多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Fantastic Mr. Fox
著者: Roald Dahl
販売元: Puffin Books
発売日: 2007-08-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 976円 [定価:¥ 983]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 10442位

多読国民のレビュー

全件140 人読んだ121 人読書中2 人興味13 人積読4 人
コメントなしも表示する
2018/07/31 By .のん (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.8 / 語数:9,145)
早く食べろよと思ってしまった。
Bunceの所で知らない単語が結構出て来て描写が分からなかった。
もう少し読めるようになるともっと楽しめるのかな。
thanks機能は会員のみ
2018/05/11 By megmeg (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
高校生の時に読んで以来でしたが,大人になっても楽しめました。文章が韻を踏んでいる個所などもあり,テンポよく読み進められます。賢いMr.Foxが家族や友人のために,人間たちを出し抜くお話です。
thanks機能は会員のみ
2018/04/17 By 梅Q (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
山を削ったところまではダール節だったけど、そこからの戦いが地味だったような・・・
もっと豪快に対決してほしかった(笑)
読みやすかったけど、先が読めてしまってイマイチ。

thanks機能は会員のみ
2018/02/10 By candy-sachi (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:9,145)
知らない単語が結構出てきましたが、想像で補完して読みました。
4匹の子ぎつねたちが可愛い。
ところどころ、使ってみたいなーと思うような良い台詞がありました。
忘れてしまいましたが(笑)
thanks機能は会員のみ
2017/10/18 By pomcat (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:9,145)
2回目だが、やっぱロアルド・ダールは面白い。
thanks機能は会員のみ
2017/09/12 By chizuru (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:9,145)
「Youtubeのaudio bookを聞きながら読みました」というレビューを参考に、私も真似してみました。audio book、結構上がっているんですね。すごく楽しかったです。 さてさて、これはダールの作品の中でも、簡単で読みやすい本だったと思います。短いから、途中で飽きてしまうこともないし、内容もそれほどはちゃめちゃ過ぎず、ちょうど良かった。定番のイラストも、いいです。
thanks機能は会員のみ
2017/08/25 By Ayangel (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:9,145)
強欲な農場経営たちのところから毎晩の夕食を拝借
していたMr.Foxですが完全に怒った経営者から命を
狙われるようになります。一家のほら穴を狙われ、
ショベルカーで山ごと掘られ、外で張り込みをされ
ついには飢えに苦しみ始めます。山に住む他の動物
たちも同様に苦しんでいますがMr.Foxの機転と行動
力で、最終的には食事に困ることなくむしろ安全に
さらに贅沢に暮らすことができそうです。いじわる
な農場経営者たちはというと…笑

小気味の良い終わり方です。
thanks機能は会員のみ
2017/03/25 By チビBubo (評価:-- / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:1,179)
ずっと地下にいるのもどうかと思う。
thanks機能は会員のみ
2016/07/21 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:9,145)
『チャーリーとチョコレート工場』などの原作者として知られるロアルド・ダールの児童文学。
コマ撮りアニメの『ファンタスティックMr.FOX』(2009年、米、ウェス・アンダーソン監督)を先に見ていたので、
後半の物語が違うのに初めて気付いた。
狡猾なキツネ父さんは、近所の3軒の農場の家禽を夕飯に一家で楽しく暮らしていた。
これに堪忍袋の緒を切った3人の農場主は、キツネ一家の巣穴を最初は銃で狙い、
次にショベルカーで掘り起こして根絶やしにしようとする。
愉快なファンタジー。
ダール作品にはおなじみの、クエンティン・ブレイクの擬人化された動物たちの挿絵も楽しい。
thanks機能は会員のみ
2016/06/23 By Mark Jokes  (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:3.0 / 語数:9,145)
日本の新美南吉の童話のごんぎつねやきつねの手袋のきつねと違います。賢いFoxですね。
thanks機能は会員のみ
2016/01/29 By 905 (評価:-- / ジャンル:AN / YL:0.0 / 語数:9,145)
タイトル通りキツネのお話。
ダールの作品の悪役って、ほんとにイヤな感じに描かれてるよなぁ。Quentin Blakeの挿し絵も相乗効果になってる。
thanks機能は会員のみ
2015/11/23 By ムコ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:9,387)
娘と一緒にu-tubeのaudio bookを使って読みました。1時間ちょうどくらいのナレーターで、本当に面白かったです。
前半ですでに最後が見えてきましたが、それが、娘と読むのにはちょうど良く、楽しめました。
chizuruより thanks機能は会員のみ
2015/11/15 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:9,145)
Is it a happy ending or sad ending? hmmm.

最後の終わり方がなかなか。

読書会のための再々読。今回は少しゆっくりめに、流れをつかむというよりもっと細かい部分に着目しながら読んだ。やはり細かいニュアンスまできちんと取れると、読書としてより豊かなものになるなと実感。だけど、それを目指すがために読む速度を落としすぎても本末転倒なので、バランスは重要。

thanks機能は会員のみ
2015/11/15 By 仔猫伝説 (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
絵が良かった。
話の展開的に、どうなるかと思ったけどハッピーエンドだった。
最後の宴会の挨拶が一番面白かった。
thanks機能は会員のみ
2015/10/29 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:9,145)
It somehow reminded me of "Animal Farm" by George Orwell.
Mr. Fox steals and kills hens n other livestock from humans, which is no good, but that's just because he needs to feed his family and himself. Hmmmm. Maybe he's not so bad. It is humans who took their habitat.

まるで今の日本の問題みたい、猪が麓に降りてきて畑を漁ったり、南アルプスでは鹿がお花畑を食べ尽くしてしまったり。人間は怒るけど、彼らの生活場所を奪ったのは誰?天敵を減らしたのは誰?

再読したらなかなか面白かった。
wordkingより thanks機能は会員のみ
2015/10/03 By NANA@英語多読家 (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
久しぶりのダール作品。子ども向けらしい「童話」みたいなお話だった。今回はわからない表現は飛ばして読んだ。なかなか手の込んだ表現もあって、読みやすいが全て簡単に読めるというわけではないと実感した。Mr Foxの智慧に乾杯!
thanks機能は会員のみ
2015/08/12 By mokux (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.6 / 語数:9,145)
半分も読み進まないうちに見えてしまう結末へと、脇目も振らずにズドーンと一直線な、気持ちいいぐらい単線的な筋書である。オチもわざとだろうが、思いっきりベタに振ってある。
テンポがよく痛快な読み味なので子どもはワクワク楽しいかもしれないが、大人が読むには単純にすぎる内容かもしれない。

あと唐突に興ざめな道徳的なテーマが出てきたり、捕食関係の存在する世界観なのになぜかキツネとウサギが弁明もなしに仲間扱いだったりとか、すっきりしないアラも目立つ。
ダールらしい胸のすく大団円のわりに、どうも釈然としない読後感である。
thanks機能は会員のみ
2015/07/07 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.0 / 語数:9,145)
Nothing more than a story I had expected.
I hope Dahl's books to be more wicked and eccentric.

意外に普通なお話だったので読んでる途中で3回位寝落ちした。
もっとぶっ飛んだ話希望。
50min. 183wpm
thanks機能は会員のみ
2015/04/14 By emirin (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:9,145)
知らない単語はたくさんあるけど、前後の流れからイメージしやすい。文章が軽快で音読に良い。
thanks機能は会員のみ
2015/02/19 By weeny (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
ちょっとファンタジー&コメディ系の動物モノ。

ダールは、『The Enormous Crocodile』『Esio Trot』に続き3冊目です。

この中では一番難しく、簡単な文の中に、見たことがない単語、特に形容詞と副詞がばんばん出てくる感じです。でも、イラストが細かく入っていて、筋の流れはわかるので、かなり分かる印象は残るのだけど、やっぱり3割くらいわからないとちょっとストレスというか苦痛を感じました。
キリン読みとはこういうものかと。読めて嬉しいけど、もうちょっと理解できた方が楽しい。

でもこのレベルの普通の小説が随分分かるようになっていたので、達成感があって楽しかったです。

あと10万語くらい積み上げたら、また読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2014/04/24 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,285)
家族のために、3人の農夫から食料を取ってくるMr.Fox。
ある時、巣穴から出たところで3人に尻尾を撃たれ、おまけに巣穴までバレてしまった。
お腹が空いたが、見張られているので出られない。
ショベルやショベルカーを使ってFoxesを捕まえようとするが..。

やはりGRとは別物。わからない単語の量が違う。表現も豊かで、たぶん今は全部理解しきれていないけど、少しずつ身につけていければいいな。
thanks機能は会員のみ
2014/03/14 By うまと昼寝 (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.4 / 語数:9,179)
映画が好きでしたが、原作は読んだことがありませんでした。
映画よりドラマとしてはあっさりしていますが、さくさく進んでいくところが子供の本っぽくて面白いです。
thanks機能は会員のみ
2014/02/13 By tomo (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
いつも自分のうちの商品をMr. Foxに盗まれて頭にきた3人の農夫がMr. Foxを捕まえようと躍起になります。
農夫たちとMr. Foxの頭脳戦が始まりますが、Mr. Foxの方が一枚上手。
それにしても、Mr. Foxの尻尾は生えてこないのかな?

thanks機能は会員のみ
2014/01/04 By myeal (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:9,145)
3人の欲深い農夫が Mr. Fox を捕まえようと色々なことをします。追われる側の Mr. Fox は、自分と家族の命を守るため、色々と知恵を絞ります。

英語はそれほど難しくありません。また、ストーリーがシンプルで挿絵もあるので、単語が分からなくても読み進められます。
thanks機能は会員のみ
2013/12/15 By ran (評価:4点 / ジャンル:NF / YL:3.0 / 語数:9,441)
ダールの中でも短編で痛快な作品。語数も1万語以内で読みやすいだろう。

狐を擬人化したストーリーでは「赤ずきんちゃん」など、悪党として出てくることが多いけど、
これはダールらしさが出ていて、人間の強欲的なところを十分に見せつけ、
Digger達?の普段暗い感じで生活しているキャラクターを引き立てている。

普段ならStealingで悪いと感じる社会通念も、Mr. Foxは説き伏せる。
ダールが児童作家として、多くに人に親しまれている理由がわかるような作品。
相変わらず喜びの表現が"Yappiee!"なのも楽しい。

アニメ映画としても出ているみたいで、合わせてみるともっと楽しいかも。
thanks機能は会員のみ
2013/11/27 By Kikka (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.4 / 語数:9,145)
痛快な作品。ずっとラダーを読んでいたので知らない単語が多く読みにくさは感じたが、ストーリーを見失うことはなかったので楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2013/11/16 By Lily (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:9,441)
i wish that i can be inside FANTASTIC MR FOX'S book!!!
thanks機能は会員のみ
2013/10/13 By rinnn (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:9,145)
おなかがぺこぺこでも頑張る子ぎつねたちが可愛い!
thanks機能は会員のみ
2013/09/22 By アクア (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
再読。今回は音声を聴きながら読みました。
thanks機能は会員のみ
2013/07/31 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.8 / 語数:9,145)
いきなり、狐の家族が、3人の農夫に、追い詰められるところから始まります。
最初は逃げるのに一生懸命ですが、もうダメかなというところから、反撃です。
反撃といっても、主が留守の3人の農場へいって、家畜を盗んで、動物の仲間を呼んでお祭りです。
thanks機能は会員のみ
2013/03/01 By rachel (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.2 / 語数:9,145)
キツネが自分の家族のためだけではなく、他の動物達のためにも食料を確保するところが面白かった。
ストーリーはある程度予測できるので、知らない単語があっても、想像で補って読み終えることができた。
thanks機能は会員のみ
2012/10/10 By sweetsr4ever (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:0)
レビュー対象商品:Fantastic Mr Fox(CD版)
キツネのお父さんと3人の農家のおじさんの知恵比べで、最初は音声からすぐにイメージするのは難しい箇所もあったけど、最後はすんなり。

Dahlのチャーリーとチョコレート工場やマチルダは学生時代に読んで面白かったので、またいろいろ挑戦していきたいです。
thanks機能は会員のみ
2012/06/20 By アクア (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
テンポがよく、どんどん読み進めることが出来ました。読んでいて楽しくなってきます。
thanks機能は会員のみ
2012/03/04 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.2 / 語数:9,145)
これまで読んだDahlの作品の中では毒気があまりなく、読みやすかったです。主に動物視点で描かれていたので楽しくワクワクしながら読めた。
何としても生き延びようとするキツネと何としてもキツネを捕まえたい人間(農家の3人)の攻防?がなんとも大げさに描かれているので面白かった。
そして最後の"And so far as I know,they are still wating."という頑固な(執念深い)3人の農家に対する作者の冷めた一言にちょっと笑えた。
floconより thanks機能は会員のみ
2011/10/02 By ろきん (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:3.5 / 語数:9,145)
ブラックさが足りないが、農場主たちの監視は止まず、
彼らが引きこもってしまう結末だと考えると、単なる勧善懲悪とも違って見える。
Mr. Badgerの指摘を待つまでもなく、「盗む」Mr. Foxもいくらか悪ではないかと思わざるをえない。

が、その盗みが爽快であり、かつ人間が醜く描かれているので、
トントントンと盗んでいく様が気持ちいい。
floconより ranより thanks機能は会員のみ
2011/08/12 By Uwa (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:9,145)
<<図書館@墨田区>>

邦題は、"父さんギツネバンザイ"。キツネと人間の化かしあいの話。
Dahlの話にしてはやや毒が少なく、文章、単語、内容的にも読みやすい一冊。

thanks機能は会員のみ
2010/06/23 By yukako (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:3.0 / 語数:9,145)
キツネのお父さんが爽快です。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ