多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

A to Z Mysteries: The Lucky Lottery
著者: Ron Roy
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 2000-11-28
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 597円 [定価:¥ 597]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 35782位
シリーズ:A to Z Mysteries(vol.12)

多読国民のレビュー

全件96 人読んだ93 人読書中1 人興味1 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/05/21 By ハマタケ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,354)
CD多聴で再読しました。それにしてもついている人は、どこまでもついているんだなあ、という感じです。2巻をみると良いです。
thanks機能は会員のみ
2016/11/01 By shunsk2017 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,354)
めちゃ大金なにに、本人は子供の世話がめちゃ大事
thanks機能は会員のみ
2016/07/04 By tsumiyo (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,354)
お話なので当たり前ですが、主人公3人の活躍が凄いです。我が子なら心配でたまらないレベルで色々やってくれますね(笑)
高額当選の宝くじを盗んだ犯人を探すために捜査をする3人ですが、今回は時間制限がある中での操作だった為か、話の展開もスピーディーで面白かでったです。
thanks機能は会員のみ
2016/06/30 By Miki (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,354)
【多聴】56’34”(148wpm)

7 million dollars, not 7 million yen! Wow, that's quite a bit of fortune!

7人の孫たちにそれぞれの誕生日の数字を指定して宝くじを買い、クリスマスにプレゼントしているラッキーのおじいちゃん。今年はまさかの7億円あまりの当選!!!…が、郵送したはずの宝くじがラッキーたちのもとへ届いていない。誰かがどこかで盗んだ?さあ誰だ!三人組の出番だ、クロカンスキーを履いて出動だ!
thanks機能は会員のみ
2016/03/22 By Alyce bee (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
冬の風物の描写が楽しいです。
thanks機能は会員のみ
2015/09/23 By ハマタケ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,354)
大体満足です。
thanks機能は会員のみ
2015/04/02 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
シンプルな展開ですが、なかなか手が込んでいてやっぱり面白い。
ラストは、アクションぽくなってて良かった。
しかし、街中をスキーするって…よくあることなのかなあ〜。
thanks機能は会員のみ
2015/03/28 By はいどれんじあ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:0.0 / 語数:8,354)
ラストが気になり、最後まで面白く読めました。雪遊びや、雪景色の描写がとても好きです。
thanks機能は会員のみ
2015/01/09 By kn (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,350)
再読しました。
Luckyって以前でていましたね。気がつきませんでした。
わずかな時間で犯人を突き止めた3人はすごいです。
thanks機能は会員のみ
2014/09/18 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
今度はこそ泥をつきとめ、逮捕まで大活躍します。
お話の世界とはいえ、この3人の活躍は、毎度毎度、表彰物です。
thanks機能は会員のみ
2014/07/15 By マリン (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,358)
再読しました。夏、暑い中読んだので、雪の季節の話、涼しい(笑)
仲良し三人が、タイムリミットがある中、友達の宝くじを盗んだ犯人を探します。
おもしろかったです。
このシリーズ、たくさんの子供達が夢中になって読んで、作者へお手紙書いているんですね。
後書きの作者から読書へのページもまたほっこりするので楽しんで読んでます。
thanks機能は会員のみ
2014/03/01 By ふにゃ (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:3.4 / 語数:8,363)
やっぱりおもしろい。今回は初めの方からトラブルが起きてくるので、物語に入り込みやすかった。以前のシリーズででてきたLuckyが今回も登場。彼が出てくるとおもしろい。お金関連で出てくるからかも?(しかも結構多額)★boloney たわごと、crook どろぼう
thanks機能は会員のみ
2014/02/09 By こきま (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,534)
皆さん書いてるけど、今回は冒険小説っぽいかな。犯人が序盤でわかってしまうし。
描写の多彩さで私は好きです。 地元に20年ぶり?の大雪が降った週末にたまたま読んでいたので、
「3人のようにスキーで外に出たい」と思ったり(笑)

JOSHの絵と、Palとが、良い仕事してます。
thanks機能は会員のみ
2013/09/29 By penpen (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,354)
今回も面白かったです。
Luckyの宝くじを盗んだ犯人を1日で見つけなければならない・・・
逮捕まで大活躍。
このシリーズでは初?雪が降りしきる状況で、スキーで移動したり、
背景や描写も楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2013/08/03 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,359)
いつもの3人、面白かったよ
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,354)
Luckyから盗まれた宝くじの当たり券を探してくれと依頼される。
意外な犯人だったけど、面白く読み勧められました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/11 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,354)
A to Z Mysteriesシリーズの第12巻。今回は以前の巻で登場したLuckyが宝くじで物凄い大金が当たる。しかしその当選した宝くじの券が何者かに盗まれてしまい、Dinkたち3人組にLuckyから依頼がくる...
Joshの意外な才能が分かって驚きました。そしてJoshの犬のPalが何気にかわいい。

このくらいのレベルの本は気楽にサクサク読めて楽しいです。パンダ読みにいいなと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/12/10 By kn (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,350)
面白いです。
thanks機能は会員のみ
2012/12/02 By めねたおたべ (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,354)
Joshがかなりうまく絵を描くらしい、ということは、シリーズはじめの方でDinkの絵を描いたり、鷹の絵を描いたりしていたので分かっていましたが、今回その才能がさらに証明され(微妙なかたちではありますが笑)Joshファンとしてはうれしい限りです。
thanks機能は会員のみ
2012/10/13 By Polka (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,382)
A to Z Mysteriesシリーズ中でも、かなり面白いエピソードの部類ですね。
毎エピソードで感じることですが、主人公のKids3人は本当に勇気があるね。このエピソードでは、犯人を追い詰めるシーンで特にそれを感じましたよ。
ふにゃより thanks機能は会員のみ
2012/03/03 By マリン (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,358)
半分読んだ後、すごく時間が空いてしまいました。後半一気に読みました。ストーリーはつかめたけど、やっぱり間あけると楽しめないかも。何事も日々の継続が大事ですね。
thanks機能は会員のみ
2012/02/06 By roco (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
読み終えてから表紙を見たら、確かにJoshも隙っ歯なんですね!
thanks機能は会員のみ
2011/12/05 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,386)
物語にのめりこめず、途中で他の本に浮気しちゃい、
読むのにいつもより時間がかかってしまいました。

ranさんもおっしゃっていますがこのシリーズは表現が豊かだと思います。
どろぼうにもいろんな言い回しがあるんだなと今回 思いました。

何より今回驚いたのはJoshにこんな才能があったことです。
皆さん 突っ込んでないのですが、気にならなかったのでしょうか?
thanks機能は会員のみ
2011/09/20 By j138 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
全体に、ほのぼのとした雰囲気を感じます。
後半は、アドベンチャー的要素も多いです。
宝くじは夢がありますねぇ。。(関係ないですが、)
thanks機能は会員のみ
2011/09/06 By ema (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
Green Lawn一の(?)アンラッキーボーイのLuckyが、とうとう最高のラッキーを手にした?!
シリーズ2作目のThe bald banditで出て来た少年Luckyがまた出てきます。
無事大学生になれたようで何よりです。
Lucky家の毎年恒例になっているクリスマスにおじいちゃんから届く宝くじ。
なんとなんとその宝くじが当選したと言う!!
アンラッキーボーイLuckyが億万長者に!!
…と、喜んだのも束の間。当選した宝くじが何者かに盗まれた!!
Luckyに宝くじの捜索を頼まれた3人組は無事、Luckyの宝くじを取り戻す事ができるのか?!

謎解き要素は少ないですが、私は結構好きですね。
スキーをしてる様子や雪景色の描写、老人ホームの温室の描写などが
簡単な英語なのにとても分かりやすくいい表現だなぁと
感じました。
j138より 美桜より thanks機能は会員のみ
2011/06/22 By ran (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
今回の事件の内容は他の方も言っているように、
問題になっているくじの当選金額がちょっと桁違いすぎますね。
スケールを大きくするのはいいけど、やりすぎるとちょっと雰囲気に入れないですね。

このシリーズ読んでいていつも思うのは、子供たちによる豊富な口語表現が
学べることと景観などの描写も簡単な単語で短い文なのに綺麗だったりします。

一つ引用すると
Silver became gold as night turned to day.
雪景色の朝(夜明け)を表しています。子供向けの本でもこういう表現って綺麗でいいですね。

この話はミステリーのプロットではなく物語り的要素が強かったので
評価が低いのは納得いきます。要素自体は多かったのですが…
美桜より ふにゃより thanks機能は会員のみ
2011/04/25 By No91 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
知り合いの大学生に盗まれた当たりの宝くじを探してくれという依頼を受けて、手がかりを求めて、町中を探し回るというようなお話。

当たりの金額が700万ドルって。。。その額と、作品の雰囲気がミスマッチな気がします。
thanks機能は会員のみ
2011/03/18 By flocon (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,354)
音源を手に入れたので、ちょっと飛ばして第12巻。
Calendar Mysteries と Marvin シリーズから帰ってくると、
ちょっと難しく感じます。

なかなかおもしろいけれど、この作者のものでは
これまででいちばんおもしろくなかったからかも。
今回の問題はすぐわかるけど、
なんとなく話に入りにくかったです。

きちんと伏線を回収するようなミステリじゃなくなってるのも
ちょっと気になるところ。

いろんな場面があったり、動物もいろいろ出てきたり、
スキーもあったりで、要素はいいんだけど。。。


thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ