多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Because of Mr. Terupt
著者: Rob Buyea
販売元: Yearling
発売日: 2011-10-11
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,187円 [定価:¥ 936]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
ページ数: 304ページ
売り上げランキング: 68424位

多読国民のレビュー

全件9 人読んだ4 人読書中0 人興味5 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/05/26 By chizuru (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.5 / 語数:37,164)
1人の先生によって変わっていく子どもたちを描いた物語。途中、先生に起きたある事件によって、生徒たちが先生への愛を再確認するという展開は、感動的ではあるけれども少し安易な気がしないでもないが…。それでも、爽やかな印象を残す作品ではあった。むしろ、この先が読みたいと思わせてくれる作品かな。続きのシリーズもあるようなので、ぜひ読んでみたい。
thanks機能は会員のみ
2017/10/24 By ハリセンボン (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:4.5 / 語数:37,164)
1クラス内で担任を通しての出来事が、7人の生徒の語りで進んでいきます。
それぞれに微妙な変化を起こしているところで「アクシデント」が起きて・・・。
それでも尚、変化を続けていく生徒たち。
いつまでも心に残る作品です。
thanks機能は会員のみ
2017/05/07 By roco (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:4.5 / 語数:37,164)
9月。Snow Hill Schoolの五年生クラスの一年の始まり。
クラスメート7人が、それぞれに日々を語ります。
担任は新しくやってきた Mr.Terupt。
7人の語りから、彼が一人一人をとてもよく見ていることがわかります。
純粋な気持ちを持つ子供たちにとって、学校の担任の先生が色んな角度から影響を与える大切な存在であるのが心に響いてきます。
支援学級の生徒たちとの絡みも素晴らしい。

英語は読みやすいのですが、頭のいいLukeという少年はやたらとbig wordsを使って話すので、少し厄介。
discombobutated, eavesdropping, shenaniganなど、見たこともないような単語を使ってきます!

裏表紙の本の紹介が全てを語ってくれているかも
”Seven kids. One Class. One Amazing Teacher.
And the School Year that Changes Their Lives."
Gray Catより chizuruより thanks機能は会員のみ
2014/09/02 By Ysprout (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.5 / 語数:37,164)
7人の子供、それぞれのモノローグで話が進行します。 先生だけを中心にした話ではありません。 心の交流、関わりかたを通して先生の姿が見えます。 心温まる話でした。  too good to be trueな印象は否めませんが、 児童書の良さはここにあるのかもしれません。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ