多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Titanic (Factfiles: Oxford Bookworms Library, Stage 1)
著者: Tim Vicary
販売元: Oxford Univ Pr (Sd)
発売日: 2009-11-30
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,007円 [定価:¥ 1,142]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 56ページ
売り上げランキング: 6420位

多読国民のレビュー

全件69 人読んだ61 人読書中0 人興味7 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/06/28 By ホムサ (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:5,529)
これ実話だったんだ。映画だと思ってた。
thanks機能は会員のみ
2017/03/04 By timitti (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:5,529)
以前読んだペーパーバックのfactfilesよりも内容が増え、写真もほとんどが別のものになっており、読みごたえもありました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/10 By MUMU555 (評価:3点 / ジャンル:TR / YL:1.8 / 語数:5,529)
文章自体は平易ですし、サクサク読めるのですが、他の方も書かれているとおり、登場人物が多すぎて、ほぼ記憶できません。書き出して整理すればわかるのかもしれませんが、そこまでしても、作品自体の理解度には変わりはない気がするので、またの機会に読み直しながら整理してみたい。初回読みとしては、登場人物が消化不良で少し気持ち悪い。
thanks機能は会員のみ
2016/06/13 By timitti (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.5 / 語数:5,600)
タイタニックの沈没について多くのことを知ることができます。
thanks機能は会員のみ
2016/01/10 By おっさん (評価:4点 / ジャンル:HI / YL:1.5 / 語数:5,600)
簡潔にサクサク読めた。
タイタニックの沈没の状況が良くわかりました。
thanks機能は会員のみ
2015/09/24 By iwao (評価:2点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:5,529)
通勤だけで読了。登場人物多く覚えられない。
thanks機能は会員のみ
2015/09/16 By ひらぞう (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:3,200)
タイタニック号のお話です。
映画のタイタニックは見ていたので、大まかな流れは知っていました。
ただ、この本を読むと、いくつかの不幸が重なってあの大惨事につながったことがわかりました。
thanks機能は会員のみ
2015/08/05 By 空猫 (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:5,600)
映画"Titanic"の簡約版ではなく、タイタニック号沈没事件と乗員・乗客の生涯を平易な英文で簡潔にまとめたもの。女性と子どもを逃がすために船に残り、死んでいった名も無き紳士・船員たちの気高さと対照的に、「沈まないから救命ボートはいらない」という愚かな船を作ったにも関わらず、事故後には言い逃れようとする社長の姿が哀れなほどに卑劣に映る(そもそも何故彼は生還しているのか?)。何かを糾弾しようという筆致ではないのだが、だからこそ伝わってしまうものがある。
thanks機能は会員のみ
2014/10/22 By シンゾウ (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:5,529)
映画にもなった有名な話だけど、英文になってすすっと頭に入ってくるということはなかった。
むしろ登場人物など細かい描写が多いので、理解に苦しんだ。沈没する際の緊迫した雰囲気も読み取ることができなかった。
読んでいて楽しいという風になりたい。
thanks機能は会員のみ
2014/08/28 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:TR / YL:2.1 / 語数:5,529)
何かが違っていたら助かってたんだろうと思うとすごく切ないです。
あと人がたくさん出てくるので、覚えるのが大変。
というより全然覚えられませんでした。
teateateaより thanks機能は会員のみ
2014/04/19 By Gollum (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.0 / 語数:5,600)
多読のネタ繰りに読んでみたが、graded readers であっても、
'Don't be afraid,' he said. 'I'm going to be OK. We can meet in New York.'
'Goodbye, my love,' she said. She never saw him again. なんてくだりを読むとうるうる来てしまう。
thanks機能は会員のみ
2014/03/20 By ユウキ (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:5,529)
非常に読みやすく、夢中になって読みました。
写真も興味深かったです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/12 By new_be (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:3,200)
有名な豪華客船Titanic号についての実話。決して沈まないと言われていた巨大な超豪華客船の設備等の紹介、沈む前の様子、後の状況、結果、そして今日見ることができる数々の物などなど。
本や映画で知っていた以上の事が書かれていた。もしこの時・・・、もしここで・・・、などと思いながら読む。旧版で読んだが、ページ数、語彙数ともに増えている改訂版で読みたかったかも。
thanks機能は会員のみ
2013/10/24 By kocka (評価:-- / ジャンル:NF / YL:2.0 / 語数:5,540)
多読を始めたころに読みました。(2015.2.1記入)
thanks機能は会員のみ
2013/08/23 By Miki_cchi (評価:4点 / ジャンル:BI / YL:2.2 / 語数:5,540)
読み聞かせ1冊目
史実に忠実に描かれている。Graded Bookだから仕方ないけど、もっと詳しく知りたかった。
thanks機能は会員のみ
2013/06/14 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:5,529)
映画などでもよく知られる100年前のタイタニック号の悲劇を実在の人物を中心して叙述し、当時の写真やカラー図版が理解するのに助けてくれる。馴染みのない人名が多数登場するのがやや読みづらくはある。
オペレーターが眠っていたり、連絡用のロケットに気付かなかったりと不幸が重なって被害を大きくしてしまった面は確かにあった。ただ福島の原発事故を経験した目から見れば沈むはずがないという「安全神話」に囚われ、救命ボートを必要なだけ用意をせず、おそらく避難訓練もしていなかったのだろう。「想定外」という言葉を当時の関係者も連呼したのではないだろうか。
喉元過ぎればなんとやら、人は本当に歴史に学ばない。
thanks機能は会員のみ
2013/04/26 By かほる (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:5,529)
タイタニックの実話。
タイタニック建造から事故の経緯、生き延びた人の証言や、沈没した船の発見と映画化まで。
登場人物が多かったせいか、私には少し難しかった。
楽団のエピソードにじんときた。
thanks機能は会員のみ
2013/02/01 By ケンケン (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:5,529)
タイタニック号の悲劇。事実経緯を淡々と記載。 Tim Vicary なので読みやすい。
しかし、登場人物が多く、人名が読みづらく詰まるのがストレスになる。
thanks機能は会員のみ
2012/03/19 By タカハシ (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:5,529)
タイタニック号の船出から沈没するまでが書かれています。

船に乗りこんで沈没まで演奏し続けたというミュージシャンの挿話や生存者のその後も少しだけ触れられています。タイタニック号の沈没について書かれた本はけっこうあるので、むしろこうした人間ドラマにかんする話をもっと読みたいものです。
thanks機能は会員のみ
2011/07/18 By ひなた (評価:5点 / ジャンル:NF / YL:2.1 / 語数:5,529)
ディカプリオが出演したハリウッド映画でも有名ですが、こちらの本は史実をまとめたものです。
事実を時系列で綴っていますが、淡々としているわけではなく、著者の思いが感じられます。

事故の直接の原因は氷山ですが、甚大な被害をもたらしたのは、安全に対する過信や、人的な判断ミスがあったからなんですね。

助かった乗客のその後も書かれていて、なかなか読み応えがありました。
santana01より thanks機能は会員のみ
2006/10/23 By magicrose (評価:3点 / ジャンル:NF / YL:1.8 / 語数:3,200)
中学か高校の英語の時間にも、タイタニックに関する文章を
読んだような記憶がありますが、今、改めて、写真も見ながら読むと、
ほんとにおそろしいです。
しかも、本によると、すぐ近くに他の船がいて、もし、その船の船長が気づいていたら、
事態は違っていたかも、なんてことがわかって、胸が痛いです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ