多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Attack of the 50-Ft. Cupid (Franny K. Stein, Mad Scientist)
著者: Jim Benton
販売元: Simon & Schuster Books for Young Readers
発売日: 2005-01-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 138568位

多読国民のレビュー

全件43 人読んだ43 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2016/10/24 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.9 / 語数:4,091)
前作より英語は難しいかも。関係代名詞thatが多用されている。でも,知らない単語も意味の通じない文も豊富なイラストに助けられることが非常に多かった。
この本の真の主人公はIgorくんだ。この本の best sentence award は
'he really, really, really, really, really, really wanted to help'
で決まり!
thanks機能は会員のみ
2015/02/08 By weeny (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.6 / 語数:4,091)
巨大キューピットの話より、Igorとのストーリーに今回も涙。本当にIgorは可愛い相棒です。

Igorには★5つ!
thanks機能は会員のみ
2014/05/31 By weeny (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:3.0 / 語数:4,091)
よく分からない部分もあって1作目より少しだけ難しく感じました。お話も1作目の方が好みなので★を一つ減らしてみたけど、総じて面白かったです。

犬好きなので、途中Igorが可哀想で・・でも犬らしい性格描写はリアル。上手い作家さんなんだな〜と関心です。落とし所も、ひょうきんでブラックな絵柄でコメディなのに、ヒューマニズムでいいです。そこが単純なコメディ漫画と違う趣が漂よっているように感じて、読後感がいいです。

キューピットのお話にいまいち載れなかったのは分からない部分のせいなのか?!
再読の時にチェックしてみます。

ーーー1回目の読了時間ーーー
80分(じっくり好きなだけ時間をかけてこれくらいでした)
thanks機能は会員のみ
2013/12/11 By Marsa135 (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.8 / 語数:4,119)
難しい単語が多いですが、イラストがあるので話はわかりやすいです。
一作目同様、トンデモない展開ですが、frannyが可愛く思えました。
thanks機能は会員のみ
2013/11/21 By お豆さん。 (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:2.9 / 語数:4,091)
1作目同様に読めない分からない単語があったけれど、1作目よりも分かりやすかった。

フラニーって、なんでも出来るし天才だと思う。
まさか先生の描いた可愛いキューピッドの絵があんなことになるなんて…。

すごく面白かった。
thanks機能は会員のみ
2013/08/11 By もへ (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:2.5 / 語数:4,091)
FKS2巻。
フラニー、本当に好きなものに会えて良かったね!
thanks機能は会員のみ
2013/07/11 By Florina (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:2.5 / 語数:4,500)
最初は退屈するんだけど、途中からたまらなく面白くなるこのシリーズ。Frannyが本当にかわいくなる!
thanks機能は会員のみ
2013/01/13 By himawari (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.9 / 語数:4,091)
バレンタインの個性的なカード。キューピットのイメージもFrannyらしく。
前半は知らない単語も多かったけど後半は面白くてどんどん読み進められました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/21 By かほる (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.9 / 語数:4,091)
シリーズ二作目。
シリーズ物。
楽しく読めたので次の話も読みたいと思う。
thanks機能は会員のみ
2012/03/09 By まなりん (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:2.9 / 語数:4,091)
1作目よりも随分おもしろかった。
特にバレンタインデーのカードの内容が、なんともユニーク。
thanks機能は会員のみ
2011/06/04 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.9 / 語数:4,091)
Frannyちゃんシリーズ第2巻。
今回はFrannyちゃんのママが彼女にアシスタントとして
犬を連れて来る。
Igorという名前のおとボケた顔した貧相な犬なんだけど
Frannyちゃんのことが大好きでなんとかお手伝いをしたいと
必死に頑張るところがすごくかわいい。

はじめはIgorをうっとうしいと思っていたFrannyちゃんだが
最後は一緒になって問題解決してすっかり仲良しになる二人。(一人と一匹)

全てのページにイラストがあるから
知らない語彙があっても問題なく読めていけます。
とにかく、クスクスと笑いながら楽しく読めるシリーズです。

なんだかんだと言って前の巻でもそうだったけど
友達や家族のピンチには必死になって戦うんだよね。
「正義のヒロイン!」って感じです。←ちょっと、古いかな??

さてさて、次回はどんな展開になるのかワクワクです。
floconより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ