多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Diary of a Wimpy Kid Book 2)
著者: Jeff Kinney
販売元: Puffin
発売日: 2009-02-05
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 958円 [定価:¥ 958]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 224ページ
売り上げランキング: 7781位

多読国民のレビュー

全件45 人読んだ43 人読書中0 人興味1 人積読1 人
コメントなしも表示する
2019/02/08 By +=< (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:4.1 / 語数:19,762)
とても面白い
thanks機能は会員のみ
2018/12/06 By Mindy (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:19,762)
1作目はいまいち流れに乗れなかった感があったけど、2冊目で少し慣れてきた感じ。3人兄弟の真ん中はなかなかつらいですね笑 話はぐだぐだだけど、たまにそうそう!と思わず笑っちゃうところがあるからつい読んでしまう感じです。
thanks機能は会員のみ
2017/07/20 By Tomo201612 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:19,762)
グレッグの生意気さが読んでて痛快。自分も次男なので(2人兄弟ですが)、重ね合わせてしまう部分があって、楽しく読めました。スラングがしばしば出てくるので、多読の原則からは外れますが、好奇心から逐一辞書を引いて調べました。学校行事や誕生日パーティーに感謝祭などの場面を読んでいると、現代のアメリカ人の生活にはこういう行事があるんだなぁと思いました。実際のものがこのお話通りとは思いませんけど。堅苦しさがないので、そういう読み物を探してる方にはおすすめです。
thanks機能は会員のみ
2017/05/11 By 905 (評価:-- / ジャンル:CO / YL:0.0 / 語数:19,762)
今回は兄貴にやられる話ばかりで、あんまり笑えなかった。
thanks機能は会員のみ
2015/04/20 By tombonomegane (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:13,020)
わかるところだけ読んで、絵で補完して、なんとなくストーリはおえましたが、私には難しすぎました。
ストーリは子供時代を思い出して懐かしくなりました。
thanks機能は会員のみ
2013/09/20 By ピノキオ (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.5 / 語数:19,863)
ずっと多読を続けていたが、この辺で1冊大物?に取り組もうと読んだ本。1冊目が面白く、DVDも見た後だったので、読みながら自然に登場人物が浮かんできて、本の理解にも役立ちました。次巻も読みたい。
thanks機能は会員のみ
2013/05/29 By mikisen (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:4.0 / 語数:20,165)
1冊目があまりにハマってしまったせいか、2冊目は1冊目ほど笑えなかったかな。それでも楽しめました。
語数:20165語(図書館資料)
thanks機能は会員のみ
2013/05/28 By chobi (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:2.0 / 語数:19,762)
wimpy kid 2作目。 今回もダメな感じ満載 ;)
学校でも家でもさえない主人公の日常が、あるある!とニヤリとしながら進みます。

そうなんだよね~、子供の頃って全く!論理的じゃない、今考えると恥ずかしい単純思考。
よくグレずに育ってるよ、グレッグ!
ダメ兄と、告げ口屋の弟に負けずに頑張れ!
thanks機能は会員のみ
2011/08/27 By flocon (評価:4点 / ジャンル:SA / YL:3.2 / 語数:19,762)
このシリーズ、以前に人気があるので中をみてみたら
どうも手書き風フォントの感じとかがあまり好きになれず敬遠してました。

けれど、第1巻をオーディオブックで聞いておもしろくて、
その後本を見てみるとなんとなくいいなと思えたので
第2巻を読みました。

独特のノリがあって、読んでいるあいだじゅう
なんとなく生活もこんなノリになってきます。

寝るまえとかにちょっとずつ読めるのもまたよい感じ。
感動のできごとはなく、特に盛り上がりがあるわけでもなく
進んでいきますが、これはこれでよいですね。

文章を読んで、絵でオチがあったり、
この独特のリズムはちょっとくせになるかも。
レモンより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ