多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

The Twits
著者: Roald Dahl
販売元: Puffin Books
発売日: 2007-08-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 964円 [定価:¥ 967]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 8665位

多読国民のレビュー

全件79 人読んだ65 人読書中1 人興味10 人積読3 人
コメントなしも表示する
2018/04/21 By 梅Q (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:8,107)
終わり方が酷くて面白い。
thanks機能は会員のみ
2018/03/12 By Nonono (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:8,107)
毒のあるダールらしい作品です。
好みは分かれる物でしょうね。
thanks機能は会員のみ
2017/06/17 By 仔猫伝説 (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:1.2 / 語数:1,167)
前半きたない夫婦が出てくる。
何かやだなぁ。この先どうなるのかな?と思って読んでたら途中から動物メインになった。
最後は、いじわる夫婦がやっつけられてすっきり。
Dahlってこう言うの多いと思うけど、子供向けの児童書としてどんなメッセージがあるんだろう。
勧善懲悪なのかな。
thanks機能は会員のみ
2017/03/05 By k-nack (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:8,107)
前半の描写が気持ち悪く、外れを引いたかなと思った。中盤からは動物がメインになり、そこからはすっきりと読める。
わからない単語が多く、調べてみてもマイナスの意味の言葉ばかりで滅入った。文章自体はリズムもよくて読みやすいと感じた。
thanks機能は会員のみ
2016/08/21 By Miki (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:1.2 / 語数:1,167)
Hahaha!これはこないだ原書を読んだばかりだから、よく覚えていた。
なかなか上手くリトールドされていた。読むのに10分かからないので、あらすじを確認するのに便利。
このシリーズは図書館にあるものは全部読みたいな。(あらすじ再確認のためにw)
thanks機能は会員のみ
2016/08/02 By Miki (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:8,265)
レビュー対象商品:The Twits(ペーパーバック版)
The first few pages were gross! I mean very gross, really. I wish Quentin Blake hadn't drawn the closer look of Mr.Twits dirty moustache! That was the most disgusting part.
Other than that, animals were cute, especially the frog sleeping on Mrs.Twits' bed, and the story itself was simple and moralistic, so I liked this book after all.

最初の数章は、読んでいて「いったいこのダールとかいう作者は頭のネジが1本くらいどっかおかしなところについてるんじゃなかろうか?」と思うほど突き抜けたぶっ飛び方で、一抹の不安がよぎったが、ラストはいつもの安定ダール節で、ちょっとホラーテイストなところも気に入った。
しかしダール作品(児童書)の中でもこれは ”暗黒度” が高め(笑)なので、彼の作品にある程度耐性がついてから読んだのは正解であった。もし間違って1作目でこれを選んでいたら、トラウマとなって二度とダールは読まなかっただろう。(56分=148wpm)

word count:
https://www.perma-bound.com/ViewDetail/5428762-the-twits?returnSearch=Bk5jnzdhcVjWmdm8iNmcZg/1&returnProduct=5428762
thanks機能は会員のみ
2016/06/01 By Mark Jokes  (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.8 / 語数:8,107)
著者が多読本でお勧めされていたので、読みました。無精カップルのインパクトが強すぎて、小学校とか中学校で読むと残酷でもないのかな、でも私には面白さと怖さがミックスされていて、感想としては少し微妙な後味となりました。といっても、最後に胸がすっきりしたので良かったです。
thanks機能は会員のみ
2016/05/13 By パピエマ (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:8,107)
十数年前多読を始めた頃、評判がいいのでダールの本を買い集めてしまったので読んでいますが、
私的にはあんまり好みではないものが多いです。
thanks機能は会員のみ
2015/11/24 By ran (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:3.0 / 語数:8,107)
久々のダール作品。久々に読むとやはり面白い。
ダール作品を何作も連続して読むと、クセのある酷い大人への描写に引けるところもあるが、
久々に読むとこれぐらいの書き方のほうが楽しく読めると感じた。

「多読の途中にダール作品を仕込ませて、気分転換に良さそう」

挿絵も良く、テンポよく進む本なので一気読みできると思います。
早く読める人なら1日で読めてしまいそうです。
thanks機能は会員のみ
2015/09/23 By tadpole (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:8,107)
Roald Dahlは意地悪な人の描写は容赦ないですね。
8歳以上からの児童文学ですがoutwitなどしょっぱなから見たことのない単語が・・
thanks機能は会員のみ
2015/08/21 By うるの (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:8,107)
前半はちょっとうっと思う描写も多く、あまり好みでなかったのですが、
後半は児童書ならではのおもしろい展開でした。
最後はRoald Dahl らしい終わり方でした・・・。

英語自体はとてもテンポが良く読みやすいです。
thanks機能は会員のみ
2015/01/26 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.9 / 語数:8,107)
読みながら、実は再読だと気づきました。
そして、数年前は気付けなかった点が多く、
今回はもっとより深く読めたような気がします。
しかし…ヒドイ夫婦ですなあ。
こんなに「悪い人間」見たのは久しぶりでした。
thanks機能は会員のみ
2014/05/20 By Oga (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:8,107)
絵が可愛かった。大人向けの本ではなかなかお目にかかれないナンセンスな展開が懐かしかった。
thanks機能は会員のみ
2013/12/15 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:8,107)
レビュー対象商品:The Twits(ペーパーバック版)
前回 気付かなかった細かいところに 気付けた というか もう少し 深く 読めた というか。
thanks機能は会員のみ
2013/11/25 By Kikka (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:8,107)
食事をしながら最初の方を読んだのは失敗でした・・・。前半の夫婦の描写はあまり気分のよいものではありません。後半から痛快になっていきますが、読後感はあまりよくありませんでした。
thanks機能は会員のみ
2013/08/29 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:0)
レビュー対象商品:Twits CD Unabridged(CD版)
久しぶりに朗読CDを聴いた。
どこかで聞いた声だなと思ったら、『オペラ座の怪人』(ミュージカル版の映画化)の新支配人の一人の声だった。
thanks機能は会員のみ
2013/08/20 By たいふ (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:8,107)
あらすじ自体は単純だし使われている単語の意味が文脈で推測できるので、
登録されているYLの割にかなり読みやすい本だと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/03/07 By myeal (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:8,107)
見た目も心も醜い夫婦の物語。動物や他人に対して、酷い行いをし続けた夫婦の最後はいかに・・・

英語がリズミカルで読みやすいですし、お話としては面白かったです。「ざまあみろ」と言ってやりたい感じ。ただし、この物語の中に教訓みたいなものを読むときには、やや危険な部分があるかなと感じました。

「心が醜いと、見た目も醜くなっていく」 そんなMrs. Twitの説明の一部が印象的でした。
thanks機能は会員のみ
2012/10/23 By Ysprout (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:8,107)
少しガラが悪い系の登場人物とお話です
thanks機能は会員のみ
2011/11/02 By 美月 (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:4.1 / 語数:8,265)
どなたかも書かれていらっしゃいますが、
単語の使い方がとてもリズミカルで
どういう意味なのか気になって辞書で調べると・・・載って無い(^_^;)
相手に文句を言ったり、叫んだりするときに使う「汚い言葉」を
それでも軽く読み飛ばせるように表現したのかしらと
(storyはひどい内容だが)著者のチョットした愛敬を感じ取ることができました。

ほんとこの醜い夫婦の最後を確認できて
「やったー」と叫んで本を閉じました。
動物たちの視点で読まなくちゃいけませんよ。

でも、Roald Dahlはやっぱりクセになりますね。
夏月より mizKより thanks機能は会員のみ
2011/10/09 By ろきん (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:8,107)
動物が人間に仕返しをするという勧善懲悪の話。
"Mr. Fox"もそういう意趣ではありました。
あの本では人間は強欲に描かれていましたが、こっちはもっときついです。
とにかく汚くて卑しい夫婦。対する動物の方は完全に無垢です。
より極端な小説となっています。

邦題の「いじわる夫婦」というのは可愛げがあるようですが、中身はいじわるレベルではないような……。
ところで、あの夫婦にも愛し合った時代があったのでしょうか。
もーにんより thanks機能は会員のみ
2011/07/27 By Uwa (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.1 / 語数:8,107)
レビュー対象商品:The Twits(ペーパーバック版)
<<図書館@墨田区>>

邦題「いじわる夫婦が消えちゃった」通り、最後は消えてしまういじわる夫婦の人となりと日常を書いた本です。

あまり勉強では習わないような単語がたくさん出てきますが、大抵は相手をののしる台詞や何かを表現する際に、同様の表現を異なる言葉で繰り返し述べるような時なので、知らない単語もあまり気にせず読み進めることができます。またいくつかの台詞は韻を踏んで(ライム)いるのでその言い回しも面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2010/07/08 By poppy (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:4.0 / 語数:9,200)
汚い夫婦で。気負わず読めます。
thanks機能は会員のみ
2006/06/30 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:3.5 / 語数:8,107)
レビュー対象商品:The Twits(ペーパーバック版)
挑戦してみた。

夫婦で、お互いに仕掛ける、もはやいたずらとはいえない事柄がいろいろ出てくる。

最後は、今までいじめてきた動物たちに仕返しされるのだが、それはそれで、どうなの?

本当に、この作者は奇想天外だと思う。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ