多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian
販売元: Little, Brown Books for Young Readers
発売日: 2009-04-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,501円 [定価:¥ 1,591]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 288ページ
売り上げランキング: 42711位

多読国民のレビュー

全件21 人読んだ10 人読書中0 人興味10 人積読1 人
コメントなしも表示する
2020/01/17 By シュバババン (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:6.0 / 語数:46,235)
大好きな本。semiautobiographyとのこと。「笑えて」「泣けて」インディアン社会のことが「知れる」1冊。エンタメ性とメッセージ性がどちらもめちゃくちゃ高いという奇跡の本。10ページに1回ぐらい声出して笑ってしまう。アメリカ社会で黒人が成功するには白人の2倍の成果が必要という話を聞いたことがあるが、ネイティブアメリカンも然り。ネイティブアメリカンの小説家という肩書き自体が傑出した才能を保証している。バスケット前のインタビューの際weirdコメントを繰り返すところとか、ダウンタウンや稲中で育った世代としてはたまらない。
thanks機能は会員のみ
2016/03/21 By 905 (評価:-- / ジャンル:SI / YL:0.0 / 語数:46,235)
主人公の趣味がマンガを描くことということで、ふんだんにコミカルなイラストが入っていて、一見楽しそうな雰囲気だけど、内容はけっこう重い出来事が目白押し。
同年代の白人の少年とは比べものにならないほど、死、差別、貧困、暴力、アルコール依存などさまざまな問題が居留地のインディアンとして生きる少年には切実なんだ。
ただ、retardと言われいじめられていたわりに、いつのまにかバスケでスター級の活躍をしているのはできすぎな気がする。

ちなみに完全なフィクションだし、挿絵を描いてるのは専任のイラストレーター。
thanks機能は会員のみ
2015/05/21 By ムコ (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.0 / 語数:46,235)
著者の自伝。
アメリカで原住民インディアンの血を引く者がどんな生活をしているかという話。
白人でもなく、黒人でもなく、、、挿絵も著者自身が書いたもので、笑いあり、涙ありの、とっても面白い本です。
ユウキより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ