多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Fifty Shades of Grey
著者: E. L. James
販売元: Arrow
発売日: 2012-04-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,278円 [定価:¥ 1,270]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 528ページ
売り上げランキング: 6921位

多読国民のレビュー

全件30 人読んだ17 人読書中2 人興味10 人積読2 人
コメントなしも表示する
2017/06/10 By englishlove40 (評価:5点 / ジャンル:XR / YL:0.0 / 語数:179,907)
オーディオブックで読了。他の方も書かれているように使われている英語は平易で、耳で聞いても内容はかなり把握しやすかったです。繰り返し使われる表現や単語も多い印象で、我々英語学習者には良さそうだと思いました。
thanks機能は会員のみ
2016/09/20 By ぶーさーさー (評価:3点 / ジャンル:XR / YL:6.2 / 語数:179,907)
米アマゾンで6万7千件ものレビューがあり、評価も平均4と高評価・・・
で読んでみました。
うーむ、軽いSM風味を入れた熱愛小説というか殆ど純愛小説、それでいて思いっきりポルノ小説。
2015年6月時点、全世界で1億2500万部以上の売上とか・・、ハーレクインに物足りない世の奥様方に受けたんでしょうね。(購買層は圧倒的に女性だそう)
英語自体は読みやすいです。ティーンエージャーが書いた小説か!とかの悪評もありますが、私には初めての英語でのポルノ、興味深く楽しませて頂きました。
本作は3部作の1巻で、この後、Fifty Shades Darker 、Fifty Shades Freed, と続きます。
又本第1作は女性主人公のAna視点で書かれていますが、相手男性Christian Grey視点で書かれた「Grey: Fifty Shades of Grey as told by Christian」も発売されています。

なお参考までに、映画も2015年公開されましたが(見ました)、映画と小説を比較すると、映画は今一でした。
思うに小説は主人公の内心の葛藤・心理描写を主体に書かれていますが、映画ではそれをうまく表現できてなく、
アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰するラジー賞にもみごと選ばれています。
これに懲りず、続編2作もそれぞれ2017年、2018年に映画公開予定のよう。
又、2016年(日本未公開)の映画、FIFTY SHADES OF BLACK はストーリー酷似のパロディで【最終絶叫計画】のマーロン・ウェイアン主演だそう・・、見てみたいかも。
ポーラより thanks機能は会員のみ
2016/05/26 By ふるる (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:179,734)
SMプレイを求めるクリスチャンと、あくまでも恋人同士の日常を求めるアナスタシア。これが求めるものが普通のものだったら、普通の小説なのかも。いや、クリスチャンのストーカーぶりと嫉妬心、起伏が激しいところは、正直私はドン引きですけど・・・2冊目もあるみたいですが、普通の小説が読みたいので、時間があればまた読んでみるかもしれない。語句はあまり難しくないです。調べながら読めば、学生さんでも理解できるレベル。
今気づいたのですが・・・この小説をアナと同年代の人が読んだら、私とは感想が異なるのかな・・・40代の恋愛はすでに終わった主婦的には、クリスチャンの嫉妬ぶりと、アナの無知さにはちょっと驚きです笑。それはもう若さが無いからかしら苦笑。
thanks機能は会員のみ
2015/02/14 By ぜんだま (評価:3点 / ジャンル:LV / YL:6.0 / 語数:179,907)
単語はかなり簡単だったので、とっても早く読めました。
チャプターも短めです。
まだまだ続きがあるみたいですが、あと2冊読むかどうかは不明。

この1巻では、出版社の面接シーンが印象に残っていますので、
アナが会社でどんな新入社員になって、どんな仕事をするのか、すごく興味があります。
(2巻目の方が面白いというコメントも見ました。)

欧米では、シリーズ通して1億冊以上売れ、「ハリポタ超え」のすごい人気ですが、
日本ではあまり売れ行きがよくなかったらしいです。
映画化の影響で、現在在庫切れが出てるようですが、今後の売れ行きはどうでしょうか?
しろきいろより ポーラより thanks機能は会員のみ
2015/02/10 By mai1120 (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:6.1 / 語数:179,774)
2015/01/07読書開始 2/10読了
thanks機能は会員のみ
2013/03/04 By Wet Rush (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:6.0 / 語数:179,907)
thanks機能は会員のみ
2013/01/27 By akio11528 (評価:5点 / ジャンル:LV / YL:6.2 / 語数:179,907)
再読。

第2巻&第3巻を読む前に再読。
thanks機能は会員のみ
2012/11/07 By chobi (評価:2点 / ジャンル:LV / YL:6.0 / 語数:179,900)
好きな俳優さんが、映画にキャスティングされるかも!?との噂で読みました。

なぜ、これがそうもてはやされるのか読んでも????でした。
Fanfictionが原作のせいか、メインキャラ二人の描写が(特にヒロイン)物足りない・・・。
知ってる前提で、キャラ設定されてるので感情移入しにくい。

Christianの秘密?も、引っ張られすぎて1作目では消化不良。
ハーレクインロマンス+BDSMか?な世界で、まぁ、そーゆー話だと諦めて読むしかないです。

同じようなBDSM話なら、アン・ライスのSleeping Beauty 3部作の方が世界観がちゃんと
設定されていて、BDSMの真髄が表現されていると思います。

女子がPORNを小説として読めるのがウケたんだろうなぁ。
あと2作、読むのは気力と相談です。
thanks機能は会員のみ
2012/10/19 By akio11528 (評価:5点 / ジャンル:LV / YL:6.2 / 語数:179,907)
多読26冊目。
E.L.JamesのFifty shades of Greyです。
今年、「Harry Potterの売り上げを抜いた話題作」として、欧米で注目を集めている作品です。
年内に日本で翻訳本も出版予定です。

有名なTwilightのファンフィクションとして、
素人作者がネットに同人誌的な感じでもともと投稿していたものです。

ジャンル的には、ポルノ小説にあたるので、
読者は限られそうですが、
SEX描写以外の部分が結構面白くて「この先どうなるんだろう」と気になり、
どんどん読み進められました。

平凡な女子大生Anaと、会社のCEOであるChristian。
普通の恋愛をしたいAnaと、女性とは今までSM関係しか築いてこなかったChristianの
それぞれの葛藤が続きます。
ChristianのとんでもないプレゼントはAna同様驚かされます。
現実ではなかなか経験できない、シンデレラストーリーを読みたい人には
最高です(笑)。

英語のレベルはかなり易しいです。
スラスラ読めて、そこそこ量をこなせるので(514p)多読には良いかと思います。
あまり難しく考えず、軽く読むのをお勧めします。

3部作で、
1・・・Fifty shades of Grey(本作)
2・・・Fifty shades Darker
3・・・Fifty shades Freed
と続きます。
ながなめこより めねたおたべより uribou-momより ポーラより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ