多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Summer of the Sea Serpent (Magic Tree House (R) Merlin Mission)
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2011-03-22
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 732円 [定価:¥ 734]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 144ページ
売り上げランキング: 45171位
シリーズ:Magic Tree House(vol.31)

多読国民のレビュー

全件92 人読んだ88 人読書中3 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/08/27 By (評価:-- / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:11,122)
ページ数の多さが活かしきれていない感あり。
ファンタジーよりも史実に基づいた題材の方が良いのかな。
thanks機能は会員のみ
2017/06/15 By LISALISA (評価:2点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:11,122)
あざらしはかわいかったけれど、今回の冒険は話があんまりおもしろくなかった。
thanks機能は会員のみ
2017/05/26 By ケンジー (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:11,122)
CDと一緒に聞き読みしました。これは、あまりだったので、数回しか読んでいないです。
thanks機能は会員のみ
2016/06/03 By chizuru (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:10,810)
Merlin Missionシリーズ3冊目。正直にいって少し退屈だった気がする。Spider QueenとかSea Serpentが登場してダイナミックな話の展開なのに、少し残念。おそらく、困難を乗り越える方法=貝殻に書かれた詩の言葉、というパターンが続いたせいで、スリリングさに欠けてしまったのではないでしょうか。次の巻を楽しみにしたいと思います。
thanks機能は会員のみ
2015/01/17 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:11,122)
私もアザラシになって泳ぎたい。
わからない単語がパラパラ出てきて焦りましたが、わかるところだけ読んでもなんとかなりました。
thanks機能は会員のみ
2014/11/06 By 一方通行の母 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:11,122)
途中、ちょっとだれて、読むのを忘れていました^^;
やっと読み終わりました。
舞台がスコットランドで、スコットランドの妖精シルキーが出てきたあたりから、私のテンションが上がってきました。
キャスリンのスコットランドなまり「aye」に思わずほくそ笑んでしまったり。

内容はアーサー王の伝説を知らないとわからない部分があるかも。
thanks機能は会員のみ
2014/06/02 By Nonsan (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:11,122)
アーサー王物語が読みたくなります!
thanks機能は会員のみ
2014/04/30 By rachel (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.2 / 語数:11,122)
Merlinのシリーズに入ってから、正直単語、特に動詞に苦労しています。
たぶんこんな意味かしらと推測しながらなんとか読んでいる状態です。
アーサー王関連のお話が続いているのですが、知識がないのでアーサー王と円卓の騎士の本(もちろん日本語のもの)を読んだ方がより楽しく読めるのではと思ったりもしています。
驚くべき生き物が沢山出てくるので、ジャックとアニーは大忙しですね!
thanks機能は会員のみ
2014/01/18 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:11,122)
今回もMerlinからのミッション、3つのCoveを巡る冒険です。
そして、Teddyに加えて新しい仲間が増えます。
thanks機能は会員のみ
2013/10/27 By まるみ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:10,810)
Annieにも苦手なものがあるのね・・・と思った回でした。
thanks機能は会員のみ
2013/08/29 By たびねこ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:10,810)
今回はメッセージ色が強くて面白かったです。
私もSealになって泳いでみたいな~。
thanks機能は会員のみ
2013/08/02 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:10,810)
相手が恐竜だろうと幽霊だろうと、見れば 何を考えているかがわかる Annieなのに

苦手な蜘蛛相手では、読み取るどころではなく、Jackの方が“Spider Queenは助けてくれようとしてるんだ

よ”とAnnieに伝えているのが、おもしろかった。
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By Peggyりりー (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:11,122)
敵だと思っていたのが二人のピンチを救ってくれるキャラクターだったりして、おもしろかったです。
thanks機能は会員のみ
2013/01/31 By ran (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:11,122)
久しぶりにMagic Tree Houseに戻って来ました。
久しぶりに読むと、ちょっとなんで冒険しているのか忘れますね。続けて読んだほうがいいかも。

ハラハラ・ドキドキの展開になるのですが、たしかにちょっと冒険になるまでの伏線が少なかったかも?
最後のほうで、色々と謎が溶けていくのと、もともとの伝説的なものから
物語を作っていて、インスピレーションを得ている元ネタを知れるのが楽しいです。

案外知らない単語も出てくるかと思いますが、何回も出てくるので辞書など引かなくても
読めてしまうところがやはりこのシリーズ含め、子供向け物語のいいところですね!
thanks機能は会員のみ
2013/01/31 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:11,122)
今回の冒険、JackとAnnieのそれぞれの嫌いなものが出てきます。
そして、Teddyともうひとりの新しい友人も
thanks機能は会員のみ
2012/03/01 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:11,122)
毎回ハラハラ・ドキドキの展開ですが、今回も楽しかったです。
いろんな生き物がたくさんでてきて、またそれぞれがユニーク。
Spider Queenも気に入りましたが、
やっぱ今回のメインキャラでもある「selkies」というseal people.
ケルト族の民話に出てくるselkiesによって
JackとAnnieはsealに変身!!
海の中を泳いで最後の戦いへ。

相変わらず、筆者のメッセージが子ども目線であちこちに
散りばめられていて とてもジーンと来る1冊でした。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/09/28 By j138 (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:10,810)
今回のシリーズの3作目です。
今回は、うみでの冒険です
前作同様、今回も何かに化けます。
話としては、最後にいっきに種明かしとなっているので中盤がけっこう退屈なかんじがしました。冒険のモチベーションがいまいちわからなかったので。。。このシリーズ前2作と比べると少しもの足らない印象です。
ranより chizuruより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ