多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Scorpia (Alex Rider)
販売元: Puffin books
発売日: 2006-02-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,059円 [定価:¥ 1,031]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 416ページ
売り上げランキング: 104739位

多読国民のレビュー

全件8 人読んだ7 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/08/18 By Miki (評価:5点 / ジャンル:CS / YL:5.5 / 語数:78,170)
The 5th book of Alex Rider series was much better and more fun in a lot of ways than I had expected. 

少年スパイもの、アレックス・ライダー5巻

良くも悪くも、毎回派手でカッコよすぎるアクションがこの本の特徴だけど、今回はその点よりも、今までの大きな秘密が明かされる点が一番の読みどころ。大人の策略と渦巻く陰謀の中に翻弄されるアレックスの苦悩、正義感と自身の感情との葛藤は読み応えがあり、またそういった心の揺れ動きの描写は私好みでもあり、今回は少し違ったアレックス・ライダーが楽しめました。毎回アレックスがaltruistic過ぎるのが現実味がないのと、細部でもツッコミたいところは色々あるけれど、それを凌駕する魅力のあるシリーズです。最後は大変意味深な終わり方で、アレックス・ライダーを読むときは、終盤に近づいたら、必ず次の巻を手元に準備しておかないと、先が気になって不眠症に陥りそうになります(笑

thanks機能は会員のみ
2014/06/04 By めねたおたべ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:5.0 / 語数:78,040)
前巻のラストで、暗殺者Yassenに「ヴェネツィアへ行きScorpiaを探せ。そしておまえの運命と出会え」と言われたアレックス・ライダー。Scorpiaとは、死んだアレックスの父もかかわっていた世界的犯罪組織でした。アレックスは学校の旅行で訪れたヴェネツィアでScopiaと接触し、父の死の真相を知らされます。そして彼らの仲間になることを選択し、暗殺者となる訓練を受けますが…

前の巻に引き続き、面白かったです。ストーリーも今回はなかなか読みごたえがありました。父親のことがわかり、ここで一区切りという感じがします。(ラストが一応次に続く感じですが。)
続きはどうしようかなあ。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ