多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Tears of the Giraffe (No. 1 Ladies' Detective Agency Series)
販売元: Anchor
発売日: 2002-09-03
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,649円 [定価:¥ 1,795]
在庫: 通常1~4か月以内に発送
ページ数: 256ページ
売り上げランキング: 242529位

多読国民のレビュー

全件5 人読んだ2 人読書中1 人興味2 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/01/26 By Miki (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:6.5 / 語数:54,000)
(再読)
Brilliant story! 
"Life was messy, but sometimes there was no other way."
The title is a metaphor of good old days in Africa. This book tells us: Life is full of unexpectedness, and that's the way it goes. We just need to accept it and keep going. 

10年ぶりの再読。昨年GRを読み、また原書を読みたくなって読了。改めて読んでみると素晴らしい本。以前よりこの本の良さを堪能出来たし、評価もMAXに引き上げる。(滅多に5はつけないことにしているが、それでも)

主題はヒューマンドラマであり、ミステリは題材でしかない。むしろ、登場人物たちの心の機微がこの本の読みどころ。こういう本が素敵に思えるということは、懐古主義と時代の流れを肌に感じ取られる年齢に自分もなったということかな。(若い人が読んでもつまらないかもしれない。)
thanks機能は会員のみ
2016/05/07 By ヨッシー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:6.3 / 語数:54,000)
ミステリーだと思って読むと少し物足りなさがある。どちらかと言えば、ボツワナを舞台とした人情話だ。私は好きだな。近くの図書館に置いてある分だけは読もうと思う。

thanks機能は会員のみ
2006/01/06 By Miki (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:6.5 / 語数:54,000)
No.1 Ladies Detective Agency シリーズ2作目。
今回は少々薄気味悪いエピソードもあった。
秘書や周りの人々の人物像が浮き彫りに。
タイトルの意味は最後に判明する。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ