多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Mark of Zorro
販売元: Macmillan Education
発売日: 2005-01-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,175円 [定価:¥ 766]
在庫: 通常1~2営業日以内に発送
売り上げランキング: 672036位
シリーズ:Macmillan Readers 3

多読国民のレビュー

全件35 人読んだ32 人読書中0 人興味3 人積読0 人
コメントなしも表示する
2018/10/03 By pomcat (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,114)
読みやすい。アラン・ドロン主演の映画を昔見たと思う。アメリカの話とは思わなかった。しかもスペインが統治していたとは。勉強になりました。
thanks機能は会員のみ
2018/07/12 By おおぐま (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:11,610)
読みやすい。このレベルが今のところ快適かな。

性格がコロコロ変わるという病気、と見ればこの解決ゾロの話は怖いな。
thanks機能は会員のみ
2018/03/24 By ぽっぴん (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
話に驚きはありませんでしたが、展開も早く結末のシーンも良かったです。楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/13 By timitti (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
有名なゾロ。分かりやすいです。誰がゾロかはだいたい予想がつくけど、話の流れ、展開どれもテンポよくて楽しめます。
thanks機能は会員のみ
2016/10/18 By 多読うさぎ (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.8 / 語数:12,144)
ゾロの正体はすぐにわかるのですが、ハラハラする展開にぐいぐい引き込まれます。

爽快な気分で読み終えました。
thanks機能は会員のみ
2016/08/13 By Ayangel (評価:2点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
怪傑ゾロです。

謎の仮面男が悪党をやっつけて美女と恋をする
ベタベタなお話ですが、わかりやすくていいん
ではないでしょうか。
thanks機能は会員のみ
2015/09/29 By ぞう (評価:4点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
素敵なお話
thanks機能は会員のみ
2015/09/19 By Miki (評価:3点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
もうほとんど最初からゾロが誰だか確定的に推測がついてるんだけど、そんで最後はどうなるかだいたい予測もつくんだけど、でもその通りになることを期待して読み進めちゃえるような勢いのよさがあり、これはこれで面白くて◎。
thanks機能は会員のみ
2015/06/06 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:12,144)
「怪傑ゾロ」という名前とイメージは何となく知っていましたが、こんなお話だと初めて知りました。テンポが良くて面白いです。
thanks機能は会員のみ
2015/02/18 By もかママ (評価:5点 / ジャンル:CL / YL:3.0 / 語数:12,144)
テンポが良くて、長いけど飽きずに読めました。
ラストの、ZorroとLolitaが追い詰められるシーンは
ハラハラして面白かったです!
thanks機能は会員のみ
2014/02/23 By ふにゃ (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:2.8 / 語数:12,144)
『怪傑ゾロ』。多読にはめずらしい(?)痛快な物語。悪いものを懲らしめ、弱いものを助ける泥棒ゾロ。最後もハッピーエンド!最高!
thanks機能は会員のみ
2013/05/29 By ながちゃん (評価:1点 / ジャンル:AD / YL:0.0 / 語数:11,000)
正義のヒーローゾロが、悪い人を懲らしめて退治する話。
thanks機能は会員のみ
2013/02/15 By ケンケン (評価:5点 / ジャンル:CL / YL:2.8 / 語数:12,144)
怪傑ゾロ。弱気を助けるゾロの正体は?
thanks機能は会員のみ
2011/12/30 By えばたろう (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.0 / 語数:12,144)
語数は、マクミランのHPで調べました。
thanks機能は会員のみ
2011/05/05 By Jack (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:11,000)
senor や senorita など、スペイン語の単語が多く見られ、いつもとちょっと違った雰囲気を楽しむことができた。
不正がはびこる世の中で、ヒーローとして Zorro が現れる。
ストーリーはよくある展開だが、読んでいて気持ちのよい一冊だ。
thanks機能は会員のみ
2010/11/12 By Ayumi N (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.8 / 語数:11,000)
テンポがよくさくさく読めました。
最後の最後でやっとゾロの正体がわかります。
原作を読んでみたくなりました。
Jackより thanks機能は会員のみ
2006/09/24 By magicrose (評価:2点 / ジャンル:CL / YL:3.0 / 語数:11,000)
我が家のこどもたちが大好きなTVアニメの「怪傑ゾロリ」はこれがもとだったのですね。
retoldしたAnne Collinsさんって、ノンフィクションは簡潔でわかりやすくて
いい文章を書く人でいいなあと思うけど、物語には向かないかも。
いまいちでした。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ