語彙は難しいもの・スラング的なものが増えましたが、意外と読みやすかったです。

弁護士の自殺現場に居合わせた11歳のMark は、世間を騒がせている議員殺人事件の遺体の隠し場所を聞かされてしまう。Mark を疑い追及する地元警察とFBI。遺体の隠し場所を漏らせば殺すと脅迫するマフィア達。近辺を嗅ぎまわる新聞記者。Mark は母親と弟を護るために闘うことを決意し、女性弁護士Reggie Love の助力を得ながら全ての大人たちに立ち向かっていきます。

Theo は冒険心はあっても優等生タイプだったので、本作の冒頭がMark とその弟が一緒に煙草を吸うシーンから始まってまずビックリ。しかし、子どもとは思えないほど度胸があってタフな一方、子どもらしい弱さを見せる場面もあって、とても魅力的な主人公でした。
Mark が子供ながらに大人の刑事と口喧嘩?で対等以上に渡りあう場面は読んでいてニヤリとさせられます。
thanks機能は会員のみ
2015/06/12 By rachel (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:3.5 / 語数:12,000)
知らない単語もほとんどなく、読みやすかった。
ページ数が少ないので、マークと女性弁護士とが心を通わせていくところが物足りませんが、
ストーリーは面白かったです。
原書が読みたくなりました。
thanks機能は会員のみ
2014/08/17 By もかママ (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:12,114)
初Lv.4。でも、さほど抵抗感なく読めました。
ストーリーが面白かったからかな?
登場人物が多くて、時々誰のことか分からなくなりつつも
一気に読み終えました。
原作も読んでみたいし、映画も観てみたくなりました!
thanks機能は会員のみ
2013/12/13 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:12,166)
再読。やはり面白かった。
thanks機能は会員のみ
2013/07/17 By Dicek (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:0.0 / 語数:138,748)
法律ものに、サスペンスと感動が散りばめられた名作です。映画化されたのも納得の一冊です。
thanks機能は会員のみ
2013/07/16 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:4.3 / 語数:12,079)
いつも読むのは児童書が多いので、それと比べると英文がやさしく感じられ、読みやすかった。

YL1~2のものと比べると、ぶつ切り調の文でなく、もう少しお話っぽいかな?

まあ、映画と比べるとやっぱり盛り上がりにかけるかな?
thanks機能は会員のみ
2012/09/30 By てつわん (評価:4点 / ジャンル:OT / YL:4.0 / 語数:12,166)
Jグリシャムを早く読みたかったので、夢中で読みました。
難しい単語もなく、ついていけました。
thanks機能は会員のみ
2012/05/02 By dadmam (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:7.0 / 語数:136,467)
グリシャムの本の中では、大好きな傾向の本です。スーザン・サランドンの映画もよかったですね。偶然に自殺を目撃した少年が弟をかばい、母を支えて必死に生きるところ、女性弁護士の暖かな対応、敏腕FBIとのからみなどなど、サスペンスでありながら、ほのぼのとした暖かさと希望とを感じさせてくれる名作だと思います。
(内容:BOOKデータベースより:十一歳のマークは、自殺寸前の弁護士から、有名な上院議員の死体の隠し場所を聞かされる。その情報はFBIが追い求めていたトップシークレット。FBIは秘密を明かせばマークも家族もマフィアに狙われる。マークは全所持金一ドルで、女性弁護士レジーに弁護を依頼。張りめぐらされた罠や絶体絶命のピンチが続く。)
thanks機能は会員のみ
2004/09/23 By Miki (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:4.0 / 語数:12,000)
面白い!いつかオリジナルのPB版も読みたい!!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ