多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Eagle Strike (Alex Rider)
販売元: Puffin Books
発売日: 2006-02-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,035円 [定価:¥ 1,079]
在庫: 通常1~3か月以内に発送
ページ数: 368ページ
売り上げランキング: 84197位

多読国民のレビュー

全件7 人読んだ6 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/07/29 By Miki (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:5.5 / 語数:64,969)
"P.S.  this letter will self-destruct 10 seconds after it comes into contact with the air, so I hope you read it quickly!" P96-97
 モロ007じゃん、とニヤリとした部分を抜き書き。

It was the very best of this series so far.
The grossest and yet most exciting part was how this bad guy died. He held the world in his hand (he almost did, to be precise, or at least he thought so) , and the moment later, he was minced meat! MINCED MEAT!!!!!

  マンガ的なご都合主義とド派手な演出はこれまでと同じだけれども、自分の意思に反して諜報機関のために働いてきた今までとは違い、今回は世界を救わねばという正義感から自分自身の意思で動いたところが良かった。そしてその中にほのかな純愛も含んでいたり、自分の過去についても新たな発見(!!)があったりと、単に事件が解決してハッピーエンドで終わらないところが後を引く。ところどころハードボイルドだし、エンタメとしては最高。
thanks機能は会員のみ
2014/06/01 By めねたおたべ (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:5.0 / 語数:68,083)
ウィンブルドンで知り合ったサビーナの家族と南仏に休暇を楽しみに来たアレックス。ところが彼はビーチで偶然、父を殺したとMI6に教えられた暗殺者を見てしまいます。あとをつけていったアレックスは、暗殺者になんらかの計画があることを突き止めますが、自分には関係ないことだと考えようとしました。ところがその後サビーナの父親が爆発テロの対象となり、瀕死の重傷を負います。アレックスは暗殺者に依頼した人物を突き止め、MI6へ知らせますが、まったく相手にしてもらえません。やむなく彼は自分で調べることにします。

今回はMI6の依頼ではなく、アレックス・ライダーが(保護者のジャック以外、孤立無援で)自発的に行動を起こしていく話です。正直言ってこのシリーズは英語が読みやすいので惰性で読んでいたところがあったのですが、今回はとてもおもしろかったです。
ストーリー自体は毎度のことながらハリウッドアクション映画の王道という感じではあり、ゲーム的だったり、敵の動機も幼稚だったりするわけですが、今回はアレックスがMI6に命令された任務をしかたなく引き受けてではなく、内発的な動機で動いているのがよかったのかもしれません。サビーナとの関係もはらはらするし、最後は次の巻への布石もあり、ようやく物語が本番に入ってきた感じがしました。ここまでいくと、続きがまた読みたくなってきます。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ