多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic: the Rainbow Fairies)
販売元: Scholastic Paperbacks
発売日: 2005-05-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 592円 [定価:¥ 595]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 80ページ
売り上げランキング: 27642位

多読国民のレビュー

全件132 人読んだ117 人読書中1 人興味10 人積読5 人
コメントなしも表示する
2019/02/01 By さっちん (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.5 / 語数:4,000)
Openlibraryにて。読みやすい文章でした。
thanks機能は会員のみ
2018/03/24 By ぜんだま (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:4,082)
なかなか小説が進まないので、思い切り簡単なものに手を出してみました。
7冊シリーズらしいので、これで語数を稼ぎたいです。

オベロン王とタイタニア女王のMidsummer ballって、シェイクスピアからのインスパイアでしょうか??
さらに、招待されなかったおじさんの魔法使いが呪いをかけて、さらに女王が別の魔法で対抗!って、どこかで聞いた話ですね。

だからこそ、読みやすいとも言えると思います。
頑張って7冊完読したいと思います。

タドキストの皆さんにも人気の作品のようで、王国の中でも私の前に100人以上の方が読まれているようでした!!
thanks機能は会員のみ
2017/06/28 By Mikoto (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.0 / 語数:4,082)
子供が読みました。読みやすいし気に入った様子。話が続いているのでシリーズを読むと張り切っています。
thanks機能は会員のみ
2017/06/27 By gobiodon (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.2 / 語数:4,074)
やはり順番通りに読んだ方がわかりやすいですね。
thanks機能は会員のみ
2017/06/17 By hedgehog (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:2.0 / 語数:4,082)
子供の読ませようと購入し先に読んでみたのですが、あまりにも可愛らしすぎる話・・・。娘は今Magic Tree Houseや冒険ものにはまって読んでいるので、こちらの話は少し物足りなさを感じるかもしれません。それともこの先を読み続けるとハラハラドキドキの展開になるのかな???でも読みやすいのでさらっと読めます。
thanks機能は会員のみ
2017/05/09 By 太陽 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
Rainbow Magicの1巻。
Jack Frostの呪いを解くために7人のRainbow Fairiesを捜すことになったRachelとKirsty。Fairylandを救うために、二人の冒険がはじまります。

娘が小学校の低学年のころに(日本語で)はまっていたRainbow magic。中学1年になった娘のために英語版の7冊セットを購入したので私も読んでみたら、すごいファンタジーだった。簡単な英語でどんどん読み進められた。
娘は日本語バージョンを49巻までと番外編の4冊を当時読んだそうで、日本語で読んだ内容を覚えてるから英語でも読みやすくて懐かしいと言っている。
thanks機能は会員のみ
2016/10/20 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,000)
児童書はずっとMagic Tree Houseシリーズを読んでいたのですが、中古でRainbow Magicシリーズを入手出来たので、読み始めました。
Magic Tree Houseが男の子も女の子も楽しめる話なのに対し、こちらは完全に女の子向け。絵もかわいいし、子どもの頃に読んでたら(もちろん日本語で!)、間違いなく夢中になってたと思う。今や子持ちの中年女性ですが、少女気分に戻って楽しめました。もう少し娘が大きくなったら読んであげたいです。次が楽しみです。
文の構成はMagic Tree Houseシリーズより簡単に感じましたが、副詞などの単語はこちらの方が難しく感じました。文脈から大体意味はつかめるので、調べなくても読めますが、知らない単語が結構あり、語彙を増やすにはちょうど良さそうです。これから辞書を引いて記憶定着をはかります。
thanks機能は会員のみ
2016/06/21 By Bwo (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:2.0 / 語数:4,082)
起承転結の先も読みやすく、ファンタジー濃度も濃すぎず程いい感じ。自分の少女時代に読んでいたら(英語が読めていたら)間違いなくシリーズを全部読んでみようと思ったはず。
あまり親しんでこなかった形容詞や副詞がチラホラしているので、シリーズを読み進めていったら文脈からその単語のニュアンスがつかめるようになっていくかな、と。
thanks機能は会員のみ
2015/11/14 By new_be (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
家族で休日を過ごすためRainspell Islandを訪れたRachel。来る途中のフェリーで知り合ったKirstyと虹の端を探そうと森に入った。そこで見つけた壺から、Red Rainbow FairyのRubyを救い出す。そして二人はRubyから信じられないような話を聞くのだった。
舞踏会に招待されなかったから・・・、って眠れる森の美女を思い出す。色を失ったFairylandが再び色を取り戻すために、7人のRainbow FairyをFairylandへ連れ戻さなければならない。RachelとKirstyは、Rainspell Islandを離れる前に残り6人のFairyを見つけることができるのか、は次巻に続く。読みやすかった。
ただ、どうやって妖精たちを探せばいいかわからない二人に、妖精の女王は、一生懸命探さずに残りの休日を楽しんでいればいい、のような事を言うのが疑問。そして魔法道具が入ったバッグを渡されるのだが、その使い方も成り行き任せなのか?Just wait and see.って?試練がなさすぎる、などと思ってしまった。次作でそれがわかるのか?
thanks機能は会員のみ
2015/03/15 By tomo55477 (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,041)
小さい女の子が読んだら楽しめる感じがします。私は子供の頃も今も冒険ものが好きなので(汗)いまいちのれませんでした。けど、文章はとても読みやすかったです。
7冊で完結するみたいですが、前に読まれた方同様、私も続きを読むかどうか迷っています。
thanks機能は会員のみ
2014/11/30 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.2 / 語数:4,024)
可愛らしいフェアリーな話かと思ったら、意外とシリアスで冒険物に近いようで、個人的には好感が持てる作品。ただし、むちゃくちゃ女の子向けなので人によっては要注意かも。
thanks機能は会員のみ
2014/10/20 By Asako.T (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,000)
読みやすい。
対象年令の時に読んでいたら、すごく好きになっただろうな、という印象。
Lourdesより thanks機能は会員のみ
2014/08/31 By もへ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,024)
小学生の時に一度は憧れるお話。基本的な単語が多く使われていてとても読みやすかったです。
princess-bennyより thanks機能は会員のみ
2014/05/23 By star0109 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.3 / 語数:4,044)
また次のシリーズもよみたくなりました
thanks機能は会員のみ
2014/03/17 By ユウキ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
シリーズ1冊目ということもあり、なかなか世界に入れなかったのですが、ページのそこここに入っている挿画が可愛かったのでなんとなく好印象。2巻目以降はもっと面白いと感じたので★3つです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/02 By santana01 (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,024)
ジャック・フロストの呪いによって色を失ってしまったフェアリーランド。色を取り戻すためには七人のレインボーフェアリーを助けださなければならない。たまたまその一人を助けた人間の女の子二人が残り六人の妖精を探しだすことになってしまった。
というお話なのだが、かわいい妖精と小さな女の子が主人公の物語を大の大人が楽しいかと問われると些か疑問で、続きを読むかどうかは思案中。
thanks機能は会員のみ
2013/11/20 By お豆さん。 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.6 / 語数:4,040)
夢があって可愛いと思った。妖精と出会い、空を飛び、色を失った妖精の世界に。
最初はテンポが一寸よくない感じもしたけれど、途中から夢中になれた。

ジャックフロストという妖精が悪役で出てくるんだけれども
自分の中のジャックフロストは、某ゲームの印象が強くてイメージがずれてしまった。
本作のジャックフロストさんは、また違う感じだった…。

でも、面白かった。
whimsyより thanks機能は会員のみ
2013/08/17 By みきと (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
とっても読みやすかった。内容も夢あふれるかわいらしさ。小学校のころに読んでたら夢中になってただろうな。ただこれ7冊前提のお話なのねー。ちょっと続きは機会があれば、かな。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/08/14 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
100冊以上も出ているRainbow Magicシリーズの1巻。
挿絵の雰囲気や話の内容も小学生低学年の女の子が好きそうな感じです。
ストーリーは妖精が登場するファンタジーの王道です。語句は非常に易しく、30分程度で読み切れる長さなので気に入れば短時間にたくさん読めて、多読に適しています。
今回は物語の序章的内容なので★3つにしました。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/06/22 By Florina (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.0 / 語数:4,082)
アメリカの小学生の女の子が読むとはまりそうな作品です。
話はちょっと単調です。でももっと読んでみようと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/05/26 By 美月 (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,082)
Magic Tree Houseファンのあたしとしては
かなり物足りませんが、
7冊で1シリーズになっているようなので、
とりあえずは残り6冊読んでみたいと思いました。
ほかの方も書かれていますが、
中学生の単語レベルで十分読めるようなので
語数をどんどん増やしたい方はすごくいいと思います。
(ただし、男性の方は・・・つらいかも。)

確かに、ranさんのレビューが・・・・無い!!
whimsyより thanks機能は会員のみ
2013/05/05 By ikuyam (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.4 / 語数:4,040)
百冊以上発行されている長編シリーズの1冊目です。話は単調で、ちょっと飽きそうですが小学生の頃であればもう少し夢中になれたかもしれませんね。でも、読みやすいので多読向きの本だと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/02/24 By はなみ (評価:2点 / ジャンル:FA / YL:2.0 / 語数:4,000)
小学生女子が好きそうだなぁ〜というお話。
リゾート地で出会った新しい友達と、妖精の世界を救わなくっちゃ!

この本は冒険が始まるところで終わってます。
1巻1匹ずつ妖精が出てくるのかな?
一応冒険もののていなんだろうけど、ハラハラ感全くないです^_^;


thanks機能は会員のみ
2013/02/10 By しろきいろ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.5 / 語数:4,082)
Kindle版を購入しましたが、すごく可愛い装丁なので紙の本も欲しくなりました。
キラキラ好き、魔法好きの女の子にはたまらない感じだと思います。
(追記)7冊合本になったTreasuryをみつけたので以後そちらで読んで行きます。
thanks機能は会員のみ
2013/01/26 By Angele Flame (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.4 / 語数:4,041)
初読 5歳8ヵ月
thanks機能は会員のみ
2013/01/19 By himawari (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.8 / 語数:4,024)
一回目はあまり面白さを感じませんでいたが、再読でかわいらしさとおもしろさにファンになりました。続きが楽しみ!
thanks機能は会員のみ
2012/11/05 By まめぞう (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.2 / 語数:4,082)
シリーズ1冊目。
今magic tree houseを中心に読んでいるので、軽く読めましたが、知らない単語がいくつかありました。
小さい頃からファンタジー小説が好きなので、ワクワクしました。
妖精の国の王様から、何かアイテムを渡されるのですが、それがスーパーの袋のようなものに入っていて、ちょっと面白かったです。
現在100冊以上の本が出版されているようです。どれも表紙の色やレイアウトがかわいくて、集めたくなってしまいます。とりあえず、最初の7冊を読んでから、次を買うか考えようと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/09/23 By roco (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,082)
何十冊と出ているRAINBOW magic シリーズの、
最初のシリーズ "The Rainbow Faries" の一冊目。
7冊でシリーズ完結です。
SCHOLASTIC社のデータで4082語でした。

3年前に最初の2冊だけ購入していましたが、Kindle Daily Dealsで1冊$1.99で出たので
続きを購入すべきかどうか読んでみました。
(結局kindle版は日本からは購入できませんでしたが…)

表紙もキラキラかわいくて、女子向け(^^)。
妖精と女の子のほのぼのとしたstoryで、小学校低学年の子供にも
安心して読ませられます。

疲れていて、それでも何か英語で読みたいな、という時にも読める平易さで、
毎ページにイラストが入っていて、どんどん進むので気持ち良く読み切れました。

thanks機能は会員のみ
2012/05/08 By yurafun (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.5 / 語数:4,024)
とてもかわいらしいお話で、女の子にオススメです。
「赤」を様々な言葉で表していたのが印象的でした。
kindle Editionで読んでいたので、わからない単語もすぐに検索できましたが、
どうしても気になるものだけ調べ、さらっと読みました。
続きも読んでみようと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/04/28 By ermymf (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.8 / 語数:4,000)
図書館には邦訳もたくさんあります。世界中で人気のかわいらしいお話。
さらっとした文章ですが、島の風景描写がなんだかきらきらしています。
妖精国の王様と女王様が真夏の夜の夢でクスリ、
魔法使いが怒るくだりは眠り姫でクスリとしました。
thanks機能は会員のみ
2012/02/23 By 白昼夢 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,024)
お友達に借りた本、少し読んで放置してて再度読みやっと読み終わりました。
読んでみるとかわいらしいお話です。自分が妖精になって空飛ぶってどんなかんじだろう…と想像したらちょっとワクワク。
女の子向けのかわいいお話しです。
続きものだったんですね~続きも読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2012/01/14 By マリン (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,024)
私は他のRAINBOW MAGICシリーズから読んでしまったので、はじめの どういった経緯でお友達と出会い、そして妖精に出会って、この冒険がはじまったか。がわかりました。読みやすいので、多読に向いていると紹介で読んでのチャレンジです。こちらのレベルで 後ほど気になっている 知らない単語をピックアップして覚えようかなぁと。
yurafunより thanks機能は会員のみ
2011/11/30 By かのん (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,043)
女の子なら、誰でも一度はあこがれたことあるんじゃないかな~、という感じのお話しですね(笑)
いくつか、わからない単語がありましたが、意味はわかるので問題ないです。
さらーっと読めます。

ただ、それだけかなあ…(笑)
続きは、まあ、読んでみてもいいかな、という感じ。
thanks機能は会員のみ
2011/11/15 By (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,024)
偶然出会った2人の少女がFairyを助けるお話。
本も挿絵もお話も可愛らしいですね。
小学校の女の子がワクワクしながら読んでるのが想像出来ます。
7巻で1シリーズとのことで、1巻目は導入部でした。

とりあえず、7巻BOXセットで購入したのでレビュー続けて行きます♪
thanks機能は会員のみ
2011/11/07 By daikon000 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.0 / 語数:4,082)
表紙がファンシーすぎて敬遠していましたが
読んでみたら、ぐいぐい話に引き込まれて
一気に読んでしまいました。

続きが気になります
yurafunより thanks機能は会員のみ
2011/11/06 By sacco (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.3 / 語数:4,024)
世界中の女の子に大人気とのことです。なんとなくわかる気がしました。

人間の女の子2人が妖精を助けるお話ですが、自分が少女の頃だったら「私も妖精の国に行ってみたい!」と言うだろうなぁ、と読んでいて思わせる内容でした。

続きが楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2011/07/21 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:4,024)
絵もかわいくて、女の子向けのお話で面白かった。
thanks機能は会員のみ
2010/12/24 By mickey (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.3 / 語数:4,000)
とても読みやすいです 普通の本だと導入部分だけ一冊になったような感じ。。。低学年でも読みやすいように構成されているのかな。。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ