多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

MacMillan Readers: Owl Hall
販売元: Macmillan _
発売日: 2012-01-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,850円 [定価:¥ 2,166]
在庫: 通常2~3営業日以内に発送
ページ数: 87ページ
売り上げランキング: 1229323位

多読国民のレビュー

全件15 人読んだ12 人読書中0 人興味3 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/05/26 By magicrose (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:16,256)
あまり期待せずに読んでみましたが、意外と面白かったです。ミステリアスな雰囲気で、いったいこの話はなんなんだろう…と思いながら読むうちに、だんだん引き込まれます。最後はちょっといまいちかな。
thanks機能は会員のみ
2015/02/07 By noriyorino (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:16,256)
奇妙な話!さすがに"incident"の事実にはたまげた。でもなんかすっきりしないな。
MACMILLANのサイトに実際のブログがあるそうだけど、それを読むほどは興味がないかな。。。
thanks機能は会員のみ
2015/01/01 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:16,256)
トリッキーな凝った構成の小説です。ホラー調の前半部分から後半では伏線が回収されて、意外な結末を迎えます。夜更かしして読み切りました。
thanks機能は会員のみ
2014/03/06 By ふにゃ (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:16,256)
母と二人の姉弟は3人で、Owl Hallで休暇をとるために出かけます。3人の関係はあまり良くありません。Karaは母が家族の中で起きたある「事件」を話し合うために、自分と弟Martinをここに連れてきたのだと思っています。Owl Hallは不気味な建物で、Karaは誰かが監視しているような雰囲気を感じます。Owl Hallとはいったい何なのか。また、家族3人が話し合わなくてはいけない「事件」とは?★ここまでの読んだ本の中で、一番良いです。後半になると急に話が動きだし、そこからのおもしろさが半端ない。読み終わってしまうのが残念だと思ったくらいです。また、Webと連携していており、文中にも出てくるKaraのブログや取ったビデオを見ることができます。Karahttp://owlhall.macmillanreaders.com/welcome/ 最高です。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ