多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Marco Polo and the Silk Road (Oxford Bookworms Library Factfiles, Stage 2)
販売元: Oxford Univ Pr (Sd)
発売日: 2010-07-15
種別: ペーパーバック
ページ数: 56ページ
売り上げランキング: 33333位

多読国民のレビュー

全件19 人読んだ17 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2016/09/29 By timitti (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.4 / 語数:6,700)
マルコ・ポーロと言えば東方見聞録、シルクロード、ジパングなどが有名ですが、知っていたのはそのくらいだったので、詳しいことを知ることができて良かったです。15才のときに出かけて帰ってきたのは39才。当時、中国を支配していたモンゴルのフビライ・ハンととても仲がよく、彼のために仕事をずっとしていたと知り驚きました。
thanks機能は会員のみ
2015/06/28 By 不思議の国のアイス (評価:3点 / ジャンル:HI / YL:2.4 / 語数:6,700)
勉強になります。
stage2では中程度の難易度に感じました。
thanks機能は会員のみ
2014/05/03 By Gollum (評価:3点 / ジャンル:HI / YL:2.7 / 語数:6,700)
短くまとめてあっても、マルコ・ポーロの話はおもしろいなあ。地名、人名が満載なので、もう少し地図と解説は欲しかったかな。巻末の Activities がよくできている。
thanks機能は会員のみ
2014/03/21 By ユウキ (評価:4点 / ジャンル:HI / YL:2.6 / 語数:6,700)
文章は端正で読みやすく、内容もとても面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/06 By ながちゃん (評価:1点 / ジャンル:NF / YL:0.0 / 語数:6,700)
マルコポーロの旅行体験を客観的に書いた本。当時は移動に時間がかかり命がけだった。シルクロードを経由して中国を訪問した。
thanks機能は会員のみ
2013/02/08 By tomo (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.6 / 語数:6,700)
マルコポーロの一生と彼の旅した行程を知ることができた。
15歳で旅を始めた彼が故郷に戻ったのは39歳の時。その時点で人生の半分以上の時間を旅に費やしていたのだから驚きだ。
thanks機能は会員のみ
2012/11/04 By Ayumi N (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.6 / 語数:6,700)
ちょうど半ばまで読んでいた時に「ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜」を見たのでマルコ・ポーロについて色々と知ることができました。

マルコが15歳過ぎるまで父とおじに会ったことがなかったり、20年以上ぶりに故郷に帰ったら家族に本人かどうか疑われたり(笑) 商人というよりも旅人という印象でした。
thanks機能は会員のみ
2012/06/02 By goldfinch (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:2.8 / 語数:6,700)
Stage 2、 CEFR: A2 to B1

第1章を読んだとき、The Travels of Ibn Battuta ( Dominoes 1 )よりもやさしいと思いました。
第2章以降はそう思いませんでしたが。

YLは2.6でもいいような気がしますが、2.8にしました。
Factfiles と相性が悪いのか、ノンフィクションが合わないのか、眠くなりました。
でも最終章はおもしろかったです。 
thanks機能は会員のみ
2011/12/09 By かのん (評価:5点 / ジャンル:NF / YL:2.7 / 語数:6,700)
歴史が大好きで、シルクロード、と聞いただけでときめいてしまう私には、ぴったりな本でした♪

マルコ・ポーロの一生も、知らないことだらけでおもしろかったですが、シルクロードがどういうものだったか、とか、どんな町があった、とか、商人たちはどんな旅をした、とかそんなことも、かなり詳しく書かれていて、とても、おもしろかったです。
カラーの図版や、地図、各地の写真なども、たくさん載っているので、それを見ているだけでも、とても興味深いです。

わからない単語はないし、英文も、ノンフィクションなだけにとても簡単です。
オススメ♪ とくに、歴史好きさんは、楽しめると思います^^
ranより 華より thanks機能は会員のみ
2011/06/12 By ゆう (評価:5点 / ジャンル:NF / YL:2.7 / 語数:6,700)
マルコポーロといえば『東方見聞録』にジパングのことを書いた人……というぐらいの知識しかなかった。
ベニスからモンゴルまでのシルクロードを数年かけて旅をして、クビライハンと仲良くなっていたとは。
面白い! 
マルコの旅もそうだけど、マルコの父親と叔父っていうのがこれまたすごい。
20年以上も家に帰らないとか、こんな生き方してこの13世紀頃に70歳まで生きるとか、なんて楽しそうな人生なの! 
文章もスムーズで、各地の説明も興味深かった。
かのんより thanks機能は会員のみ
2011/01/20 By zoefan1 (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.6 / 語数:6,700)
いわゆる「マルコポーロの東方見聞録」のダイジェスト版(?)。読みやすく内容も面白い
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ