多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Summer Party (Cobble Street Cousins)
販売元: Aladdin
発売日: 2002-06-01
種別: ペーパーバック
ページ数: 64ページ
売り上げランキング: 62152位
シリーズ:Cobble Street Cousins, The(vol.5)

多読国民のレビュー

全件33 人読んだ31 人読書中1 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/03/20 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:2,943)
再読。
柔らかな文章と女の子の好きなものでいっぱいのシリーズ。5作目。
大好きです。
thanks機能は会員のみ
2017/01/19 By Ayangel (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.2 / 語数:2,943)
たまに読みたくなる暖かい愛の詰まった本です。
thanks機能は会員のみ
2016/07/28 By rose read english (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:2,943)
シリーズをとおして、暖かな、穏やかな内容だったcobbleシリーズ。ようやく、大きな動きがこの回であります。もちろん、このシリーズをここまで愛読してきた読者を裏切ることは無いハートフルなエピソードです。ずっと読んできたからこそ、思わず心で”やった”と言ってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2015/10/16 By new_be (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:2,943)
三従姉妹たちの両親がツアーを終えて帰国する時が来た。両親が帰ってくるのは嬉しいが、ここでの別れが寂しくてならない。そこで楽しいことをしようと、両親が到着してからsummer partyを開くことにした。
今回の最大のイベントはMichaelがやってくれた。個人的にサプライズは得意ではないのだが・・・。
いつも穏やかで平和な話なので、ハッピーエンド好きには安心のシリーズ。次回は最終巻。タイトル通りなのだろうなぁ。
thanks機能は会員のみ
2015/09/26 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:2,943)
ルーシーおばさんの家に住んでた3人のイトコたち。(うち二人は姉妹)。
お父さんたちがバレエの世界ツアーから帰ってくることになり楽しかったこの一年の生活もおわります。
最後にパーティーを開く計画をします。
暖かいお話で好きです。
あと一冊でこのシリーズが終わってしまうと思うとすごくさみしいです。
thanks機能は会員のみ
2015/03/09 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,943)
両親が帰ってくることになり、いとこたちはAnty Lucyの家から離れることに…。
そこで、楽しい"Summer Party"を企画することになるのですが…。
せつないながらも、可愛いらしい女の子たちの物語です。
thanks機能は会員のみ
2014/08/29 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,943)
図書館でシリーズ1巻目がなかなか棚に戻って来ないので、先にこちらを読みました。
従妹同士の9歳の少女3人が、バレリーナの両親達が世界ツアーに出ている間、
おばさんの屋根裏部屋で一緒に楽しく暮らしてきました。
でも、一年が経ち、両親達がツアーから帰国する日が近づいてきます。
3人は精一杯工夫をこらして、お別れパーティーを企画しますが、
最後に、予想していなかったサプライズが起こります。
登場人物が全員が善い人、すべてのページにほのぼのしたイラストがついていて
シリーズものですが、多分、単発で読んでも楽しく読めます。
thanks機能は会員のみ
2014/07/25 By weeny (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,943)
5月に購入した頃はまだ難しめに感じ、進むのが遅かったので、図書館の有名カラー絵本を優先的に読むことにして、この手の薄手のペーパーバックは寝かせることにしました。

2ヶ月あけて、再開したら、英語がめちゃくちゃ簡単になtっていてびっくり。
スラスラ感がまったく違います。

この間にORTもStage7までやったし、そろそろ30万語になるのが効いているのでしょうか?!

あとWalker Storyの30冊パックを大人買いしたら、こちらは絵本と同じのりで絵が多い本なのですが、イギリス英語なせいか見慣れない単語と表現が頻出して、難しく感じます。半分は絵なので飛ばし読みしているのですが。

難しく感じても絵を見てWalker Storyを読み飛ばしているうちに、こっちよりは素直なアメリカ英語の Cobble Street Cousinsシリーズが簡単に感じるようになったのもありそうです。

やっぱり、これくらいのスラスラ感になって、「読みやすいなあ」と心地よく読むのが多読には良さそうです。
thanks機能は会員のみ
2013/11/04 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,943)
久々に再読しました。
3人の心温まる物語
thanks機能は会員のみ
2012/10/21 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:2,943)
一年間、一緒に暮らしてきた3人の別れが近づいてきて
最後にお別れ会を開きます。
そこで、3人が考えた心温まるサプライズ。
thanks機能は会員のみ
2012/09/14 By 美月 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:2,943)
最後はホロッとしてしまいました。
彼女たちと一緒にわたしも「やったー」と感激しました。

楽しかったLucyおばさんのところでの生活も終わりに近づき
寂しくて落ち込んでいた3人ですが、マイケルの心遣いと
パーティーでのサプライズですっかりニコニコ顔に。
毎年夏にはここ(おばさん宅)に戻ってきてもよい!というお許しももらった。
ほんと、よかったね。
thanks機能は会員のみ
2011/02/24 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:2,943)
6冊の中でこれが一番読みやすく

ほろっとさせられて幸せになれる♪

約1年の約束でおばさんのところで暮らしていた3人が

それぞれの家に帰ることに・・・・別れる事はつらいけど・・・

3人は離れ離れになっていた親とお世話になった人達に感謝のパーティを開きます。

そこであるサプライズがあるのですが・・・・

これはやっぱりお楽しみですね。
coronより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ