多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Captain Underpants and the Perilous Plot of Professor Poopypants
著者: Pilkey, Dav(著)
販売元: Scholastic Paperbacks
発売日: 2000年02月01日
種別: ペーパーバック
価格: ¥875
在庫: 通常6~10日以内に発送します。
ページ数: 151ページ
Action & Adventure: 602位
Humor: 645位
シリーズ:Captain Underpants(vol.4)

多読国民のレビュー

全件18 人読んだ18 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/05/21 By hedgehog (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.7 / 語数:5,260)
このシリーズは口コミを見てこれが一番おもしろいという事で読んでみました。基本的に感動系の話を好んで読んできたのでそこまで面白さは伝わってこなかったですが、とっても読みやすかったです。
thanks機能は会員のみ
2017/03/31 By おっさん (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:4.5 / 語数:5,225)
今回も最高に面白かった。
お笑い芸人で面白い芸名の人が居ますが、それ以上ですな・・・。
既存の登場人物の名前が変わる辺りからアホ過ぎで、最高です。
英語の文章でこれだけ笑わせてもらえるのは、そうそう無いでしょう。

今回、少し分からない単語が多かった気がしますので、文章自体はちょっと難しめに感じました。
ただ、愉快な挿絵と、まあ細部にこだわらなくても全く楽しめるストーリーで、苦痛はゼロです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/23 By お豆さん。 (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:3.7 / 語数:5,225)
今回は登場人物の名前がひどくて、吹き出してしまった。
確かに…子供なら大笑いが止まらない名前だと思う。

話が進んでいくにつれて、改名表が出てくるんだけれど
ミドルネームがない自分も遊んでしまった(´-`).。oO

幸運なことに可愛い名前になった…。でも、恥ずかしいのはなぜだろう。

ミクロキッズを思い出したのは自分だけではないと思う。

単語は、ところどころ分からないものもでてくるけれど
絵にだいぶ助けられた。
面白かった!!
thanks機能は会員のみ
2012/01/04 By goldfinch (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:2.8 / 語数:5,225)
最初タイトルを見て、大変驚きました。・・・いやあ、英語でよかった。

誰でも言葉のパズルや連想でクスッとすることはあります。また外国語の音が自国語で思いもよらない意味を表すこともあります。
その「クスっ」を表に出さないのが大人で、出すのが子どもだと思います。そんな子どもの無邪気な残酷さに深く傷つく人もいるわけで・・・
この巻には先に述べたような大人はいません。
割り切って読むのがおすすめです。

チャプター25に救いがあったのは予想外でした。

1巻から4巻までのうち、この4巻が私にはベストです。
いちばんわかりやすかったからだと思います。
thanks機能は会員のみ
2009/02/12 By ran (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:4.5 / 語数:5,225)
Captain Underpantsシリーズ第4弾!
今回はButtercup Chikenfannyが大活躍!
って、それ誰だ・・・?

相変わらずのドタバタコメディのCaptain Underpants。
今回は、みんなの名前があるきっかけで変な名前に変わることに…

小さい頃って、変な名前を笑ったりしましたね。
「伊達公子」が伊藤さんと結婚すると、「伊藤ハム子」になるとか…
「まり」さんが小田さんと・・・

アメリカでも小さい頃は、どうしてもこういうネタで笑いものにしたりします。
いじめにも繋がりよくないこととは思いますが今回はこの話です。

いろいろと面白い名前を考え出しては、笑いものにしていますが
作者も考えていて、最後にいつもとは違った発言をしています!

4作中、一番面白かったかもしれません。
作者も読者もこの形式に慣れてきて、物語が凝ったものになってきていると思います。

一気に4冊読んでしまいましたね。
このシリーズは、他の長編多読の間に読むのにホントにぴったりです。
ノリで読める気持ちよさ、是非多読に疲れてきたら読んでみてください。
シャールより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ