多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Sons of Destiny (The Saga of Darren Shan)
著者: Shan, Darren(著)
販売元: HarperCollins
発売日: 2004年10月04日
種別: ペーパーバック
価格: ¥1,372
在庫: 在庫あり。
ページ数: 208ページ
Horror: 3947位
Science Fiction: 996位
Spine-Chilling Horror: 560位
シリーズ:Darren Shan(vol.12)

多読国民のレビュー

全件34 人読んだ29 人読書中2 人興味1 人積読2 人
コメントなしも表示する
2019/05/06 By しなしょう (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:47,000)
題名どおりの展開でした。
Mr.Tinyが絡むとなんでもありな展開で少々反則気味。
(この物語に限らず時間軸をいじると想定外の矛盾が生まれると思う。)
とはいえ12巻を通して、すべての人物出来事に意味があったんだと、唸るラストでした。
その後の生き残った人々との描写がほとんどなく、特に元恋人との絡みがもう少しあれば良かったと思う。
最後はダレン・シャンが運命に導かれるままに
物語を収束させるのですが、心地よい懐かしさと喪失感とが残りました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/31 By ゆきゆき (評価:-- / ジャンル:NO / YL:5.3 / 語数:47,000)
you 
thanks機能は会員のみ
2015/07/26 By yuchesc (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.4 / 語数:47,000)
前の巻までSteveが憎すぎて爆発しそうでしたが、まさかこんな感じになるとはーーーっ!!!という感じでかなりスッキリして終わりました。全巻読破をオススメします!
thanks機能は会員のみ
2015/01/22 By ヨツキ (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.4 / 語数:47,000)
ついにきました、Darren Shan シリーズ最終巻。

Steve とのスピード感のあるラストバトル。これまでの自分の行動に対する苦悩。
そして最後にはMr.Tiny を出し抜くための、Darren Shan らしい相手の裏をかく作戦。
ここまで話が壮大になってしまい心配でしたが、しっかりと綺麗に幕を閉じてくれました。

シリーズを振り返ってみると、Mr.Crepsley を始め魅力的なキャラクターが多かったと感じます。
その魅力的なキャラクター達をあっさりと殺してくれるので辛かった部分もありますが・・・
終わってしまうのが少し寂しいくらいですが、この作品を原書で読めて良かったなと思いました。
thanks機能は会員のみ
2014/10/24 By ヨッシー (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:45,876)
ヤッター!やっと全巻読み終わった。めちゃくちゃ達成感がある。長かったよ~ でも、ちょっと自信がついたかな。
thanks機能は会員のみ
2014/05/07 By ユウキ (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:45,876)
とうとう最終巻。
最後の最後でぼろぼろ泣きました。
多読を始めてから初めて、漫画とかアニメに夢中になるように夢中で、寝ても覚めてもダレン・シャンという感じで読んだシリーズだったので、終わってしばらく呆然自失。
綺麗に破綻なく終わっていて、最後まで緊張感を失わない良いラストだったと思います。
蜘蛛とか吸血鬼とか、最初は全然気が進まなかったんですが、ハードな事件と、その中で感じられるキャラクターの魅力、圧倒的なストーリーテリングの力に引っ張られて、途中からは本当にハマりました。
私のように表紙やイメージに魅力を感じず未読の方がいらっしゃったら、ぜひおすすめしたいです。
thanks機能は会員のみ
2012/12/09 By hotate (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:5.5 / 語数:47,000)
Darren Shan シリーズ読み終わりました!面白かった!日本語で既読している本でしたが、英語で読むとまた違った味わいがありました。やはり好きな本は原語で読めると嬉しいです。読んでいて、今まで学習してきたフレーズなどにたくさん出会い、やはり多読はいいなと思いました。
ranより thanks機能は会員のみ
2012/05/20 By lzynitedrer (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.5 / 語数:47,000)
ダレンシャンシリーズの最終巻は本当に良かったです。
予想もしない結末に感動です。

良いシリーズに巡り会えて楽しく多読を続けられ、どんどん語数が増えて行きました。
シリーズ物の効果ってすごいです。
ranより シャールより thanks機能は会員のみ
2012/05/02 By シャール (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.5 / 語数:46,453)
12巻続いたシリーズもとうとう終わってしまいました。

多読王国でこの作品に出会えた事に感謝します。この作品と出会えていなければ多読というものが習慣になることはなかったでしょう。
英語でかかれていても、面白い作品は素直に楽しめるものなのですね。

私もまだまだ多読を始めたばかりですが、多読をはじめようと思っている人には是非このシリーズをおすすめしたいですね。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/09/06 By muramasa (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.5 / 語数:47,000)
とうとうダレンシャンシリーズを読破しました。

1巻を読んだのは2004年位でした。その後、英語をさぼってて、2巻を読み出したのは2010年の3月から(^^;)毎月1冊程度のペースで読んでいました。

最終巻はとにかく展開がスピーディーでした。中だるみがないかわりに、ひとつひとつのセリフが重要になってきます。そのため、辞書をかなり活用して内容の理解に努めました。

ストーリーの詳細は言えませんが、最終巻は今まで読んできてよかったと思える内容です。1,2巻の頃は生意気でガキっぽかったダレンが段々成長していく様を是非とも未読のタドキストの方には読んでもらいたいと思いました。
Kzy1458より floconより Kenblishより ranより thanks機能は会員のみ
2005/03/11 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.5 / 語数:47,000)
Tinyの子???
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ