多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

ビッグ・ファット・キャットとフォーチュン・クッキー (BFC BOOKS)
販売元: 幻冬舎
発売日: 2004-07-01
種別: 単行本
価格: ¥ 1,028円 [定価:]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 103ページ
売り上げランキング: 71755位
シリーズ:Big Fat Cat (BFC BOOKS)(vol.6)

多読国民のレビュー

全件144 人読んだ133 人読書中1 人興味6 人積読5 人
コメントなしも表示する
2017/05/25 By skydy2009 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:6,954)
面白かった。
thanks機能は会員のみ
2017/03/22 By gingin (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:7,000)
いろんなことがあった1冊だった
終わりに近づいてるのが少し寂しい

それにしてもCATが絶妙のタイミングで出てくる
かわいくてかわいくて
thanks機能は会員のみ
2017/02/17 By ciel (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.6 / 語数:7,000)
不明な箇所があっても読みごたえは十分。まだ読み飛ばしたり、挿し絵に助けられながら読んでいるので、エドのスピーチやGhostAvenueに戻った後のくだりは、実力がつけばもっと意味深いものになるのかなと思います。

おまけページのおすすめ洋書は、洋書初心者にはとても参考になります。BFCシリーズが終わったら、基本の三冊に挑戦してみよう。
cielより thanks機能は会員のみ
2016/09/17 By ゆうほ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:7,000)
コンテストで賞をとれたことは良かった。でも、せっかくとったのに、ウィリーが死んでしまって残念だなと思う。
thanks機能は会員のみ
2016/09/10 By 多読うさぎ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:7,000)
Big Fat Catの意外な(!!)活躍ぶりがとても面白かったです。

人生のアップダウン。
つくづく大人向けの話だなあと感じました。

巻末付録の洋書ガイドも、とても参考になります。
thanks機能は会員のみ
2016/08/05 By とみー (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:7,000)
この巻のために今まで読んできた気がします。
最高です。
ジェレミーが子供たちから応援されるシーン、大好きです。
登場人物全員、大好きです。
thanks機能は会員のみ
2016/07/25 By スバル (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.8 / 語数:7,000)
初めてBig Fat Catが良いこと(?)をした 笑。 ビリー・ボブも少しは人間らしいところがあるのだと感心したし、ジェレミーも普通に良い人になってて最初の頃の印象とはだいぶ変わった。 とても悲しい展開だったので、早く続きを読みたい。 洋書の案内リストはとても良かった。BFCシリーズを読み終わったら必ず読む! 「A CAT's TALE」では、Big Fat Catは弱った猫を助けるためにあんな行動をしたのかと考えてしまった。
thanks機能は会員のみ
2016/04/21 By timitti (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:7,000)
すごく楽しくて1巻から6巻まで一気に読んでしまいました^^スリルやらドラマ、そして人間味があって引き込まれます。。
thanks機能は会員のみ
2016/02/04 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:7,000)
Big Fat Cat(BFC)シリーズの第6弾。

残り時間7分。焼き上がったパイは失敗作だった! 絶体絶命のピンチに追い込まれたエドの運命は? 
thanks機能は会員のみ
2015/12/28 By tomo55477 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:7,000)
王道な展開ですが、続きが気になってどんどん読めるお話です。
あと3日早く読んでたら、タイミングばっちりやったのに、惜しかった。
個人的には、Jeremyにも幸せになってほしいなあ、なんて思いました。

後半のおすすめ洋書ガイドも、洋書を読んだことない方には本当に役に立つと思います。
すでに読んで面白かったものもいっぱいありました。ので、私からもおすすめです(笑)
thanks機能は会員のみ
2015/08/18 By うるの (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:7,000)
シリーズ6作目。

本当に面白かったです。
早く最後が読みたい!!
thanks機能は会員のみ
2015/07/25 By ノブ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.3 / 語数:7,000)
そうなりましたか…
thanks機能は会員のみ
2015/07/08 By ちいせん (評価:5点 / ジャンル:NF / YL:2.5 / 語数:7,000)
細かい点がわからないところもあったが、面白くて一気に読める。
thanks機能は会員のみ
2015/07/06 By ろぐすけ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:7,000)
コンテストの結果がよく分からなかった。けど楽しめた。面白いなぁ。
thanks機能は会員のみ
2015/03/26 By iheiji (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:7,000)
再読して、BBが最後にいった台詞の意味がようやく分かりました。特に元Mr.Jonesのあたりとか。
thanks機能は会員のみ
2014/08/12 By まっさん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:7,000)
英語のレベルも上がっていて、文章の量も1巻よりもずっと楽しめる。

個人メモ
55分で読了→127words/1min
thanks機能は会員のみ
2014/04/12 By よっしーのケーキ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:7,000)
パイコンテストでは、意外な展開が。
それにもかかわらず、Ed には、また、悲しい現実が付きつけられます。
最後の7作目でどうなるのか、早く読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2014/02/25 By ヨツキ (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:7,000)
BFCシリーズ第6弾。前回の絶望的な状況から、チャンスを得て、Ed は更に深く自分と向き合います。
出番自体こそ少ないもののBig Fat Cat 大活躍!そしてJeremy と子供達には不覚にもウルッと来ました。

ベタで王道な展開の連発ですが、それを丁寧に描いてくれているので、物語にしっかり引き込まれました。
絵よりも文章が多くなった中で、突然ほぼ絵だけのページが入ると、すごく印象的な演出になってますね。

毎回不幸の連続で盛り上げてTo Be Continued で来たBFCも次がラスト。少し寂しいけど楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2013/09/29 By Marsa135 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:7,000)
Pie contst で起きたアクシデントをEdはばん回できるのか?!
catのページでわたしも大爆笑してしまいました。
次の話が最終回とは寂しいです。。。
thanks機能は会員のみ
2013/09/11 By keight (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
BIC FAT CATシリーズ第六弾。
CATがやってくれました。本領発揮です!
ページをめくって大爆笑しました。
初心者のための洋書ガイドもこれから選ぶ時の参考にしたいと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/09/06 By santana01 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
パイコンテストのプレゼンテーションで語られたエドの今の気持ち。たどたどしいながらも「何のためにパイを焼くのか?」という問いに自ら答えを出したエドとそれを気付かせてくれたゴーストアベニューの人々。本当のパイ職人としてのエドの旅立ちのような気がします。ラストの降り始めた雪がすべてを優しく包み込んでくれるような今回のお話でした。
残り一巻、開発計画が進むGhost Avenueと仲間たち、そしてエドとデブ猫がどうなってしまうのか気になるところです。
thanks機能は会員のみ
2013/06/24 By tomo (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
このシリーズもいよいよ佳境に入ってきました。
前回のラストでどうなっちゃうんだろうとドキドキして続きを読みましたが、そう来るか!と。
あと1冊で最後となるのが寂しくなります。
後半のオススメの本の紹介もとてもよかったので、これを参考に本を選んでみたいと思いました。
santana01より thanks機能は会員のみ
2013/02/06 By rachel (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.4 / 語数:7,000)
ようやくBig Fat Catが活躍しました!王道ストーリーではありますが、だからこそ胸を打ちます。
次がいよいよ最終巻。読むのが楽しみです。
後半の解説は、次に読むための児童書案内。自分に合った本が見つかりますよ。
thanks機能は会員のみ
2013/01/17 By Bucky (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
「想像を裏切る部分」と「想像通りな部分」が入り混じってて、楽しめました。
しかし、「想像通り(ベタな展開)」ってのは、「期待した展開」の一つでもある。
エドの選択とスピーチは、心打たれるものがあります。

人生って甘くないね。でも、甘すぎても、辛すぎても、同じ味が続くとそれが陳腐(標準)になってしまう。
色々な味のパイが食べられるってのは、幸せな事だね。
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/11/04 By めねたおたべ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
オーソドックスなもりあげ方なので、いい感じに話に乗ることができて、ものすごく速く読んでしまった。ちょっと感動をあおりすぎとも思うけど・・・英語だからいいというのもあるかも。巻末の児童書案内がありがたかった。
thanks機能は会員のみ
2012/10/09 By YouGun (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
いつも想像を裏切る展開になる。
ラスト1冊、早く読みたい。
thanks機能は会員のみ
2012/08/25 By Ayumi N (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:7,000)
思わぬ展開が続き、話に引き込まれました。
BFCが活躍する日がくるとは!(笑)

次巻でいよいよ最後ですが、今度はどんな試練がEdを待ち構えているのでしょうか?
初めは憎らしかったJeremyのことも気になります!
thanks機能は会員のみ
2012/08/20 By Takasi75 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:7,000)
いい物語というのは、先が気になって続きが早くよみたいけれど、終わってしまうのが残念に思われる本だと思う。あと1冊で終わるのか。と思うと、ラストまで読んだときに悲しくなった。
thanks機能は会員のみ
2012/07/30 By リュウ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.7 / 語数:7,000)
BFCシリーズ6作目。

語彙がもう一段階レベルが上がったような印象でした。

物語自体がすごくいい場面なので
表現力が必要なためなのかもしれません。

それぞれのキャラクターの見える"動き"より
心の動きを読み取りたいところです。

もう少し実力がついたらもう一度読み返してみたい一冊。
santana01より thanks機能は会員のみ
2012/01/10 By yukako (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
コンテスト、そう来たか・・・と思ったけど、もうちょっとのところで・・・。切ない。
thanks機能は会員のみ
2012/01/01 By dreamdiver (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
内容が短く簡単なためすらすら読めました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/06 By 白昼夢 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
コンテスト失敗かと思ったらのどんでんがえし、いい意味でちょっと想像外な展開でした。
さて解説のおすすめ洋書。非常に参考になりました。
thanks機能は会員のみ
2011/12/01 By かのん (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:7,000)
☆5個!正直、このシリーズで、自分が☆5個をつけるようになるとは、思ってませんでした(ゴメンナサイ)

なんで最初、あんなに好きになれなかったのかなあ……。
不幸なのが嫌いだからかな、とも思いましたが、今回のラストも、もう、せつなくて、悲しくて。
たぶんWillyは知ってたよ、とBeeJeesが言うあたりから、思わず、泣いてしまいました。
でも、2,3巻あたりのように、読んだあと、落ち込まないんですよね。
たぶん、Edがいろんなことを乗り越えた姿を見たので、悲しくても大丈夫、また立てるから、と思えるからかもしれません。

Georgeもとってもよかった。
もちろん、お気に入り、Jeremyも(笑)
やっぱり、Jeremy好きだ♪ ……でも、……そんなの間違えちゃだめよ(笑)

後ろの付録の、子猫のお話もおもしろいですね!
ていうか、子猫の時から、BFCはBFCだったんだーとシルエットを見て笑ってしまいました。
本編でも、今回はBFC、大活躍でしたね♪ページめくった途端、爆笑してしまった!

さあ、次、どうなるんだろう~。最終巻、楽しみです^^
thanks機能は会員のみ
2011/10/07 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
このシリーズ第6巻が一番手放せません。
コンテスト会場でEdが観客の前で話をするところ・・・
何度読んでも感動します。
本当にパイを作るのが好きでパイで人が幸せになれると思っているんですね。
心のこもったEdのパイを本当に食べてみたいと思ってしまいます。

そして多読入門書のようなこのシリーズはいよいよ
本格的に多読をするために親切に解説や洋書をセレクトしてくれています。
多読を進めて行く上で本当に参考になる1冊です。
thanks機能は会員のみ
2011/09/10 By ごっち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
コンテストの進行が主として描かれている。
前作で7分前なのにパイが失敗作とわかってどうするのかと思ってたら、
「こうきますかwww」的な展開で笑えた。
巻末のおすすめ洋書シリーズを見てちょっとおどろき。
私結構読んでたり積んでたり(←これはよくないけど(笑))してます。
結構いい路線走ってんだー(笑)。
thanks機能は会員のみ
2011/08/07 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
英語の文章も読みやすいし、ぐいぐい読めます。
物語に引き込まれて、どんどん読み進めますが。。。

個人的には作りものにはハッピーを求めるので、
エドへの試練が辛くて辛くて、途中で苦しくなって、毎回号泣してしまいます。
ココまで来たので、最後まで読むつもりですが正直つらいです。

ちゃんとハッピーエンドになるか、読んだ後どよーんとして気持ちになるかもと
だいぶ心配で最終巻を読むまでまた時間が空いてしまいそうです。

皆さんのコメントを見ると、よい意見ばっかりなので私が変ってるのかもしれないです。
逆に考えるとそれだけ物語の世界に引き込まれてるのかもしれないですね。
thanks機能は会員のみ
2011/06/10 By mari46 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
語数が一気に増えたせいもあるのか、前作までより物語に入り込めました。
金持ちボンのジェレミーがたいへん良い味を出しています。Mr.Jonesが実は・・・のくだりもマヌケでかわいらしかった。
屈折があるようで割と素直なあほボンキャラとして、心に残ります(笑)
thanks機能は会員のみ
2011/06/07 By あめ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:7,000)
ジェレミーったら、パイ作りに命かけすぎwww
そりゃあ、パパも心配してパイ作り辞めさせたくもなるだろう、なんて突っ込んでしまった。

BFCは起承転結しっかりまとめられてて、物語のお手本のような話ですね。
ありきたりな話と言われたらその通りなんだけど、だからこそわからない単語が多少あっても、わからない言い回しやちょっと難しい文法が出てきても、素直に読んでいれば内容がわからなくなるということがなく楽しく読み切ることができます。
よくできた本だと思います。
あめより ranより thanks機能は会員のみ
2011/02/08 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
はらはらドキドキです。
内容的にも自分の今のレベルからしたら背伸びをしているはずなのに
このシリーズは読めてしまいます。
おまけに英語の本を読んで泣いてしまうなんて・・・・
感動です。
↓ranさんが書いているとおり、「おすすめ洋書ガイド」これすごくいいです。
GRは高いから安いペーパーバックに絞り込んでいる親切さ♪
「Nate The Great」シリーズや「A to Z Mysteries」シリーズは読みたいです。
ranより あめより thanks機能は会員のみ
2006/03/01 By ran (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:7,000)
BFCシリーズ第6弾!
パイ・コンテスト、残り時間7分。
焼き上がったパイは失敗作だった!
ピンチに追い込まれたエドの運命は?

物語のクライマックスへ向かいます!

さらに文章量が長くなります。

前作から読んでいる方なら、一気に読めると思います。
それぐらい物語の内容はさらに面白く、次に次にと読んでいく
感覚が味わえると思います。

内容はやはり読んでのお楽しみということで
今回の解説部分は「おすすめ洋書ガイド」です!

そろそろ洋書読みになる一歩手前になるところで必要なのが
「どんな洋書を読めばいいの?」
BFCの編集委員が厳選して、洋書への道を広げてくれます。
私も洋書の読み始めは、ここに載っていたものから始めています。

BFCを書いた人が薦めてくれるから、安心して次の洋書に進むことができました。
このガイドだけでもオススメの1冊です。
ranより あめより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ