多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Mouse Soup (I Can Read Level 2)
著者: Lobel, Arnold(著) Lobel, Arnold(イラスト)
販売元: HarperCollins
発売日: 1983年09月27日
種別: ペーパーバック
価格: ¥591
在庫: 在庫あり。
ページ数: 64ページ
Mice, Hamsters, Guinea Pigs & Squirrels: 10位
Classics: 40位

多読国民のレビュー

全件169 人読んだ165 人読書中0 人興味4 人積読0 人
コメントなしも表示する
2020/01/29 By Nachipero (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
イタチにスープにされそうになったネズミが、騙して逃げるお話。お話をスープに入れるってすごい発想。
thanks機能は会員のみ
2019/11/07 By まーまま (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
スープに話を入れましょう。
thanks機能は会員のみ
2019/08/12 By Kyoko (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
ほのぼのです。
thanks機能は会員のみ
2019/07/13 By すもも (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:1.5 / 語数:1,339)
ハードカバー。
thanks機能は会員のみ
2019/04/28 By soyoko555 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,345)
日本語でも繰り返し読み聞かせした本。独特な間が好き。
thanks機能は会員のみ
2019/04/03 By 大葉かむ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
面白い話ですが、お話をスープに入れると言ったときに意味が分からず、
storyに別の意味があるのかと凄い調べてしまいました…(●´ω`●)
thanks機能は会員のみ
2018/08/05 By YoYo (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:0.8 / 語数:1,339)
こんなに少ない語数で、智慧者のねずみのお話が四つも!
thanks機能は会員のみ
2018/06/04 By megmeg (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.0 / 語数:1,339)
かしこいネズミとおばかさんのイタチのお話。ネズミがする4つのお話がどれもよいです。
thanks機能は会員のみ
2018/03/23 By dack-san (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
絵を見てもイタチとわからず考えてしまった。ネズミの話にはイタチがつきものみたいですね。
thanks機能は会員のみ
2017/08/24 By PUNI. (評価:5点 / ジャンル:AN / YL:1.0 / 語数:1,339)
とにかく可愛い。
thanks機能は会員のみ
2017/01/25 By れいに12 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.0 / 語数:1,350)
可愛らしい童話
thanks機能は会員のみ
2017/01/05 By チビBubo (評価:-- / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:1,339)
Two Large Stoneが一番好き。
thanks機能は会員のみ
2016/12/30 By 六花 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:1,339)
童話にありそうな話。読みやすくて面白い。
thanks機能は会員のみ
2016/09/21 By まねきねこ (評価:-- / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
mouseとweasel
thanks機能は会員のみ
2016/05/19 By timitti (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
名前はないけど頭のいいネズミの話です。ほのぼのしました。
thanks機能は会員のみ
2016/05/10 By Lamb Chop (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
Arnold Lobel最高。
ちょっとした空き時間に読めてほっこりします。
thanks機能は会員のみ
2016/04/22 By falcon (評価:-- / ジャンル:NO / YL:1.3 / 語数:1,339)
ネズミがかわいい
thanks機能は会員のみ
2016/03/18 By 栗淳 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
多読4冊目。いたちにつかまったねずみが逃げるために4つお話をします。どれも捻りがきいてて面白かった。あんんな意味の深い話を知っているねずみ君はいったい・・・。彼の読んでいた本の内容なのかな?その本が読んでいたいw
thanks機能は会員のみ
2016/02/24 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
イタチに捕まってスープにされそうになったネズミは、『スープにはお話を入れた方が美味しくなる』と言って、4つのお話をします。
1. Bees And The Mud
2. Two Large Stones
3. The Crickets
4. The Thorn Bush
thanks機能は会員のみ
2016/02/21 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,339)
I loved the very last page. It shows how much he cared more seriously to finish that book than to bewail his adverse fate. 
The mouse got carried away when he was reading a book until he was caught by the weasel,  and he never forgot to bring his book back home when he run away from the weasel's house. He's such a bookworm!

BTW I just wondered how could the mouse be so sure that the weasel would believe him and go fetch those "ingredients" to make mouse soup tastier, and he would "probably" leave the door open when he goes out so that he could run away? 
thanks機能は会員のみ
2016/02/21 By 仔猫伝説 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
ほのぼのする。
短編が何個か入っている感じ。
簡単に読めるし、何度も読みたくなる。
仔猫伝説より thanks機能は会員のみ
2016/02/13 By chizuru (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:1,339)
スープポットの中のネズミがかわいい! 二つ目の石のお話は、本当に深くて少し怖いくらいだった。悠久の自然を前にしたら、人間が作りだす栄華なんてほんの一瞬のことにすぎない。こんなに小さなお話の中に、こんなに深い印象を残せるArnold Lobel。すごいです。
thanks機能は会員のみ
2016/01/07 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,339)
音読練習のための再読。やっぱり2つ目のおはなしがいい。なんてことなくて、意味が深い。私たちは人間でいるとき、100年という単位で物事を考えることはほとんどないが、石の目線になってみると、人間の欲なんてちっぽけなことなんだな、って。
chizuruより thanks機能は会員のみ
2016/01/01 By aykmaru (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
Arnold Lobelが好きなので。最後でほっこり。きっとこの人も家でのんびり本読むひと時が幸せと感じる人なんだろうなぁ。
thanks機能は会員のみ
2015/12/14 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
絵本は動物とか昆虫の名前を楽に覚えられるし、単語も易しいので、多読初心者にぴったり。
絵が可愛くて好きです。
thanks機能は会員のみ
2015/12/11 By URANUS (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:1,339)
再読です。
Frog and Toad が良かったので Arnold Lobel の他の本も読みました。
thanks機能は会員のみ
2015/11/10 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
4つの素材を探しに行かせて,その隙に急いで逃げ出すのかと思いきや,こっそり見学している mouse くん。余裕ですな。
thanks機能は会員のみ
2015/11/05 By とし (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
ねずみの賢さがほのぼの描かれていて、かわいらしい本です。図書館で何度も借りてます。
thanks機能は会員のみ
2015/10/24 By まるミック (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
ねずみがweasel(いたち)に捕えられて、スープにされそうになるけど、
美味しくなるようにと4つのお話(蜂、石、こおろぎ、棘のある枝)をして、まんまと逃げきるお話。
中でも石のお話が印象深かったです。
thanks機能は会員のみ
2015/08/12 By ノブ (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
読みやすいし、絵がかわいいからおすすめです
thanks機能は会員のみ
2015/07/22 By Hide (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
やさしい英語でとても読みやすい作品です。
ほぼページ毎にある挿し絵も可愛いし、それだけ見てても楽しいかも。
thanks機能は会員のみ
2015/06/24 By Miki (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.3 / 語数:1,339)
A clever mouse tries to escape from the hungry weasel who wants make a mouse soup, by telling four stories. I like the story of two stones. I thought it was kind of philosophical, as if it told about the men's prosperity and decline. The last page is witty too. It's a shame that the pictures of weasel stung by bees are little gross, which ruins this book! That's the only part I dislike about this book.
thanks機能は会員のみ
2015/06/13 By challenge-tadoku (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
weaselに捕まってsoupにされそうなmouse。
美味しいsoupにするにはお話が必要と、4つの小話を始めるmouse。
絵が可愛くて、文章も読みやすく面白かったです。
LOBELの他の作品も読んでみたいです。
thanks機能は会員のみ
2015/05/26 By 空猫 (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:1,339)
こういう話を読むと、主人公ネズミが賢くて助かってよかった、ではなく、罪もないイタチが騙されて酷い目にあった悲劇にみえる。
thanks機能は会員のみ
2015/03/26 By かほる (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,350)
再再読。
森で捕まってしまったネズミの話。
スープにされそうになり、美味しいスープを作るにはお話が必要と言ってお話を始めます。
四つのお話のなかでは薔薇の話が好きだな。
thanks機能は会員のみ
2015/01/05 By weeny (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:1.3 / 語数:1,339)
新年の3冊目はこちら。

Lobelの絵本の中では珍しく悪者が出てくるお話、そこがちょっとシビアでほのぼのさがそがれるので、他の本の方が好みです。こてんぱんにやっつけられるのがちょっと気の毒というかなんというか。

途中に出てくる小話はどれも面白く、特に2つの石の話はなかなか素敵です。
ビバ!Lobel!
thanks機能は会員のみ
2015/01/04 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:1.2 / 語数:1,339)
賢いネズミさんによる、スペシャルなスープを作るための連作集。
絵が可愛く好きで。
thanks機能は会員のみ
2014/11/04 By みゃう (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:1.4 / 語数:1,339)
shadowing 2 times
thanks機能は会員のみ
2014/10/28 By みゃう (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:1.4 / 語数:1,500)
shadowing 1time.
thanks機能は会員のみ
2014/09/01 By かほる (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,350)
再読。
スープにされそうになったネズミの表情がなんとも言えない。
スープを美味しくするにはお話が必要ですと言ってお話をはじめるネズミですが…
thanks機能は会員のみ
2014/07/28 By Robizm (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
子供向けの本では、間違いなくネズミは知恵者。
スープにされそうになったネズミは危機を脱するために…
thanks機能は会員のみ
2014/07/02 By weeny (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:1.3 / 語数:1,339)
文句なしの面白さ。今回はネズミのとんち話しとして、かなり楽しかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/06/06 By weeny (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:1.3 / 語数:1,339)
久々のLobel。ふんわりとしたイラストに、ネズミのおかしなトンチ話。4つの小話一つ一つがなにげに深い意味を持っているようで、哲学的な雰囲気が漂ってきて・・「ああ〜Lobelっぽいな〜」と浸って楽しかったです。

最後、少しだけイタチが気の毒な気持ちに。似た作品の『Mouse Tales』の方がかなり好みなのだけど、絵が素敵すぎて★3つはつけられないので★4つです。
thanks機能は会員のみ
2014/03/15 By ユウキ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:1,339)
絵が凄く可愛くて、思わず見入ってしまいます。
お話はシンプルだけどひねりがあり、良くできていると思いました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/31 By ヲチ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
 イタチに捕まってスープにされそうになったネズミが、「このスープにはストーリーが入ってないから美味しくない。四つストーリーを持ってるから話してあげる」といって四つの物語を語り始める話。
 最初が千一夜物語のパロディーぽかったので、イタチとネズミが結婚するんじゃないかと思って読んでたんですが、外れましたw 読みやすくて簡単なのでいいですね。★3か迷ったけど、締めが良かったので★4!
thanks機能は会員のみ
2013/10/15 By noripan105 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:1,339)
a weaselがちょっとかわいそうだけど、おもしろかった。

やさしい英語で読みやすいです。
thanks機能は会員のみ
2013/09/28 By keight (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,339)
I Can Read Bookシリーズ Level 2
構成も面白く、最後はどうなるのかなとワクワクしながら読み進めました。
ネズミくん、ナイス機転!
thanks機能は会員のみ
2013/08/07 By santana01 (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
ネズミのスープのして食べてしまうぞというイタチから逃れるために主人公のネズミが四っつのお話を始めるというのはどこか千夜一夜物語を彷彿とさせなくもないが、この読書好きのネズミがどうやって逃げるのかが気になって最後まで楽しく読める。
四っつのお話に共通するのは何が正しくて正しくないかは、見る側、思う側の立場によって常に変化することということ。そう思うと最後の馬鹿正直なイタチが少し哀れに思えてくる。
アーノルド・ローベルらしく子供向けにしてはひねりが効いています。
thanks機能は会員のみ
2013/07/10 By rachel (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:1,339)
イタチにスープにされそうになったねずみのお話。スープを美味しくするのがお話だってとこが、洒落ていますね。
thanks機能は会員のみ
2013/06/20 By Alice (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:1,339)
なんとなく予想はしていましたが、このネズミは頭がいいですね。
thanks機能は会員のみ
2013/05/25 By bardice (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:1,339)
食べられそうなネズミのお話
thanks機能は会員のみ
2013/04/28 By かほる (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,350)
イタチにつかまったネズミ。
いまにも食べられそうなときに知恵を働かせる。
絵がすごくかわいい。
thanks機能は会員のみ
2013/02/12 By まるりん (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:1.4 / 語数:1,339)
スープにされて食べられそうになったねずみが機転をきかせてイタチから逃げ出すお話。
難しい単語もなく読みやすかった。
thanks機能は会員のみ
2013/01/26 By Rebecca (評価:4点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,339)
短いストーリーの中に、さらに4つのストーリーが入っています。
ラストへのつながりを想像していなかったので、ネズミくんの知恵と賢さには脱帽!
「Two Large Stones」は、どの角度から世界を観るか・・なかなか深いテーマだなと思わされました。
「Mouse Tales」も買ってあるので、早く読みたくなりました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/31 By ねむりねこ (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.2 / 語数:1,339)
イタチに捕まりスープにされそうになるネズミが、頭を使って危機を逃れる昔話風なお話。ネズミの世界も一歩外に出ると、危険が一杯。かといって腹ペコイタチも可哀想だが。
作者Arnold Lobelの挿絵が目次から可愛い。
thanks機能は会員のみ
2012/12/24 By himawari (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:1,352)
This mouse is clever.
thanks機能は会員のみ
2011/09/03 By まな (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:1.4 / 語数:1,339)
イタチにつかまってスープにされそうになったねずみが語りだすショートストーリー。
ショートストーリーも面白いですが、ねずみの機転の利かせ方も中々。
読みやすいのでオススメです。
thanks機能は会員のみ
2011/05/06 By flocon (評価:3点 / ジャンル:AN / YL:1.4 / 語数:1,350)
Mouse Tales につづくねずみの小咄第二弾。
お話が語られる状況設定というか、
枠設定はこちらのほうがおもしろかったです。

でも、お話自体はMouse Tales のほうがちょっと突飛で
おもしろかったかな。
ただしこちらのお話は、最後の展開につながっていく
おもしろみがあります。

ソファからいっぱいに生えるバラの絵が素敵でした。
このシリーズは、
パステルをぼかしたような独特の色合いが気に入っています。
色彩ゆたかなんだけれど、全体があかるいグレーがかっていて、
独特の風合いが素敵です。
Rebeccaより santana01より thanks機能は会員のみ
2011/03/27 By Lurie (評価:-- / ジャンル:EA / YL:1.4 / 語数:1,339)
Mouse Soup 『おはなしばんざい』
YL:1.2-1.6
thanks機能は会員のみ
2009/02/11 By roco (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:1,399)
これはおもしろい!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ