多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Me Before You
著者: Jojo Moyes
販売元: Michael Joseph
発売日: 2012-01-05
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,253円 [定価:¥ 1,221]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 512ページ
売り上げランキング: 150位

多読国民のレビュー

全件71 人読んだ39 人読書中3 人興味24 人積読6 人
コメントなしも表示する
2017/02/09 By Mark Jokes  (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:6.0 / 語数:138,374)
結末は切ないような、悲しいような、不思議な気持ちで読み終えました。久々に胸キュンしました!しかも、簡単な英語で面白いので、読みやすいとゆうか、この先、どうなるの?と思いつつ、あっという間に読みました。
thanks機能は会員のみ
2017/01/29 By ran (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:6.0 / 語数:140,000)
大人向けのペーパーバックでテーマが重いので評価が高いけど初心者には少しオススメしにくい。

私も久しぶりのペーパーバックで評価が高かったので読んだけど、最初がなかなか感情移入できずに読み切るのに苦戦。もちろん最後の方は結末が気になるし、読了感はそれなりに評価が高いことが分かる内容だった。

星5つにならないのは、やっぱり大人向け小説だなぁとちょっと冷めためで読んでしまう部分もあるため。主人公が女性なので女性向けかもしれない。男性が読むとどうだろうか、少ししんどいかもしれない。
thanks機能は会員のみ
2016/12/27 By YU373 (評価:-- / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:0)
ラストは号泣だった。あーこういう結末しかないよねと思いつつ幸せになって欲しかったなあ。2人が心を通わせていく様も、最後も、どんな瞬間もセリフも愛おしかった。映画の放題の世界一キライな貴方にという訳だけは解せぬ。
thanks機能は会員のみ
2016/11/10 By ろばーと (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:0.0 / 語数:140,000)
テーマが重すぎて、楽しく続きを読もうという気持ちにはなれず、時間が掛かりました。映画の邦題は「世界一キライなあなたに」、書籍の日本語訳の副題は「きみと選んだ明日」。自分だったらどういうタイトルにするか、悩みます。
thanks機能は会員のみ
2016/10/08 By ハマタケ (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:6.0 / 語数:140,000)
いろいろ考えさせる内容でした。細かい心理描写や、他の人の視点から語られている部分が、物事をいろんな方向から考えるきっかけを与えてくれたように思います。難易度は、私としては最初の10%はYL6.5、中盤は5.0~6.2というように感じました。YL6.0はあくまでも全体の平均です。最初の10%を読み切って以降は割と楽になりました。欧米ではオーソドックスなニックネーム等が結構使われていて、所々で、ちょっと混乱しました。
thanks機能は会員のみ
2016/02/22 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.0 / 語数:140,000)
【Audible】

Well, I don't know what to say.
Lots of people say this book will make you cry, so I was kind of prepared to do so, but somehow I couldn't. It's not like it was boring or tearjerkeror things like that.
It was just... too serious and I lost for words. It was more than just a chick lit. It was all about dignity and  meanings of life.  You can't just say something like,"Oh how sweet they were! It made me cry." and move on to the next book. I need some time to think about this. I know there would be no correct answer, but I have to think.  



(※)以下ネタバレ含む
The words which impressed me: 
"You only get one life." by Will
"I want him to live if he wants to live. If he doesn't, then by forcing him to carry on, you, me, no matter how much we love him, we'll become just shitty bunch of people taking away his choices." by Nathan
"Live well." by Will
(I don't have a book so I just dictated the Audible so there might be mistakes in the quotes.)

※イギリス英語
※理解度7~8割
※いずれ紙ベースで再読したい

2016.2/15-2/21
thanks機能は会員のみ
2016/02/18 By norizaru (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.0 / 語数:140,000)
洋書を読んでこんなに泣いたことはありません。内容に関しては他の方も書いているし、アマゾンでも見られるので言及しませんが、とにかくたくさんの人に読んでもらい、この感動を味わってもらいたいと思います。続編がでているようなので、読むのが楽しみです!
そらより thanks機能は会員のみ
2015/12/26 By ぜんだま (評価:5点 / ジャンル:LV / YL:4.9 / 語数:140,000)
本の内容に比べて、簡単な英語だったので読みやすかったです。

ハンサムで仕事もバリバリ、オフには海外で様々なアクティビティーを楽しんでいたWill。
交通事故で四肢麻痺になってしまい、車いすの生活。
職安で、失業中のLouが紹介されたのは、彼のお世話係。
最初はうまくいかない二人が、毎日を過ごすうちに歩み寄り、Louは自分自身の可能性を見出していく。

皮肉屋のWillは口数は多くないけど、心に残るセリフがたくさんありました。

結末は何となく予想できましたが、Willの選択に対するいろんな人の賛否両論もなかなか読み応えあり!

基本的にLouの一人称ですが、
Willの両親、Louの妹、医療担当のNathanの視点からの描写があり、ストーリに深みを与えていたように思います。

イギリス英語独特の単語がたくさん出てきて、「へぇーー?!」と思いながら読みました。
ranより thanks機能は会員のみ
2015/12/08 By yukako (評価:4点 / ジャンル:LV / YL:5.0 / 語数:140,000)
これを読む前はずっとSophie Kinsellaを読み続けていたので、この重いテーマに読む気力が無くなりそうだったんですが、ようやく読み終えました。
もう一度読もうと思います。
thanks機能は会員のみ
2015/09/21 By 2attraction (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:114,390)
ネタばれにならない様に感想を書くのは難しい作品です。
生きるとは何か、人間の尊厳とは何かを問いかけてくる作品でした。
昨年だったかな…実際にYouTubeでこの主人公のWillと同じ選択をして投稿した女性がいて、言葉としては知っていても、実際に選択する人がいる…そしてそれを予告する様子に自分としては衝撃を受けました。
賛否がある問題ではありますが、軽々しく善悪を判断できる問題でもありません。

ただのtearjerker な物語に収まらず、生き甲斐のある生活や自分らしく生きること、やりたい事を思い切ってやりたいと思わせてくれる前向きさもあります。
主人公2人のやりとりも素敵な言葉が散りばめられていて、2人の生き方から学ばされる事も沢山ありました。暫く余韻に浸りたいと思わせてくれる作品でした!

ranより Mikiより thanks機能は会員のみ
2015/05/11 By わらびきな子 (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.0 / 語数:140,000)
読み終えてから半年経ちますが、もう一度読んでみようと思う本です。
Willは感情を直接的に言葉に出すことは殆ど無かったように思うのですが、その言葉の中にも、愛情や優しさ、生きたいという強い思いや葛藤がだんだんと漏れ出ていく様を、結末を知った今読み返して分かることがありそうです。
thanks機能は会員のみ
2015/04/01 By hotate (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:140,000)
読書ってやっぱりいいなと改めて思わせてくれる本でした。
norizaruより thanks機能は会員のみ
2015/02/26 By 汐まねき (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:4.5 / 語数:140,000)
audibleで。

最後の2時間は、泣きっぱなしだった。そして、読みながらこの物語は重すぎて二回目は無いな・・・と思っていたのに、読み終わったら、不思議と前向きな気分にさせられ、また読んでみようと思わせてくれる。

長年努めていたカフェのオーナーが急遽店をたたむことになり、主人公のルーはいきなり職無しになってしまう。もう27歳。彼氏はいるけれど、結婚するっていうほどでもないし、実は自分の収入が実家の家計を支えていたから、なんとか新しい職を探さなければいけない。けれど、ルーにはとりたてて技術も特技もなかった。

鶏肉加工工場で働くよりはましだと思い、賃金の高さにもひかれて、六ケ月限定の家の近くの介護士の仕事を引き受けた。どんな事をさせられるのかとびくびくしていたら、主な仕事は35歳の上流階級の男性ウィルの話し相手。口は悪いし、どう考えても嫌われているとしか思えない。嫌だいやだと思いながらも、ルーの新しい生活が始まる。

家族思いで優しくて、かしこい妹にコンプレックスを持つ、本当にどこにでもいそうな女の子のルーが、ウィルと接することで、自分で考え、今までは考えもしなかったような行動量を見せていく。口が悪くて、ポッシュなウィルの、経験と後押しで、少しずつ自分らしさを実感していく。そして同時に、人を尊重するということが、どういうことか考えさせてくれる。

コミカルで思わず笑ってしまうような部分と、奥深く考えさせるものが同居している素晴らしい物語でした。

ただ、ネタバレになるのであまり書けませんが、主題はかなり重く、後半は切なさに押しつぶされそうな思いでした。物語の最後については賛否あると思いますが、人生をただ過ごすのではなく、「生きる」とは何かを考えさせてくれる感動の物語です。
Mikiより Gray Catより 2attractionより あやのこうじより thanks機能は会員のみ
2013/09/19 By すえぞう (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:140,000)
レビュー対象商品:Me Before You(図書館版)
多読におすすめの本が紹介されている本であらすじを少し読んで、Kindle版で購入。
あまり洋書で涙・・・ってこれまでなかったけど、泣けました。
一度読み終わってから、また好きな章を読み返したり。

この本で、しばらく遠ざかっていた多読にまた目覚めました。
thanks機能は会員のみ
2013/07/25 By chobi (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:140,000)
表紙からして、乙女なロマンス物かと思ったら・・・!

序章を読んでから、なかなか進まなかったんだけど2章目あたりから面白くなってラストまで止まらず。

27歳の元カフェ店員で、人生に何の目標もなくイギリスの片田舎で満足してたルー。
仕事を探すけど、何の資格もないし特別なスキルもなし。そこで紹介されたのが、脊髄損傷者の介護職。

生きる権利も大事だけど、死ぬ権利も大事なんだと考えさせられる本です。

もー、ラスト5章位はティッシュが手放せませんでしたからね:( 
電車の中で読んでて、やばかった。

シリアスな内容ばかりじゃなく、ちょいとマイフェア・レディ風味もあり、宮崎作品も紹介されてたり
なかなか面白い本です。

星4つなのは、好みかなぁ。続編の第1章もあるんだけど、時代が違う???
ちょい読んでみるか・・・・。

あ、イギリス作品なのでちょいちょいイギリス独特の言い回しや単語が出てくるので
慣れてないと読みにくいかもです。文章は優しいです。

thanks機能は会員のみ
2013/03/31 By miyuki (評価:-- / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:140,000)
Amazon UK でレビューをみて、評価が高かったので読んでみる事にしました。(Kindle版なので、白黒なんですが、表紙も可愛かったので…笑) 文章自体はそんなに難しくないと思います。


もちろん結末は書きませんが、どこまで書いていいのかわかりませんので、一言のネタバレも嫌だとおっしゃる方はココで。。。






Willが『knowledge is power』というのですが、その言葉で『ぼぉーっと暮らしてちゃダメだな。もっと貪欲に勉強しようと思う人間にならなきゃ!』と単純な私は思わされました。
そういう意味でも、刺激になった本です。

thanks機能は会員のみ
2012/08/10 By Ysprout (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:5.0 / 語数:140,000)
生きることと命のあり方の話です。語数がこれだけあるなら、もう少し感動したかった。まぁ、考えさせられる事はありました。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ