多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

When You Reach Me (Yearling Newbery)
販売元: Yearling
発売日: 2010-12-28
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 912円 [定価:¥ 959]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 224ページ
売り上げランキング: 2902位
シリーズ:Newbery Medal 2010(vol.2010W)

多読国民のレビュー

全件89 人読んだ45 人読書中1 人興味34 人積読9 人
コメントなしも表示する
2017/07/09 By yu-pon (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:39,199)
2年生の2016年の進研模試に小説の問題として出題されていたので、もう一回読み直してみた。3年前に読んでるはずなのに、最後まで真相を思い出さなかった。記憶力の衰退お憂えずに2度楽しめたことを喜ぼう。
thanks機能は会員のみ
2017/04/01 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
ずっと読もうと思っていたものの、長年積読になっていたけどやっと読めました。
皆さんのレビューの通り、物語の前半部分は随所に謎が散りばめられていますが、そのほとんどが少女の日常生活が淡々と描かれているので、ちょっと退屈に感じました。しかし後半にかけてちょっとずつその謎の答えがなんとなく推測できるようになってから先が気になって一気読みでした。
登場人物はたくさんいますが、ミランダがしきりに語りかけている"You"はいったい誰のことを指しているか、推測しながら読んでいくのも面白かったです。
話がちょっと複雑で完全に理解しきれていない部分もあるので、是非再読してみたいです。
thanks機能は会員のみ
2016/10/08 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
ずっと読みたかった本。
後半すごくよかった。
thanks機能は会員のみ
2016/10/08 By 905 (評価:-- / ジャンル:SF / YL:0.0 / 語数:39,243)
タイムパラドックスもの。…と気づくまでかなりかかった。
前半はなんでもないような12歳の女の子の日常で、いろんな人物が出てきて取り止めのないことが起こるばかりで、勘所がわからなかった(眠い時に読み始めたからというのも多分にある)。でも、これはSFなんだと気づいてからはぐっと惹きつけられた。でも、十分に納得できる終わり方ではない。2度、3度と読んだ方がいいかも。
thanks機能は会員のみ
2016/09/26 By Ysprout (評価:3点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
約3ヶ月の間に再読と再再読しました。アマゾンでの評価は高いのですが、時間のパラドックスを面白く読めたというものの、5星の話ではありませんでした。登場人物の心情描写、いろんなところに散りばめられたクルー
面白かったので、単に私的話では無かったという感想です。
thanks機能は会員のみ
2016/08/31 By ヒロト (評価:2点 / ジャンル:FA / YL:8.0 / 語数:39,243)
よくわかりませんでした。
thanks機能は会員のみ
2016/06/30 By Ysprout (評価:3点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
再読です。Amazon.comでのリビューが多く評価も高い事とレッスンで扱うことになったので再読しました。やはり最後の最後まで読まないと謎解き出来ません。そこまで何だか横道にそらされながら読む感じです。comでの評価ほどの感想は今回も持てませんでした。期待を低くしてオチにつながるまでをうらうらと読めれば最後はストンと納得できるかもしれません。
thanks機能は会員のみ
2015/08/12 By Alyce bee (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:4.5 / 語数:39,253)
皆さんがコメントしているとおり前半は少し退屈かも。文体や主人公の日常と馬があったので読み進めることができましたが、途中眠くなったりしました。
ですが、この本は最後の一行まで読まないと評価できません。最近児童書を読むようになったのですが、この本のクレバーな展開と、物悲しさを残したハッピーエンドに、子供向けの本でも決して侮れないのだなあと感じました。
thanks機能は会員のみ
2015/04/20 By 雪うさぎ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.5 / 語数:39,253)
12歳のミランダ。友人のサルがいきなり殴られてから彼はミランダを締め出してしまう。その後,家の置き鍵が消えていたり、奇妙なメッセージが届き始める。「私は君の友人と自分の命を救うために来た」「2つお願いがある、ひとつは私あてに手紙を書いて欲しい」更にミランダは徐々にその内容が自分以外の誰も知らないような事であることに気づく。笑う変人男、サルを殴ったけれど不良には思えない男の子との再会、そして友人たちの関係。
不思議な現象とそれらの行動が絡まりあった解答がパズルのピースがはまったように浮かび上がる物語。

要約からハラハラドキドキ系又は追い詰められる恐怖系サスペンス・ミステリーを期待して読むぞ。という方には、お勧めできません。魔法系バリバリのファンタジーにも不向きです。
前半★+後半★★★で計★×4評価です。
前半★は退屈で苦痛です。個人的な苦痛の原因を探ってみましょう。
1.妙な事があったから、探偵の様に何かを探るといったエピソードも出てこないので、ひたすら12歳の主人公の生活を追って話が進んでいく感覚が薄いです。
2.脇役がゾロゾロ出てくる、そして重要人物が絞り難い。
3.謎はあるのに1.2の状態なので、伏線を疑って気を抜けない。
4.×1の主人公母が恋人を「Mr perfect」と呼ぶエピソードで、個人的に痛すぎて引いてしまった。
5.物語の雰囲気に馴染む前に、登場人物が増えていく。文章的に”合わない”のか判断しづらかった。
6.場面転換が唐突。流れがつかみにくい

後半★★★・・・クソミソに思っていたのに結局、良い評価に傾いた後半の巻き返し要因です。
1.文章に慣れたところで小出しに展開が面白くなってくる。
2.きっちり読むのをある程度投げてはいたけれど、付いて行ける程度の謎解きの仕方をしてくれる。
3.これとあれがくっ付いて、あのエピソードが必要になるんだな、といった爽快感
4.全方位ハッピーエンドと言っていいのか分からない曖昧さを含めた終わり方が好み
5.結末が分かってから二度読みしたくなる話。
6.タイトルが秀逸であることに気付く
7.感想が長くなる程度に語りたくなる本
905より thanks機能は会員のみ
2014/08/22 By Sommernachtstraum (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:0.0 / 語数:39,243)
思わず2回読んでしまった。むしろ2回目が面白い。 迷子になったような、なってないような...(良い意味で)もうなんとかして!という感じで一気に読了。
thanks機能は会員のみ
2014/03/19 By yoshiashi (評価:3点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
前半は退屈で、読むのがしんどかった。終わりは好き。

難易度は、結構難しく感じた。きちんと読めれば、もっと楽しめると思う。
thanks機能は会員のみ
2013/07/09 By sweetsr4ever (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:0)
レビュー対象商品:When You Reach Me(CD版)
ミランダはニューヨークに住む6年生の女の子。アパートの下に階に住む同級生の男の子サルとずっと仲良しだったのに、サルが通学路で理由もなく殴られた事件の前後から、状況は少しずつ変わってきて。不思議なメモ、盗まれた鍵と靴に貯金箱、奇行を繰り返すホームレスの老人…一見なんのつながりも見えないそれらが、大切な友だちの命を救う?!というお話。

友だち関係や、学校、家庭、好きな本のことなど、すごく普通の小学生の生活が淡々と描かれていく中で、ちらほら見え隠れする謎。最後に一気に解けるのが、とても気持ちいいです。
オーディオの長さは、4時間19分でした。
thanks機能は会員のみ
2012/07/01 By Jin (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:4.0 / 語数:39,243)
多読19冊目

<内容>
前半部分はかなり退屈。ひたすら少女の日常が淡々とつづられている。端々に多少奇妙な点はあるものの。
面白くなるのは後半。信号待ちでのタイムパラドックスの話が始まったあたりから。特に最後の30ページぐらいは一気に読める。
確かに、タイムトリップの話なのだが、あくまでもそれは装飾の一部にすぎず、メインは、思春期の少年少女の青春群像と言った感じ。本格的なSFを期待すると、がっかりするかもしれない。

再度読み直したら、別の視点から読めそうなので、是非再読したい。

<英語難易度>
かなり簡単。しかも、各章が長くても5ページ程度なので読み易い。
Kenblishより thanks機能は会員のみ
2012/04/16 By Kenblish (評価:5点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
ものすごく緻密に伏線が張り巡らされていますが、最初に読んだ段階では分かりませんでした。

一度読み終わった段階では、話の細かいところが掴めず引き込まれる感じがしませんでした。そこでもう一度読み通したところ、本当に細かなところまで気を配って書かれていることに驚きました。

子どもの目線も、とてもよく描き出されていると思います。例えば、バスの手すりの友達がつかまっているところのすぐ上に自分の手を置いて、それを繰り返すうちに2人ともつま先立ちになって、周りの大人からたしなめられる・・・というような、そういう小学生っぽい仕草って、大人になると忘れていってしまうと思うんですよね。
lzynitedrerより めねたおたべより thanks機能は会員のみ
2012/01/29 By Sammie (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.1 / 語数:39,243)
読みやすいです。現在マンハッタンの近くに住んでいるので、情景を想像しながら読みました。主人公の12歳の女の子ミランダの友達とママにまつわる複数のエピソードで構成されていて、読んでいて先が気になります。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/03/21 By sugarbine (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.1 / 語数:39,243)
タイムトリップのお話ですが、
基本は一人の少女と周りの友達、大人とのやり取りです。
人間ドラマに近いです。

感動してしまった。
途中の伏線で「あれっ」と思ったのは、
やっぱりそうだったのね~という感じ。

途中からスピードアップして、
一気に読み進めました。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/03/16 By Ysprout (評価:4点 / ジャンル:SF / YL:5.0 / 語数:39,243)
一番最後で、話が集約してくるので、そこまで?で読んだ感じです
ヒロトより thanks機能は会員のみ
2011/01/25 By ran (評価:3点 / ジャンル:SF / YL:4.1 / 語数:39,247)
学校生活をテーマにしているが、タイムトラベルといったSFな部分もある作品。

作者の書き方は、毎章おきにオチを作っていたりと面白く進む。
しかしながらSFも含まれているのでおかしな展開もあったりすこしややこしいです。

個人的には面白かったけど、話がややこしい分引き込まれる感じや
仰天の結果とは行かなかったので評価的に下げました。

多読初心者には、ちょっと微妙かもしれません。
他のニューベリー賞をすでに読んでいて楽しく感じているなら是非読んで欲しいです。

2010年、ニューベリー賞受賞作品。
ranより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ