多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Mysterious Benedict Society
販売元: Little, Brown Books for Young Readers
発売日: 2008-04-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 512ページ
売り上げランキング: 21352位

多読国民のレビュー

全件35 人読んだ11 人読書中3 人興味14 人積読8 人
コメントなしも表示する
2017/03/10 By 905 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:118,460)
滅多に新品の本を買わないから、たまに買うならたっぷり楽しめそうな分厚いのをと思って選んだが、こんなにおもしろいとは思わなかった。これまで存在すら知らなかったことが悔やまれるほど。でも、続編もあるというし、これから読める楽しみがあると思うと嬉しい限り。
rocoより thanks機能は会員のみ
2015/05/28 By たむ (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:8.5 / 語数:117,803)
聞き読み。読んでも読んでも終わらなくて、最後100ページは二倍速。だから理解はイマイチかも。
thanks機能は会員のみ
2014/04/23 By squid (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:8.3 / 語数:118,460)
面白かった!
最初のテストが終わったあたりでつまらなくなってしばらく放置していましたが、久しぶりに読み直してみたら最後まで楽しく読めました。たまに意味がつかめない表現がありましたが大筋には影響ナシ。最後私が知らなかった単語をKateも知らなくて、なんか嬉しかったです。
905より thanks機能は会員のみ
2013/09/29 By sweetsr4ever (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:8.0 / 語数:118,460)
「天才児求む」の新聞広告を見て、たくさんの子どもたちが不思議なテストを受けるために集まってきたものの、最後に残ったのはたったの4人。彼らに課せられたのは、最も知的で機転のきく子どもたちだけが完遂出来る秘密のミッションに出かけること。そのために、彼らは怪しい孤島の学校にスパイとして潜入することに…想像を遥かに超えた肉体的、精神的な試練の中で、お互いに助け合わなくてはならないけれど、出会ったばかりの4人は大事なテストに合格することはできるのか?!というお話。

長いので最初は読み切れるか不安で、1日40ページとか決めて読んでたんですが、だんだん面白くなって逆に止められなくなりました☆登場人物一人ひとりがすごい素敵で、そこここに出て来るパズルも面白くて、これはわたしが今年読んだ本の中でも上位に入るお気に入りかも!次作も楽しみです♪
nanakoより uribou-momより rocoより thanks機能は会員のみ
2013/09/21 By Kzy1458 (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:6.8 / 語数:117,803)
文章はそれ程難しくないが,馴染みのない単語が結構出てくる。
ストーリは良くも悪くも児童書という感じで,悪の組織とそれと戦う少年探偵団風のよくある話。
少年達のキャラがハッキリしているため読みやすい。また,パズル的な要素が含まれているため,そちらの面からも楽しむことができる。

長いけれど掴みはcatchyで,単語さえ攻略できれば読みやすく,多読向けとしては良い一冊。
続巻を想像させない終わり方だったが,2巻目も面白いらしい。楽しみなシリーズ。

SSS:
http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000016096
blogs
http://watanabeyukari.weblogs.jp/youshojr/2012/02/the-mysterious-benedict-society.html
http://blog.livedoor.jp/sophilphin-kaleidoscope/archives/8729825.html
http://www.pro.or.jp/~fuji/englishbooks/T.L.Stewart.html
http://sunsetadoku.blog17.fc2.com/blog-entry-806.html

scholastic.com
- Reading Level: 6.3
- Lexile Level: 840L
- Interest Level: 3-5
renlearn.com
- Book Level: 5.6
sweetsr4everより thanks機能は会員のみ
2011/05/07 By okuzaky (評価:3点 / ジャンル:AD / YL:7.2 / 語数:118,460)
児童書とはいえ、かなり分厚い本なので大変。 慣用句なども多く使われていたし。
最後のほうを流し読みしたので、いまいち理解度が?だけど。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ