多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

BIG FAT CAT と雪の夜 (BFC BOOKS)
販売元: 幻冬舎
発売日: 2004-12-10
種別: 単行本
価格: ¥ 1,028円 [定価:]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 107ページ
売り上げランキング: 127477位
シリーズ:Big Fat Cat (BFC BOOKS)(vol.7)

多読国民のレビュー

全件141 人読んだ123 人読書中2 人興味10 人積読6 人
コメントなしも表示する
2017/05/25 By skydy2009 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:8,700)
面白かった。最後の終わり方が良かった。






BIG FAT CAT と雪の夜
thanks機能は会員のみ
2017/05/05 By ごろく (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:0.0 / 語数:9,200)
このシリーズは非常に好きなのですが、今回のEdやJeremyの行動には共感できず、楽しめなかった。
シリーズの最後がこのような形で残念。
thanks機能は会員のみ
2017/04/05 By gingin (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
ホントにおもしろかった
毎回早く次が読みたくなる文章
しかも中学程度の英語力でワクワクさせてくれるのは、あっぱれです
そしてCATが私の期待を裏切らない
また再読しまーす
thanks機能は会員のみ
2017/02/27 By ciel (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.6 / 語数:9,200)
BFC最終巻。後半は涙涙でした。
洋書初心者としては、シリーズを読みきれるのか半信半疑でしたが、わからないところがありながらも読み通すことができました。『読み飛ばしても構わない』ということを知ったことで、洋書を読むことに対しての意識が変わったことは大きかったです。多読の最初にBFCシリーズを選んで本当に良かったと思います。
cielより thanks機能は会員のみ
2016/10/06 By ゆうほ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
最後の方、Wilyの幻影のようなものが現れ、猫にも再会できてよかったと思う。
thanks機能は会員のみ
2016/09/24 By 多読うさぎ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
BFCシリーズの最終巻。
太っちょネコがいよいよ話の中心に。

読んでよかったと思える、心暖まる話でした。

大事なものは、いつも自分の側にあるのですね(^_^)
thanks機能は会員のみ
2016/08/25 By まねきねこ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
多読入門に最適のシリーズだった。英文に徐々に慣れていき、ストーリーに夢中になっていった。多くの人が推す理由がわかる。
thanks機能は会員のみ
2016/08/18 By とみー (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
このシリーズのおかげで英語の苦手意識がなくなり、むしろ英語が好きになったと言っても過言ではありません。
登場人物全てが魅力的で大好きです。
折を見てまた読み返したいと思います。
thanks機能は会員のみ
2016/07/31 By スバル (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.0 / 語数:9,200)
ジェレミーがツンデレ過ぎてカッコ良かった。Big Fat Catの名前がどうなったのか気になる。ジェレミーの父親の結末は?ゴーストアベニューはどうなるの?など、気になる事もたくさんある。後日談が読みたい。英語で書かれているにも関わらず、どんどん読むことが出来た。 おまけの話も面白かった。もう一度読み直す!
thanks機能は会員のみ
2016/06/14 By timitti (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
big rat catの完結編。6が最後だと思っていたところ、この本を見つけて慌てて読みました(笑)。このシリーズはハラハラドキドキしたり、心が温まる話が多くてとても好きです。
thanks機能は会員のみ
2016/04/24 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
図書館になかったので3-6巻を読んでないので感動は少ないが、それでもそれまでのあらすじを読んで読むことができました。機会があれば他も読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2016/02/05 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:9,200)
Big Fat Cat(BFC)シリーズの第7弾。

雪の夜に、奇跡は起きる。百年に一度の大雪がエヴァーヴィルを襲った夜、猫はエドの元から姿を消した。全ての思いを呑み込んで、今、雪が世界を覆ってゆく。感動の最終回。
thanks機能は会員のみ
2015/08/27 By うるの (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
シリーズ最終話。
とてもおもしろくて、心が温まるお話でした。
英語の勉強としてはもちろん、普通に本として読むにもおすすめのストーリーです。
thanks機能は会員のみ
2015/07/26 By ノブ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.3 / 語数:9,200)
最終回良かったです。
再読したい本ですね。
みんなが読んでいるだけのことはあります。
thanks機能は会員のみ
2015/07/21 By ろぐすけ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:9,200)
全体の5%しか内容が分からず、苦痛でした。すごくもったいない気がしています。
もう少し多読してから再チャレンジしようと思いました。
thanks機能は会員のみ
2015/07/10 By ちいせん (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
最後まで一気に読ませてしまうストーリーの面白さは脱帽です。もうすこし英語力があがれば、細かいところもわかるんだろうけど、それでも面白い!
thanks機能は会員のみ
2014/08/19 By まっさん (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:9,200)
シリーズ最終話。
シリーズ全部で約4万語。話は間違いなく面白いが、7冊の値段を考えると、やっぱりコスパは高いと思う。
英語にどうしても苦手意識がある人が洋書の初めに読むのならいいが、
ある程度勉強している人がこのシリーズを買い始めるのはオススメできない。
こんなことを言っていてなんですが、面白かったです。
thanks機能は会員のみ
2014/05/16 By shinon (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
全巻2回ずつ読み終えました。
最初にこのシリーズを読んで良かったです。とても楽しく読めました。
サイドストーリーの散髪屋さんやBBも本編にちゃんと繋がっています。こういう物語は大好きです!
thanks機能は会員のみ
2014/04/18 By よっしーのケーキ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
BFCシリーズ最終話、とうとう全部読み終えました。
私自身は、話の流れは理解できたと思っていたのですが、皆さんのコメントを読んでみると、伏線やキーパーソンまでは、わかっていないと感じました。
物語は、この先どうなるのかとどんどん引き込まれるもので、最後まで読み飽きるということはありませんでした。
今後の再読で精読し、内容をもっと詳しく理解したいと思えます。
thanks機能は会員のみ
2013/10/03 By santana01 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
不器用なパイ職人エドとデブ猫との二人三脚の旅がようやく終わった。英語で長い物語を読む楽しさを教えてくれたことに感謝しつつ、静かに本を閉じよう。「サヨナラだけが人生だ」と井伏鱒二は書いたけれど、同じ数の出会いも存在するのだから。次なる新たな旅がもう始まっている。
しかし、散髪屋のおやじが別な意味でキーパーソンだったとは、人生は不思議なものである(笑)。
thanks機能は会員のみ
2013/09/30 By Marsa135 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:9,200)
一気に駆け抜けたbig Fat cat シリーズ。最後になってしまったのは寂しいです。
図書館へ返却しないといけませんが、また機会あったらもう一度借りて読もうとおもいます。
thanks機能は会員のみ
2013/09/19 By keight (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
BIC FAT CATシリーズ第七弾。
あぁ、ついに完結してしまいました。
読み終えたくなくて、暫くあたためておりました。
これまでCATの登場シーンはいつも笑ってばかりいましたが、
今回はキュンとしました。
これから先どんなに沢山の本を読んでいっても、時々BFCを読み返す事になると思います。
英語をやる気にさせてくれた大切なシリーズです。
この本に出会えてよかったです。いつも手元に置いておきます。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/07/13 By tomo (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
ついにシリーズが終わってしまいました。
最初はルビがふってあるのにちょっと抵抗がありましたが、だんだんルビも少なくなり、話もどんどん面白くなってきたので、これで最後かと思うとちょっとさみしい気がします。
またいつか最初から通しで読んでみたいな、と思う本です。
thanks機能は会員のみ
2013/04/11 By ぐー (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:9,200)
シリーズ最終巻。
thanks機能は会員のみ
2013/02/07 By rachel (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.4 / 語数:9,200)
最後まで読み切れた!という達成感でいっぱいです。
本はやはり魅力的なキャラクターとストーリーが一番大切で、言葉は二の次だなと実感しました。
エドとBig Fat Cat、そしてゴーストの面々、それからジャレミーと父親の関係が今後がどうなるのか?
何もはっきりとは示されないまま終わってしまいましたが、そこがまた良いところなんだと思います。
でももうエド達に会えないの方思うと、寂しいです。
全巻揃えてから読むことをお薦めします。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/01/22 By Bucky (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
あぁ、良いね、この終わり方。「Big fat cat」らしさ満載。
辛過ぎも幸せ過ぎもない。しかし、確実に幸せな方向に歩き始めた感じ。この先、数ある道のどれを選ぶのか、その道を選んだらどうなるのかをついつい妄想しちゃう。(可能性として、パイを焼く場所が、3つ以上あるわけですし)
うーん、これこそ、物語の楽しみ方ってもんだね!

俺は、エドの事を「優しすぎて損をするタイプ」だと思っていた。しかし、本人はそんな事を絶対に考えていない。だって、このエド凄く幸せそうですしね(^_^)/
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/10/18 By YouGun (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
みんなのその後が気になる終わり方だった。

巻末のショートストーリーの一番最後、Goodmanの話を読むと裏話が分かる。
thanks機能は会員のみ
2012/09/01 By Ayumi N (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
ついに完結!
でもこれからもEdとBFCの人生は続いていくのですね・・・
あれだけ不幸続きだったので、もうちょっと幸せになってもいいんじゃないかな?

Jeremy、最初は嫌なやつだと思っていたら、一番のお気に入りキャラになりました
iheijiより thanks機能は会員のみ
2012/08/22 By Takasi75 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:9,200)
英語学習を始めて7ヶ月くらい経過して読み出したシリーズでした。2012年に読んだ時は図書館で借りてきて読み、その後、全巻購入して3度読み直しました。自分の実力でも英語の本が読めるんだという事に感動できました。ストーリーもいいですし、本を読ませるための細かい配慮が隅々になされていて、何度読み返しても面白い本でした。イラストも細かく見ると、後から出てくるキャラクターがちゃんと書かれていたり。つくりの上手い、考えられた本です。細かい設定を見つけるのも楽しいですが、純粋にストーリーだけでも十分楽しめる本です。
thanks機能は会員のみ
2012/08/01 By リュウ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
BFCシリーズ7作目。

これで完結。
語数が多いので難しいかと思いましたが、
レベルはそんなに高くない印象。

今までのお話で曖昧だった部分が
どんどんつながっていきます。

同時に前作までで理解できなかったフレーズが
スッと入ってくるようになりました。
なのでレベルはあまり気になりません。

後半のショートストーリーも
楽に読めるし面白い。

7作あわせて40000語弱。
結構な語数でしたが、楽に読めるシリーズだと思います。

ちょっとした映画を見たような気になれる一冊(シリーズでした)。

thanks機能は会員のみ
2012/01/12 By yukako (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:9,200)
Jeremy、いいやつだな・・・。
本編とは関係ないけど、帯の3コマ漫画に笑ってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2012/01/01 By dreamdiver (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
内容が短く簡単なためすらすら読めました。
続編が読んでみたい。
thanks機能は会員のみ
2011/12/07 By 白昼夢 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
感動。最後の結末についてひとそれぞれ違う感じ方あるみたいですが私はよかった。
それからサイドストーリーもよかった。
サイドストーリー以外のお話も良かった。
英語の本に対しての垣根をさげてくれる素敵なシリーズ。一気に読めるからいまなら完結してるのでまとめて読むのをおすすめする。
thanks機能は会員のみ
2011/12/02 By かのん (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:9,200)
読み終わって、しばらく、動けませんでした。
EdとBFCのいる世界に、まだ、しばらく居続けたくて。

最後にEdがBFCに語りかける場面、泣きました。
一巻からのことが、全部思いだされて、ああ、そうだったんだ、と。EdにとってBFCはそういう存在だったんだ、と。

2,3冊目で、あまりの不幸感に、読むのをやめようかな、と思いました。
でも、先が気になって気になって……。
読み続けてよかった。
この本に出会えてよかった。
多読を始めてよかった。
………多読王国に、そして、書評を残してくださった皆さんに感謝です。

そして……やっぱりJeremy かっこよかった!!(笑)
thanks機能は会員のみ
2011/10/11 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
何度読んでも涙が出てしまいます。
60ページを過ぎたあたり、生死をさまようEdに
亡くなったWillyが語りかけます。
自分も死んでしまったか?まだ生きているのか???
自分の後悔を吐露するEdにWillyが投げかける言葉一言一言が温かく・・・
もう、涙無しでは読み進めらません。

多読を始めた頃、このシリーズを読み終えて本当に涙したこと
英語で涙が出るほど感動するなんて・・・・
色んな意味で感動できる本であると同時に
多読を続けるきっかけを作ってくれた本でもあるのです。
thanks機能は会員のみ
2011/09/10 By ごっち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
とうとう全巻読み終わった。

実はこのシリーズ、出るたびにほぼ発売日に買ってすべて初版で持っていた。
でも主人公に不幸ばかり訪れるので読み進めるのがいやになって放置して数年放置。

多読王国に登録して、この本の情報を見てごそごそと取り出してまた読んでみたけど結構よかった。
結末がハッピーエンドと思えるのかどうかは読んだ人によって違うと思うけど、
ひとつの考え方みたいなものを教えられた気がする。
てくてく歩く青い鳥より thanks機能は会員のみ
2011/08/18 By 美桜 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
私事ですが、多読を始めて50万語を超えました。
その記念すべき1冊に選んだお話はコレ Big Fat Cat 最終巻です。

個人的にはもっとハッピーなお話が好きですが、読み終えた今、感慨深い気持ちでいっぱいです。
こんなたくさんの量の英語を読めたこと、1つのシリーズを読破できた事、
英語を勉強していく上で大きな自信になりました。いろんな意味でBig Fat Catに感謝です。
thanks機能は会員のみ
2011/06/11 By mari46 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
ジェレミーのええ男っぷりに惚れた。
最終巻にきて、これまで中途半端のまま放り出されていた伏線がすべて回収されるので、読んでいてカタルシスがあります。
全巻読み通して初めて、ああなかなか良いシリーズだったのだな、とわかりました。
thanks機能は会員のみ
2011/02/12 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
この本の名前を本屋で見なかったら・・・
1巻がなくて普段ならばそんな時は購入はしないのに
2巻はあったので渋々購入したことに感謝。
結局、まだ1巻は読んでいないけれど、やっぱり読みたい。
そして全巻を一気に読むこともいいかもしれない。

決して初心者には易しい本ではなかったけれど・・・・
読める・わかる・感動するを与えてくれる本当に良書である。

きっと色んなことにつまづいて嫌になって辞めたくなるかも知れないけれど
やはり、この本を読めた時の感動を忘れない限りは続けられる気がする。
ranより thanks機能は会員のみ
2006/03/01 By ran (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:9,200)
BFCの最後を飾る作品!
物語りも終わりかと思うと寂しくなりますね。

英文は、より難しく長くなっています。
ただここまできた方は最後まで必ず読み通すことが出来ます。

感動の最終回。
是非物語の虜になってください。
自分にはそれぐらいしかいえませんわ、もう…

この回はもう解説部分はありません(3色辞典はあります)
その代わり、いろいろなタイプのショートストーリーを5つ用意してます。

もうここまで来たら、物語で意図を出すといった姿勢も素晴らしいです。

ここまで読みきった方、お疲れ様でした。
これからは素晴らしい物語はまだまだたくさんあります。
そういった本にたくさん巡り会えるようにと作者からのメッセージが伝わります。

今、このレビューを書いているときはBFCを読み直して書いているのですが
作者の最後のあとがき
「辛くなったとき振り返ってみてください、遥かかなたにひょろっとした青年と
 大きな太った猫の影がみえる。・・・」といった文言があります。

たしかに自分はこの本を読んだときから、かなり前に進んだ気がします。
でもこの本を読み返すことが出来て本当に幸せです。
この本に出合えて本当に良かった。改めて感じてしまいました。
ranより かのんより camelより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ