多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Ear-Rings from Frankfurt (Oxford Bookworms Stage 2)
著者: Reg Wright
販売元: Oxford Univ Pr
発売日: 2008-03-30
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,194円 [定価:¥ 1,194]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 56ページ
売り上げランキング: 115872位
シリーズ:Oxford Bookworms 2

多読国民のレビュー

全件85 人読んだ80 人読書中3 人興味2 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/08/11 By ktym (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.0 / 語数:6,422)
ほぼ辞書を引かずに読み終えたし、語順も分の区切りにも私には分かりやすかった。全体的に読みやすかった。物語の8分目くらいまでは『最後どうなるんだろう‥』とハラハラドキドキ‥とまではいかないが早く続きが知りたいと思いながら読めたのに、最後のオチがイマイチよく分からなかった。ドイツ警察とイギリス警察?の関係性とか‥え?それで終わり‥?みたいな。
thanks機能は会員のみ
2019/07/22 By ktym (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.0 / 語数:5,945)
物語の内容は想像していたものと少し違った。語彙は難しくなくほとんど辞書を引くことなく読めたが、(もちろん正しい文法で書かれているのだとは思うが)文章で使われている語順が独特に感じたというか、何だか読みにくく感じた。
thanks機能は会員のみ
2018/07/23 By kinako (評価:2点 / ジャンル:NO / YL:2.8 / 語数:6,683)
単語は簡単なのですが、なぜか分かりにくい。
言葉はレベル2でも文章はレベル5と書かれたものがありましたが、そんな印象。
thanks機能は会員のみ
2018/06/21 By kinako (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.6 / 語数:6,605)
王とクロムウェルが対立していた時代、王側のBeverley一家の子供たちは身分を隠して森で暮らす。そして時代の変化とともに…
ストーリーは面白く、英語も簡単です。
ただ、展開が早く、流れを追っているだけの文章になっています。
thanks機能は会員のみ
2018/05/27 By smiledad (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.6 / 語数:6,422)
宝石の密輸に巻き込まれる男女の物語。多読の一環なので、物足りないのはやむを得ない。
thanks機能は会員のみ
2018/04/27 By smiledad (評価:3点 / ジャンル:HI / YL:2.6 / 語数:6,600)
17世紀イングランド、革命・反革命の嵐の中を生き抜くきょうだいたちの物語。 潜伏する森の中での生活が生き生きとしていて好感。
thanks機能は会員のみ
2018/03/17 By Nonono (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.2 / 語数:6,586)
歴史物。
クロムウェルは清教徒革命において王らを駆逐したが
権力を持った後、反対派を矢鱈に処刑したイメージで
余り良い印象は無かった。
特に王政復古した後は、王を殺した極悪人と言われたようだ。
功罪共にあるという人だろう。
そんな時代に王党派の人達はさぞ苦労したでしょうね。
thanks機能は会員のみ
2018/02/16 By ぽっぴん (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.6 / 語数:6,605)
イギリスの国王が投獄された時代、国王側を支持するとある貴族一家(?)の4人の兄弟姉妹のお話でした。英文は読みやすいと感じましたが、当時の歴史的背景についてまったく知識がなかったためか、いまいち物語に入り込めませんでした。淡々と進み終盤はかなりの駆け足なのでハッピーエンドなのに満足感はあまりありませんでした。
thanks機能は会員のみ
2018/01/28 By Nonono (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:6,436)
読みやすいわりに犯罪に対する謎もあり
楽しく読めました。
やさしくしてある為に、最後まで
納得いかない感じはあります。
全てを説明してはもらってないので
しょうがないですが
thanks機能は会員のみ
2017/11/03 By ひぽ (評価:3点 / ジャンル:CL / YL:2.6 / 語数:6,605)
pabloが出てきた理由がよく分からず、なんとなくもやっとした読後感だった。
thanks機能は会員のみ
2017/10/20 By 三郎 (評価:3点 / ジャンル:SS / YL:1.8 / 語数:6,683)
魂の叫び、というタイトルを付けざるを得ない8編の物語。世界各地から集めたものだが、日本でもありそう。
thanks機能は会員のみ
2017/06/12 By 太陽 (評価:3点 / ジャンル:SS / YL:2.5 / 語数:6,683)
すごく短い、外国のお話が8話。
thanks機能は会員のみ
2017/01/03 By aco (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.3 / 語数:6,422)
最後までリチャードとウェンディが本当のこと言ってるのかドキドキしましたわ笑 ジェニファーが看護師設定なのがあまり効いてないのは残念でした。
thanks機能は会員のみ
2016/11/13 By timitti (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.8 / 語数:6,683)
世界各国の真実に基づく心からの叫び、現実に起きていることを8つの短編にしてまとめたものです。日本に生きていることがいかに幸せなことか考えさせられました。
thanks機能は会員のみ
2016/08/09 By グリン (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:6,422)
読みやすい内容でした。
thanks機能は会員のみ
2016/03/10 By ひらぞう (評価:2点 / ジャンル:SS / YL:2.8 / 語数:6,683)
短編集。
8つのお話。1つ1つはとても短く、あっという間に読めてしまいます。
外国のお話で、日本人の感覚からすると違和感があるものが多い気がしました。というか、ちょっと気分が落ち込むお話が多くて、読後感はあまり良くありませんでした。英語も、現地で使われている言葉が所々でてきて、分かり辛い印象でした。
thanks機能は会員のみ
2016/03/05 By 774 (評価:2点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:6,500)
全体的に読みにくく感じたけど、The House はまだましだった
thanks機能は会員のみ
2015/09/07 By Hide (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.4 / 語数:6,435)
あっという間に読了。
話にスピード感があるし、英語も簡易なので、多読でちょっとスランプを感じたときにお勧めかも。
thanks機能は会員のみ
2015/02/13 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:2.6 / 語数:6,605)
昔ながらの冒険物語、という印象を受けた。
クロムウェルと王政の闘争下で、王軍の将軍だった父の子供たち4人が
焼き討ちを逃れて、善良な森番の小屋で大きくなる。
長男は、クロムウェル軍への憎悪を隠して成長し、
やがて地主の秘書として働くようになる。
その地主には美しい娘がいて、長男は地主の家に火事があった晩、
大やけどを負いながら、娘を救出した。
やがて、王軍の反撃が始まり・・・。
全般に手軽に読めた。
thanks機能は会員のみ
2014/11/09 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:FU / YL:2.4 / 語数:6,433)
1時間ドラマを見ているようなお話で
読みやすかった。
thanks機能は会員のみ
2014/05/15 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:6,435)
結構面白かった。挿し絵もかっこよく、30分もののテレビドラマを見ているような気分に。
thanks機能は会員のみ
2014/05/14 By 空色 (評価:2点 / ジャンル:SS / YL:0.0 / 語数:6,683)
ひとつひとつの話が短過ぎる。また、レベルの割に読みづらい印象。
thanks機能は会員のみ
2014/01/30 By ふにゃ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.7 / 語数:6,683)
あんまりおもしろくない。短編過ぎてわけがわからないまま終わる印象。
thanks機能は会員のみ
2014/01/25 By ふにゃ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.3 / 語数:6,422)
いい話だなー
thanks機能は会員のみ
2013/10/29 By santana01 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:6,422)
出来の悪い弟を親代わりの独身の姉が心配するだけの物語。
姉が弟の無実を明らかにするために八面六臂の活躍するのかとおもいきや、ストーリーが姉の周りでどんどん進んで行き、関係者が全て彼女を訪れ事の顛末を語ってゆくという、何ともご都合主義的な展開でした。
思わせぶりな表紙がちょっと期待を抱かせすぎかも…。
thanks機能は会員のみ
2013/07/01 By こきま (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:6,500)
Ear-Rings From Frankfurt
なぜか別の本の感想が表示されるのですが。働き者の姉が、不出来な弟及び、弟の周囲の人間のトラブルに巻き込まれて・・・・という話です。最初はイマイチと思ったけど読み進むうちに面白くなり。最後はHappyEnd 
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/12/19 By わこ (評価:2点 / ジャンル:SS / YL:2.6 / 語数:6,683)
ナイジェリアやボツワナ、ジャマイカ、ウガンダなどの悲しい、非情な、また中には微笑ましくなるようなお話もありました。全部で8話でしたが、2つ、何度読んでも分からない話がありました。

でも、私はやはり短編集が苦手です。。読み終わった後に、頭をリセットするのが難しい。
thanks機能は会員のみ
2012/11/03 By まめぞう (評価:2点 / ジャンル:FI / YL:2.8 / 語数:6,683)
短編集です。それぞれテイストの違う短編で、ほっこりするものもあれば、なんだかよく分からないものもありました。このレベルにしてはちょっと難しめかなとも思いました。
thanks機能は会員のみ
2012/05/17 By goldfinch (評価:5点 / ジャンル:SS / YL:2.6 / 語数:6,683)
Stage 2, CEF level A2 or B1, 英検3級程度

2004年度コモンウェルス短編小説コンクール受賞作のうちの8編を簡約したものです。
ナイジェリア、ニュージーランド、ボツワナ、ジャマイカ、ウガンダ、マレーシア、インド、南アフリカの作家によるもので、それぞれの「心の叫び」があります。

その国に住んでいる人でないと書けない作品ばかりで、読んでいて考えさせられたり、泣きそうになったり、ほっとしたりしました。
隙間時間用に特になにも期待せず手に取ったのですが、なかなかよかったです。

短編のせいかもしれませんが、YL2.6の割には読みやすく、わかりやすかったです。
ときどき現地国語派生の英語が使われていますが、Glossaryで確認できましたので問題ないと思います。

発音に興味があるかたには、CDパックをおすすめします。
thanks機能は会員のみ
2011/12/11 By かのん (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:6,609)
イギリス市民革命の頃のお話。

といっても、政治のお話ではなくて、国王側の貴族の遺児である4人の兄弟姉妹が成長していくお話、というところでしょうか。
派手な展開はなく、淡々とお話が進んで行きますが、なかなかおもしろかったですね。
長男と次男がとてもしっかりしていて、妹二人をしっかり守っていくんですね。いい兄弟姉妹です。

イギリス市民革命は、クロムウェル独裁、ということくらいしか知らなかったので、おおまかな流れがわかっておもしろかったです。
さらっと読めます。
thanks機能は会員のみ
2011/10/11 By (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.0 / 語数:6,422)
ダメな弟を持つJeniffer。Jenifferが主人公なのかな…?と思ってしまうところもあるけど、内容としてはなかなか面白かった。
thanks機能は会員のみ
2011/10/07 By No91 (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.3 / 語数:6,605)
題からは想像がつきませんが、イギリスの市民革命の頃のお話です。
かつてはCromwellの軍隊に父を殺され、今度は王をかくまっているのではと
疑われて家を燃やされたBeverly一家の4人の子どもたちがCromwellを憎みながらも
成長していく過程を、戦士を目指す長男を中心に書いています。

裏表紙を見ると、Cromwellの軍隊が4人の子どもを探し回っているなか、子どもたちは
無事逃げ切れるのか?というような印象を受けますが、内容はそうではありません。
ハラハラドキドキというところは少ないです。
thanks機能は会員のみ
2011/09/27 By No91 (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:2.0 / 語数:6,422)
ジャンルがぴったりくるのがなかったので、とりあえず犯罪ものにしておきます。

いつも姉Jenifferのところに厄介ごとを持ち込む弟Richard。
お金を貸してくれと突然やってきた数日後、警察がRichardの居場所を尋ねにやってきます。
警察が言うには「弟は、犯罪の片棒を担いでいる」とのこと。

そんなある日、弟の知り合いという女性Wendyから電話が。Wendyは、Richardと一緒に
フランクフルトから、大きな金の耳飾りを持って帰ってきたというのですが・・・。

なかなか面白い一冊でした。
thanks機能は会員のみ
2011/06/10 By zoefan1 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.3 / 語数:6,428)
読みやすい英語で楽しく読めました。
thanks機能は会員のみ
2011/04/04 By zoefan1 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.6 / 語数:6,605)
舞台は1647年のイギリス。王政派とクロンウエル派との戦いで、両親や屋敷を失った4人の子供たち。彼らは協力して生きていく様子が描かれている。英国史が少しわかる。読みやすかった。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ