多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Dead Man's Island (Oxford Bookworms Series)
著者: John Escott
販売元: Oxford Univ Pr
発売日: 2008-01-31
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,046円 [定価:¥ 1,222]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 56ページ
売り上げランキング: 13496位
シリーズ:Oxford Bookworms 2

多読国民のレビュー

全件121 人読んだ113 人読書中0 人興味6 人積読2 人
コメントなしも表示する
2017/07/25 By timitti (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.7 / 語数:5,215)
人は誰でも何か秘密を抱えてるもの~というその秘密を明らかにしていきます。簡単だけど楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2017/06/29 By みんと (評価:-- / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:5,215)
読みやすいし、話に入りやすくてよかった
thanks機能は会員のみ
2017/04/30 By uribou-mom (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.7 / 語数:5,215)
母親が孤島に住むお金持ちのMr.Rossの秘書になったため、Carolと母親は島にやってきますが、島にはいろいろ秘密があるようです。好奇心旺盛なCarolはいろいろ調べ、誰も入ってはいけない部屋に最後到達しますが、そこで真実を知ります。

字数の少ない易しいものなので、あまり内容的に深いものは期待していませんでしたが、それでもなかなか楽しんで読めました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/10 By いっち (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:5,215)
最近は児童書ばかり読んでいたので、久しぶりのGRでした。さすがにGRは読みやすかったです。

内容的にもまあまあ面白いのでは?
「どうせいつものパターンで殺人事件的な何かでしょ?」と思って読んでいたのですが、意外な結末に。
まあ、殺人事件と言えば殺人事件ですけども。
それにしても、挿絵の主人公の女の子がかわいくない。。。
thanks機能は会員のみ
2016/10/13 By ぐー (評価:2点 / ジャンル:HU / YL:2.2 / 語数:5,215)
大変読みやすいがもう少し何か欲しい。
thanks機能は会員のみ
2016/09/06 By Ayangel (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,215)
人に言えない秘密は誰でも抱えているものだと
思うけれども…というお話です。

どんな秘密か、はここでは書きませんが時に
それらの共有は手放しに喜べるようなものでも
なかったりしますね。

ミステリーでありクライムサスペンスでありそして
人間ドラマだな、と、感じました。なかなかよかった
です。
thanks機能は会員のみ
2016/07/24 By グリン (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.7 / 語数:5,215)
最後が納得いかないなぁ。
thanks機能は会員のみ
2016/07/07 By aco (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.2 / 語数:5,215)
ミステリじゃなくてヒューマンドラマなのではと思いました。孤島に住む、秘密を抱えた人々のもとに主人公たちよそ者がやってくるが・・・、という感じで進みます。この語数で伏線から結末まできちんと構成されているのは良くできていると言えるのでは。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2016/03/07 By ひらぞう (評価:2点 / ジャンル:MY / YL:2.2 / 語数:5,215)
スリラーもの??
物語の序盤は結構サクサク進んで楽しいです。で、中盤、孤島が舞台ということで、ミステリ好きにはたまらない展開。なのですが。。。んー・・・終盤は残念でなりませんでした。
thanks機能は会員のみ
2016/03/07 By 麩 «» (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.3 / 語数:5,216)
非常に読みやすい。
thanks機能は会員のみ
2016/02/23 By としどう (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.2 / 語数:5,216)
ホラーを期待して読むと拍子抜けします。
スムーズには読めるしまずまず面白いです。
オチは他の人も書いてるが、イマイチです。
thanks機能は会員のみ
2016/02/22 By おっさん (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:5,215)
読みやすくてよかったです。
別に他の人が書いているようなオチへの不満は感じませんでしたが・・・
(GLってこんなもんじゃないかなーと)
nanakoより thanks機能は会員のみ
2016/02/12 By ツウ英語勉強法ブログ (評価:1点 / ジャンル:MY / YL:2.0 / 語数:5,215)
最後のオチがひどいです。語数を稼ぐためであったとしても、個人的にはオススメしません。
thanks機能は会員のみ
2015/12/14 By Miki_cchi (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.2 / 語数:5,216)
題名からホラー的なオチかと思ったら全然違った。
thanks機能は会員のみ
2015/10/16 By 空猫 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:5,222)
主人公の人生と「Dead Man」の人生を重ねあわせていくことで、当人たちにとっては重要であっても他人にしてみれば退屈な限りの2つの自分語りが、物語へと化合するストーリーテリングのお手本。秘密の部屋の謎についてはこれ以上引っ張っても間延びするだけだからこれでよいと思うが、Dead Man の罪は遁世によっても償われきれてないので、その点について更なる罰が描かれているとなお良かった。
thanks機能は会員のみ
2015/08/30 By みろりんちゃん (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:2.6 / 語数:5,216)
面白くて、一気に読んでしまいました。
前書きにあった、'a skeleton in the cupboard'.
「内輪の秘密」というイディオムで、既にここから伏線が引いてあるのかも。。。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2015/08/24 By Hide (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:5,216)
興味津々で面白く読み進めたのだけれど、結末がイマイチでした。
とは言え、本書はとても読みやすく、速読には適した読み物だと思います。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2015/05/25 By ノブ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:5,216)
なるほどねって感じです。
直球のミステリーですね(^^;)
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/11/10 By teateatea (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.7 / 語数:5,215)
始まりの父の飛行機事故や、そこからグレてしまうあたりなど
軽いテンポで読み進めあっという間に読めたように思います。
面白かった!
thanks機能は会員のみ
2014/09/12 By axiang (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:5,215)
途中まで、この島にはどんな秘密があるのだろう?とワクワクしながら読んだが、ラストはあっけなかった。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/07/17 By otoufu (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
登場人物も限られていて,OBRのLevel 2 としては読みやすい。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/07/12 By 空色 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:0.0 / 語数:5,215)
そこそこ面白かった。でも、事故の責任はとってないんだよね...?
thanks機能は会員のみ
2014/07/10 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:5,215)
久しぶりの多読をするのに選んだ本。
読みやすくてさらっと読めたし、わかりやすかった。
実際に起こったことが現実だったのか夢だったのか。。。みたいなお話だった。
皆さんがおっしゃるようにホラーぽいタイトルだけどどちらかというとミステリーのような内容だと思う。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/07/01 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.4 / 語数:5,215)
とにかく読みやすい。題名からして、どんな怖い内容だろうと期待?していたが、ホラーなんかでは全然なくて良かった。ホラー好きな方には期待はずれかも。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/05/26 By かっきー (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,215)
物語としては、今一つの印象です。
怖い話かと思えばそうではなく、なんとなく不思議な読後です。
9000語ある物語を読むと、5000語程度だと、少し物足りなく感じました。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2014/03/29 By borebore (評価:-- / ジャンル:MY / YL:2.6 / 語数:5,200)
108words/min
thanks機能は会員のみ
2014/03/08 By kota (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.6 / 語数:5,222)
一気に読めた。展開が面白かった。
thanks機能は会員のみ
2014/01/26 By ふにゃ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.7 / 語数:5,215)
先が気になって、ぐいぐい読んでしまった。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/12/23 By もかママ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.6 / 語数:5,215)
他のstage2に比べて読みやすく感じました。
ストーリーも面白く、一気に読めます。
タイトルはホラーやサスペンスっぽいですが
怖いお話ではありませんでした。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/12/01 By Okapia (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,215)
iOS用のApp版もあり、そちらは音声読み上げ機能がありますので、ヒヤリングの練習もできますよ。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/11/05 By Takb (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,215)
読みやすく一気に読めた
thanks機能は会員のみ
2013/10/08 By Marsa135 (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:5,200)
母親の仕事の関係でスコットランドの離れ小島にやってきた、18歳の少女Carolがみたものは⁉︎
題名より、怖い話を想像していたのですが、驚きのラストにビックリ!
ドラキュラやカンタベリーの幽霊を読んできた人にはちょっと拍子抜けしてしまうかも‥。
英文自体はとても読みやすく、多読にオススメといわれるのは納得です。

nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/09/04 By penpen (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,215)
最近、YL3台を読んでいたので、かなり簡単に読めて自分でも驚きました。
話も面白くて一気に読めました。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/08/23 By Nana (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,215)
読みやすく、一気に読めました。
thanks機能は会員のみ
2013/07/21 By ブーヤー (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,222)
最後まで駆け抜けるようにストーリーが進みます。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/07/09 By Polka (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.5 / 語数:5,215)
Oxford Bookworms 2の700語レベルなので、A to Z Mysteries あたりを頑張って読んでいる人にとっては、かなり簡単にスルスル読め、自信アップ、モチベーションアップになります。
語数制限とはいえ、なかなかサスペンスの盛り上げ方は巧みで、最後まで楽しく緊張感を持って読めました。お奨めです。
penpenより nanakoより thanks機能は会員のみ
2013/07/06 By ちぃ (評価:2点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
読みやすかったし、どうなるんだろうと一気に読み進めることができて、多読の本としてはいいのかもしれないけど、期待してしまった分最後にがっくり。え、そんな終わり方でいいの?と思ってしまった。もちょっと別の方向に持って行って欲しかった…。
thanks機能は会員のみ
2013/05/22 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.4 / 語数:5,215)
GRながらもきちんと伏線も回収されていて、思わぬ結末に最後まで興味を持って読み進めることができた。こういうミステリーに道徳を説いても仕方がないが、身勝手な男と痛みを分かち合ってしまう主人公には思わずどうなのよと突っ込みたくなってしまった。a skeleton in the cupboard という表現は初めて知った。
thanks機能は会員のみ
2013/02/10 By tomo (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
題名と表紙からして怖い話かと思ったがそうではなかった。
Carolという女子大生が主人公で、彼女のひと夏の島での体験が語られる。
彼女がそこで見たものは…。
難しい単語も特になく、先が気になりどんどん読み進められた。
thanks機能は会員のみ
2012/12/20 By わこ (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
面白かったです! 勘の良い人なら彼が誰だかすぐに分かったのかもしれませんが
私は分からず、結末に驚きました!!
タイトルから、幽霊物か何かだと思っていました。(^o^; 
表紙に男の人がいるし、Carolって名前は男だと思って、途中sheと出てきた時に、あ、Iはsheなんだと、気付きました。 パパが大好きに納得しました。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2012/10/09 By まめぞう (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.6 / 語数:5,215)
タイトルから、死体が隠されていると予想していたのですが・・・
ストーリーは短いけど、面白かったです。
でも、結局それでいいの?と思ってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2012/05/28 By タカハシ (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.7 / 語数:5,215)
強盗か殺人をめぐる話なのかと思いきやそうではなかった。
香港からはじまることに意味はちゃんとあって、そのあたりはさすがはJohn Escottという感じでした。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2012/03/30 By げんき (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,214)
読み易くて、更に面白かった。
さくさく読めるし、ストーリーもしっかりしていました。
オススメです。

nanakoより thanks機能は会員のみ
2012/01/20 By kiki (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.6 / 語数:5,200)
もう少しひねりが欲しい。。
thanks機能は会員のみ
2011/12/15 By ひなた (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
夏の間だけ雇われた母親と一緒に、離島に向かった主人公が、その島に住む家族の秘密を知ってしまうというお話です。
住み込みで雇われているからといって、「なんか、変。なんか、変。」と、主人のプライバシーをズケズケと侵害していく姿に、個人的にとても嫌な気分になりました。
誰だって、知られたくない過去の1つや2つあるものよ・・・と、ちょっとお説教ちっくなことを思ってしまいました。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2011/12/08 By (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.7 / 語数:5,215)
限られた人数でとある島のお屋敷で(母親が)住み込みで働くという設定から
殺人事件に発展するのかと思いきや、全くそんな展開にはなりませんでした(笑)

多読的にはあっさりと短い文章でYLの割に読みやすかったです。
スラスラ読める分、ストーリーに入りやすかったなぁ。
面白かったです!オススメ!
nanakoより thanks機能は会員のみ
2011/11/03 By 美桜 (評価:4点 / ジャンル:CS / YL:2.6 / 語数:5,222)
突っ込み所満載ですが、英文が読みやすいし、面白かったです。
確かにゆうさんの仰る通り
先が読めて最後はあっさり終わりますが、それでも面白かったです。
予想通りの展開だと安心して読めるから、
自信がなくなっている今の私にちょうど良かった思います。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2011/04/27 By No91 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,215)
大好きなロックシンガーは不慮の事故で、大好きなお父さんは飛行機事故で失ってしまい、香港ですさんだ生活を送っていたCarol。見るに見かねたお母さんは本国イギリスに連れて帰ることにします。その後、求人募集広告を見て、ある富豪の家の住み込み秘書として働くことになりますが、その富豪にはある秘密が・・・。

おもしろかったです。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2010/12/15 By シャール (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:2.6 / 語数:5,222)
読みやすくて面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2010/12/07 By zoefan1 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:2.3 / 語数:5,215)
本当にこのようなことがあるのだろうか。吸い込まれて読んだ。
thanks機能は会員のみ
2004/11/06 By ゆう (評価:3点 / ジャンル:CS / YL:2.5 / 語数:5,222)
【あらすじ】父を事故で亡くしたキャロル。母がやっと見つけて来た仕事は、ビジネスマンの秘書だった。しかしそのビジネスマンは、誰も寄せ付けずに島でひっそりと暮らしている人物。母とともにその島で暮らすことになったキャロルは、やがて大きな屋敷とビジネスマンの疑惑に気づく。



前半ドキドキしながら読んでいたんですが、途中から先が読めて、しかも予想通りの終わり方であっさりしすぎ。
ネタ的に面白かっただけに残念でした。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ