多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Oxford Reading Tree: Level 6: More Stories A: Christmas Adventure
販売元: Oxford University Press, USA
発売日: 2011-01-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 24ページ
売り上げランキング: 339572位

多読国民のレビュー

全件74 人読んだ74 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/08/29 By きぬぴ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.5 / 語数:466)
サンタさんへのお礼の話
thanks機能は会員のみ
2016/11/30 By Akky (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:466)
手伝うっきゃないでしょ!って感じに、子供たちが自発的にお手伝いするようになって、何よりのクリスマス!
イベントを盛り上げようと一生懸命になって、親が楽しむ余裕が無くなるよりは、のんびり過ごしたい気も。
思い出づくりとのバランスって、難しい。
thanks機能は会員のみ
2016/11/14 By 11428077nishijima aoi (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.5 / 語数:466)
サンタさんは一人で大変だよね…。


私の家はクリスマスの飾りつけを一切しないので親がやってくれるのは少し羨ましい・・・。
thanks機能は会員のみ
2016/05/09 By Princess (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.5 / 語数:466)
サンタもお疲れぎみ。
thanks機能は会員のみ
2016/05/06 By directeye (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.6 / 語数:465)
Oxford Owlで75冊目読了!

単語は平易で物語に集中できた!
thanks機能は会員のみ
2016/03/19 By timitti (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.6 / 語数:466)
自分ではクリスマスを楽しむ余裕のないサンタさんを見て、子供たちがお手伝いしてくれる、、とってもいいお話しでした。
thanks機能は会員のみ
2015/10/27 By Mash (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.6 / 語数:486)
ほっこりする話。
サンタさんにお返しする気持ち良かったです。
thanks機能は会員のみ
2015/08/14 By くまた (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.6 / 語数:466)
oxfordowl ebooks
thanks機能は会員のみ
2015/06/03 By リリアナ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.6 / 語数:466)
いいお話でした。サンタさんがとっても嬉しそうで・・・
子供っていいなぁと心底思った。
thanks機能は会員のみ
2014/11/26 By ヲチ (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:0.6 / 語数:466)
 クリスマスらしい表紙に惹かれて、初めてreading treeシリーズを読みました。簡単なわりによくできてる話だと思います。サンタさんがクリスマスを一番楽しめていなかったのは目からうろこ。


http://www.oxfordowl.co.uk/
会員登録すると無料で読める250冊のうちの一冊から。
読み上げ音声付き。
thanks機能は会員のみ
2014/03/07 By noripan105 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.7 / 語数:466)
親が一生懸命になって、子どもたちがなかなか手伝ってくれないというのは、イギリスでも一緒なんだなー。
thanks機能は会員のみ
2014/01/23 By ヨツキ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.6 / 語数:466)
子供たちは「あれが欲しい、これが欲しい!」ってお願いするけど、サンタさんの方は大変なんですね・・・。

どこか可哀想なサンタさんのために、子供たちがパーティーを準備してあげます。
最後にはMum とDad の手伝いもするようになって、キレイにまとまっている話だと思いました。
Keiko-nより thanks機能は会員のみ
2012/12/21 By マリン (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.6 / 語数:466)
クリスマス直前だったので、読みたくて。子供たちもコレを読んだらお手伝いしたくなるでしょう(笑)
thanks機能は会員のみ
2012/10/09 By はなみ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.6 / 語数:466)
忙しくて自分のクリスマスの用意ができないサンタさんに哀愁を感じた(笑)
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ