多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Uncle Elephant
著者: Arnold Lobel
販売元: HarperCollins
発売日: 1986-10-09
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 581円 [定価:¥ 572]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 64ページ
売り上げランキング: 17613位

多読国民のレビュー

全件161 人読んだ153 人読書中1 人興味7 人積読0 人
コメントなしも表示する
2019/08/11 By Kyoko (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
じーんときました。
thanks機能は会員のみ
2019/06/08 By rose3 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.7 / 語数:1,785)
始まりは、なんて悲しい話!と思ったけど、最後は宝物をもらったような気持ちになる素敵なお話
thanks機能は会員のみ
2019/04/04 By ロバ (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:0.0 / 語数:1,785)
なんて素晴らしい本なんだ( i _ i )
thanks機能は会員のみ
2019/03/31 By 大葉かむ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
おじさんの立場で読んでいたので、最後は泣けました。いい話です。
thanks機能は会員のみ
2019/01/27 By すもも (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:1.5 / 語数:1,785)
ハードカバー。
thanks機能は会員のみ
2018/10/08 By Mindy (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,762)
しみじみとじーんとくるお話。静かに感動する。優しいおじさんですね。
thanks機能は会員のみ
2018/10/04 By ソルテ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
ちょっぴり切なさが漂う、叔父さんとのひととき。uncle elephantの温かい人柄がつたわってきます。ランプと蜘蛛のシーンが印象的でした。
thanks機能は会員のみ
2018/04/14 By いけっち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,823)
図書館本。
いい叔父さんがいて良かったね。
thanks機能は会員のみ
2017/09/29 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
再々読。
始まりは悲しい。
おじさんがドアを開けてから閉めるまでの優しい物語。
thanks機能は会員のみ
2017/08/28 By TokyoStory (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
両親が海で行方不明になった小象とおじさんの話。

ほのぼのとした中にもちょっぴり寂しさがあり、最後はジーンと来ました。
thanks機能は会員のみ
2017/01/16 By timitti (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
両親のいなくなった子供の像とおじさん像の話。ほんとにほのぼのしてて、いいお話です。最後はグッとくる感じ~
thanks機能は会員のみ
2017/01/01 By とびうお (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:1.3 / 語数:1,780)
素敵なおじさん
thanks機能は会員のみ
2016/09/21 By まねきねこ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,785)
泣けました。
thanks機能は会員のみ
2016/02/28 By rose read english (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,785)
子供用のちょっと切ないお話です。
途中ランプの部分とか、話の落としどころがなうて、意味がつかみにくい部分があります。絵が可愛い
thanks機能は会員のみ
2016/02/27 By kuma (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,785)
ほのぼのしています
途中ちょっと飽きてしまいましたが、いいと話だと思います
thanks機能は会員のみ
2016/02/26 By kiyopom (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
両親が船で旅に出た後、行方不明になります。両親が見つかるまでの間、おじさんと2人で過ごします。
なんとなく物悲しい感じがします。
thanks機能は会員のみ
2015/11/27 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
悲しい話かなと最初思ったけど、おじさんが明るくしてくれてそしてまた最後は切ないです。
thanks機能は会員のみ
2015/11/05 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
魔法のランプに火をともす…ランプに住んでたクモが熱い!そんなオチありか?
Trumpetって楽器を奏でているのかと思ってたら,鳴き声なのね。そういう意味があるのか。
thanks機能は会員のみ
2015/10/31 By とし (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,700)
最初の設定にビックリするけど、温かく楽しく、最後は切ない。。。
thanks機能は会員のみ
2015/10/10 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,785)
心暖まって、最後ほろり。主人公の子象が良い子です。
thanks機能は会員のみ
2015/10/03 By aykmaru (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:1,700)
ええ話や。ほんとArnold Lobelさんの本はいいなぁ。絵もとてもいい。
thanks機能は会員のみ
2015/09/04 By まゆ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:0)
優しいけどなんだか悲しい
thanks機能は会員のみ
2015/07/24 By Hide (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
最後の章のUncle Elephantのセリフ「i was couting days」にジーンとしました。
thanks機能は会員のみ
2015/06/24 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,785)
This is a story about an elephant boy whose parents were missing lives with his Uncle Elephant for a while. This nice uncle tries to comfort his nephew by going for a walk together, telling stories or doing funny things. Both Uncle Elephant and an elephant boy are cute. It's a nice story, but not much to see though.
thanks機能は会員のみ
2015/06/19 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.5 / 語数:1,785)
ほのぼのとして切ないお話です。
thanks機能は会員のみ
2015/06/04 By のりりん (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.5 / 語数:1,785)
以外とわからない単語があった。
中盤はだれたが、ラストはぐっときた
thanks機能は会員のみ
2015/06/01 By 空猫 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:1,785)
おじさんには寂しい子どもの気持ちがよく分かるのです。
thanks機能は会員のみ
2015/03/21 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
再読。
象のおじさんと過ごす甥っ子の子象。
悲しい始まりから優しい日々。
おじさんがドアを開けてから閉めるまでのお話。
改めて読んでおじさん象の優しさが染みた。
thanks機能は会員のみ
2015/01/01 By weeny (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,785)
新年の1冊目。新幹線のなかでほのぼのと読みました。

Lobel最高! Uncle Elephantが現在、ナンバー1かもしれないです。
Small Pigと迷います。(i can read以外だと好きなのがまだありますが)

持ち運びにも便利なので、i can read シリーズをもっと買うことにしました。
thanks機能は会員のみ
2014/09/18 By しょう121212 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
ICR2。ラストのおじさんとのやり取りは、ほろりときました。
thanks機能は会員のみ
2014/08/10 By annmi* (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.1 / 語数:1,785)
あったかくて切ないです。
このuncle、本当すてきな像さんです!
thanks機能は会員のみ
2014/07/15 By ぞう (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:1,785)
とっても優しい物語で、あたたかい気持ちになりました。
thanks機能は会員のみ
2014/06/28 By NANA@英語多読家 (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,785)
ステキな作品ですね!でも、なんだかとてもせつない気持ちになるラストでした。
thanks機能は会員のみ
2014/06/06 By weeny (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,785)
Uncle Elephantの暖かい心使い。楽しくハッピーな時を過ごす僕。
章のタイトルからラストは予想がついたのですが、最後のページで涙がじんわり。
素敵なおじさん象に、素敵なお話し。Lobelは凄いです。

久々のLobel3冊、あっという間に読み終わりました。また会いたい!!
結局全部揃えてしまいそうです。
thanks機能は会員のみ
2014/05/08 By KR (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,758)
おじさんのやさしさが温かいです。frog and toadとは違うおもしろさがあります。
thanks機能は会員のみ
2014/05/07 By 空色 (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:1,791)
おじさんと同居することになった小象の話。ふたりのやりとりが心温まる。ラストがハッピーエンドなのにちょっと切ない。
thanks機能は会員のみ
2013/12/05 By yuki5 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,700)
一生懸命に可哀想な小象を笑わせようとするおじさんにジーンとしました。
thanks機能は会員のみ
2013/10/16 By じじり (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
ラストがジーンとしました。
まだ解らない単語がぼちぼちあったので、
力を付けて再度読むつもりです。
そうでなくとも、何回でも読み返したい本です。
thanks機能は会員のみ
2013/10/01 By new_be (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,823)
"Uncle Elephant Opens the Door"から始まり"Uncle Elephant Closes the Door"で終わる連作短編集。9話収録。
突然独りぼっちになってしまった子象の「僕」。そこにUncle Elephantが迎えにやって来た。そして「僕」はUncle Elephantの家で一緒にやさしい時を過ごす。
ごく短くて、とてもあたたかい話ばかり。最終話のUncle Elephantの言葉に一瞬切なくなる。読むと優しい気持ちになれる一冊。
thanks機能は会員のみ
2013/09/30 By keight (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,700)
読み終わった後、やさしい気持ちにさせてくれます。
ところどころわからない単語が出てきました。
thanks機能は会員のみ
2013/08/20 By ヲチ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.5 / 語数:1,805)
 風邪を引いてお父さんとお母さんと一緒の船に乗れずに、'僕'は一人でお留守番。その日、嵐が来てお父さんとお母さんは帰って来なかった。そしたら’おじさんゾウ’が僕を迎えにきた。「おじさんにはいっぱいシワがあるね」

 不覚にもジーンと来てしまいました。可愛いだけじゃなく、心温まる作品です。 短編集である"Frog and Toad"シリーズよりも、こちらは一冊通して話が一貫してるので読み易いと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/08/19 By santana01 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
両親が航海の途中で嵐にあい、行方不明になってしまった。家に取り残された僕は一人ぼっち。そんなある日、おじさんが僕を迎えに来てくれた。そうして二人だけの新しい生活が始まった。
何気ないおじさんの寄り添うような優しさと気遣いがじんわりと心に染み入るようなお話です。
thanks機能は会員のみ
2013/08/07 By rachel (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
冒頭とラスト、何だか切なくなってしまいました。寂しさの捉え方が、日本と作者の国とでは違うのかなぁなどと思ってしまいました。単語は私にとっては結構難しかったです。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/07/02 By あるるかん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.5 / 語数:1,785)
ラストにジーンときた。
でも、解らない単語もでてきたので、また力をつけてから読み直したい。
thanks機能は会員のみ
2013/05/18 By tomomi (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,700)
ドアが開きストーリーが始まる。心にすっと入ってくる。
thanks機能は会員のみ
2013/05/18 By bardice (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:1,785)
Uncle Elephantと過ごした日々は平凡だったけれど、とてもかけがえのないものだった。
単語は結構難しくて分からないところが随所であった。
thanks機能は会員のみ
2013/03/12 By たいふ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,785)
Uncle Elephantが優しいおじさんって感じで好き。じわじわきて泣きそうになる。
thanks機能は会員のみ
2013/02/21 By ながなめこ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.5 / 語数:1,800)
けっこう分からない単語が多かった。侮れない。
thanks機能は会員のみ
2013/01/13 By Rebecca (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
9つの小編からなるストーリー。最初から淡々と、Uncle Elephant との出来事が描かれています。
一体次はどうなっていくんだろう?と思って読んでいたら・・最後「Uncle Elephant Closes the Door」で泣きそうになりました。Uncle Elephant のやさしい気遣いが随所に表れていて、大人だからこそ気付けるこのストーリーのよさがある気がします。
本当に、おススメの一冊です。
Rebeccaより はぐれメタルより thanks機能は会員のみ
2012/12/16 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,823)
今回は象が主人公。
おじさんがドアを開けてから閉めるまでのお話。
ふわふわした話かと思ったら、冒頭で衝撃をうけた。
おじさんとの穏やかな日々。

また読み返したい。
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/12/09 By Clare (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.0 / 語数:1,823)
お話の大半はほのぼのとしていたのに最後は切なく、じ~んとくる絵本でした。
thanks機能は会員のみ
2012/11/19 By 毛糸 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:1,785)
Frog and Toadシリーズの作者と同じ方と知ったので、とても期待して読みました。
結果は期待以上。
読んだ後は、どこか切なく、しかし心温まる感覚がしました。

ぜひ読んでいただきたいと思います。
かほるより thanks機能は会員のみ
2012/10/31 By j138 (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,700)
みなさんの評判が良かったので読みました。
心温まる話だと思いました。
thanks機能は会員のみ
2012/10/20 By mochacute (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
ちょっと切なく、でもやさしい気持ちになる本。
もう一度読みたい本です。
thanks機能は会員のみ
2012/06/18 By てくてく歩く青い鳥 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:1,700)
間違いないです!! 
「多読ってどうなの~」と思いながら始めたひとがいたら、
一番に紹介したい本です。
thanks機能は会員のみ
2012/03/14 By runneco (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,805)
Frog and Toadシリーズの作者の絵本です。
こころ温まる物語でした。
thanks機能は会員のみ
2012/02/14 By mari46 (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.0 / 語数:1,805)
多読復帰一本目。
なかなか切ないお話でした。
いきなり両親の行方不明から話がはじまるのが凄い。
thanks機能は会員のみ
2011/10/09 By tenteco (評価:-- / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
アーノルド・ローベルの絵本はFrog and Toadシリーズでズキューンと心を射抜かれたので、別の絵本も読んでみようと手に取りました。
結果、読んでみて大当たり。大きくて優しく包みこむようなおじさんの愛情にじんわり暖かい気持ちになりました。
大切な人に読み聞かせをしたり、一緒に読んで共有したい絵本です。
thanks機能は会員のみ
2011/10/02 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,805)
おじさんの包み込むような優しさにうっとりしました。
一度読んでジ~ンときて、
二度目は声に出して読んでみました。
声に出して読むとさらに感極まってしまい・・・

おじさんと甥って、ほどよい距離感でいい関係が築けるんだなぁ
と(わたくしごとですが)改めて再認識しました。

まさに、何度でも読みたい本です!!
j138より thanks機能は会員のみ
2011/09/28 By sacco (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:1,773)
素晴らしい作品だと思います。

おじさんとぼくのほのぼのとした生活に癒されつつ、
いつか終わるのではないかという儚い予感を感じつつ、
物語の世界に入り込んでしまいました。

最後におじさんが伝えた言葉に、なんだかホロリときました。
LRの中では一番好きです!
thanks機能は会員のみ
2011/05/24 By 美桜 (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,823)
自信を持ってお奨めできる作品。
文句なしの☆5です。

おじさんが死んでしまうと思って、ハラハラしながら読んでました。
でも、”ぼく”にとって1番いい形になったのかな。
これからも仲のよいおじさんと甥っ子でいて欲しいです。

すごく素敵なお話なのでまた読みたいです。
その時の自分の気持ち・状況によって、
読む度に違う感じ方が出来る作品だと思います。
j138より thanks機能は会員のみ
2011/03/26 By flocon (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,700)
これはすごい。
ほのぼのしながら、すこし切なくなりながら、
読み終えるのが惜しいような気持ちでよみました。

すごくすてきです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ