多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

A to Z Mysteries: The Haunted Hotel
著者: Ron Roy
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1999-06-15
種別: ペーパーバック
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 20050位
シリーズ:A to Z Mysteries(vol.8)

多読国民のレビュー

全件118 人読んだ117 人読書中0 人興味0 人積読1 人
コメントなしも表示する
2017/04/21 By ハマタケ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
CD多聴にて再読しました。最後のオチが良かったです。
thanks機能は会員のみ
2017/04/12 By Lourdes (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,000)
今回はShangri-Laホテルが不動産屋に狙われるというお話。厳格なホテルマンのLinkletterさんが心労で日に日にやつれちゃって気の毒でした。ラストのオチは結構ここでは評価が高いのですが、個人的にはなんてもったいないの!と思ってしまいました(笑)
thanks機能は会員のみ
2017/02/02 By まめぞう (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.6 / 語数:8,016)
前の巻に比べて知らない単語が多く難しく感じました。
thanks機能は会員のみ
2016/10/27 By Jay (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,334)
シャングリラホテルに幽霊が出た!
客がいなくなってしまい、ホテル売却の危機をなんとかしようと、3人が幽霊の謎を突き止める。

久しぶりにこのシリーズに戻ってきましたが、楽しんで読めました!
ホテルが守れて安心しました。
thanks機能は会員のみ
2016/10/11 By shunsk2017 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,016)
兄弟も登場で賑やか
thanks機能は会員のみ
2016/06/26 By Miki (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,016)
【多聴】55’13”(145wpm)

Mr.Linkletter and Livvy again!
The trick in this book was more complicated and the problem was more realistic than the previous ones.

GがGhost storyかなと思ったら、Hauntedでしたか。ビル立ち退きがからむ、ちょっとリアルな設定で最後に軽くどんでん返しもありまあまあ面白かった。
thanks機能は会員のみ
2015/09/11 By ハマタケ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:8,287)
出張の移動中に読むのにちょうど良い長さです。
thanks機能は会員のみ
2015/05/18 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,016)
3回目の再読
thanks機能は会員のみ
2015/05/07 By 美月 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
ホテルの存続の危機に、子ども達3人に頼るところが、ほんわかしました。
内容はもう少し深みが欲しかったかなぁ、って感じです。
久々の「A to Z」シリーズで、登録しよう調べてみると・・・
表紙が変わってる???
A~買ってる人間にとっては、同じ絵柄で揃えたかったなぁ・・・(ショック)
thanks機能は会員のみ
2014/12/11 By kn (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,020)
再読しました。
前回も★5つでしたが、やっぱりHは面白い。話のテンポがいいのでしょうか。
シャングリラホテルが舞台のため、Aで登場したホテルの従業員が登場します。
thanks機能は会員のみ
2014/10/06 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,297)
幽霊が現れるというホテルで、三人組が大活躍します!
第1巻で登場したホテルとキャラクターたちが再登場。
だいたい展開はある程度想像できますが、
ああ、そっちか〜と納得の展開に。
thanks機能は会員のみ
2014/08/24 By tombonomegane (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,287)
怪談話の謎解きです。
このシリーズ、最初はつまらなかったですがだんだんおもしろくなってきました。
thanks機能は会員のみ
2014/05/05 By トリプルアクセル (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,287)
古き良き伝統のあるホテルのよさも少しずつ伝わってくるところがよかったです。フロントの人が子どもたちに対してであろうとなかろうと、お客のプライバシーを守ろうとする厳格な姿勢とか、ストーリー展開とはあまり関係ない会話からも、物語が楽しめるのが、このシリーズのよいところです。
Lourdesより thanks機能は会員のみ
2014/02/18 By ふにゃ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:3.4 / 語数:8,196)
おなじみのシャングリラホテルが舞台。シャングリラホテルでは、幽霊が見たという人が続出し、宿泊客のキャンセルが続く。3人は幽霊探しを始める。さてさて?本シリーズは基本的にいい人ばかりがでてくるから安心する。最後の最後のオチもよかったです。
よしたかより thanks機能は会員のみ
2014/01/04 By Okapia (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
物語の背景がちょっと凝っていて登場人物も多いので、シリーズの中では難しい方だったかな。
ラストシーンが最高ですね。
thanks機能は会員のみ
2013/10/04 By Jinny (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,287)
1話目でも舞台となったShangli-Laホテルの存続の危機に幽霊騒ぎの捜査をかってでる三人組。Mr. Linkletter、三人からはすっかり友達認定されてます(笑)。Joshってば幽霊なんていないって言ってたくせにRuth Roseの背後に隠れるなんてなさけないぞ。
thanks機能は会員のみ
2013/09/28 By ikuyam (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,299)
Kindleにて読みましたが、やはり知らない単語をさくさく検索できるのは良いですね。
3人組が、ホテルの幽霊騒ぎを解決する話。そこそこミステリー色が濃くてなかなか楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2013/09/03 By penpen (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.2 / 語数:8,287)
シリーズ読み進めています。この作品も面白かった。特にラストが好きです。
thanks機能は会員のみ
2013/07/17 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.3 / 語数:8,193)
読みやすい英語で楽しい3人の謎解きです。
thanks機能は会員のみ
2013/05/25 By FreeBard (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,278)
幽霊騒ぎのホテルを救う。
ワクワクドキドキの展開でした。
thanks機能は会員のみ
2012/08/20 By kn (評価:5点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,020)
シリーズの中で印象深い面白い作品です。
thanks機能は会員のみ
2012/06/28 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.0 / 語数:8,016)
幽霊騒ぎによりホテルの営業の存続が怪しくなり、売りに出そうと考えるオーナー。そこでホテルの存続を賭け、この幽霊騒ぎの原因を突き止めるべく雇われたのがDink達の三人組。いつもながらRuth Roseがいい働きをしてます。幽霊を怖がっているJoshも面白い。
この巻は個人的に他の巻よりも読みやすく感じました。以前登場した人物が巻をまたいで登場するのはシリーズもののいいところだなと思いました。
こきまより thanks機能は会員のみ
2012/01/05 By マリン (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.4 / 語数:8,287)
題名からしてちょっと期待して読み始めました。探偵最中の細かいところが私にとってはわかりづらかったのですが、全体的には楽しんで読めたかと思ってます。3人の勇気がすばらしい。私だったら絶対イヤ(笑) Joshの変わりようには本当、笑えますね。
thanks機能は会員のみ
2011/11/02 By 美桜 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,334)
読みやすかったし、面白かったです。
emaさんの仰るとおりJoshの変わり身の早さに笑いました。
ホテルのオーナー夫婦みたいな夫婦になりたいなと思いました。

図書館で借りたので挿絵の違いは確認出来ませんでした。
ザンネンです。(>_<")
thanks機能は会員のみ
2011/09/11 By j138 (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
話しが長い割には、内容が薄い印象でした。
エンデングが楽しかったですね。
最初の頃と挿絵が違うのでLivvyの印象がだいぶ違う気が。。。
美桜より thanks機能は会員のみ
2011/08/21 By ema (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
シリーズ8作目は、最初の舞台になったGreen Lawnに唯一(?)あるホテルで
起きた幽霊騒ぎに乗り出す三人組のお話です。
ちょうど紅葉のシーズンで一年で一番の稼ぎ時なのに、幽霊騒ぎのせいで
お客さんがみんないなくなってしまう事態に。
このままではホテルの存続が…。

前作より面白かったです。
お化けなんて信じないよ、って言ってたJoshが一番怖がってたのに笑いました。
そしてやっぱり勇敢なRuth Rose。
謎解き要素はあまりありませんが、楽しめる作品に間違いありません。
美桜より ranより thanks機能は会員のみ
2011/06/03 By ran (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
A to Z Mysterisの何冊目?アルファベットを数えてHですね。

A~読んできて、このHの作品はドキドキ感があって面白かったです。
最後のほうまで原因が分からなかったので、
どう終着するのだろうとページを一気に進めてしまいました。

この3人組、言葉のジョークもたまにいい味出しますね。
あと、この巻では怪しいなと思わせる伏線が結構多かったと思います。
その為、謎が分かりにくくなっています。

読みやすさ的には、私はシリーズの他の本と同じぐらいでした。
floconより 美桜より thanks機能は会員のみ
2011/04/14 By No91 (評価:4点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,287)
今まで読んだAからHの「A to Z Mysteries」の中では、一番面白かった。

Shangri-laホテルにでるお化けの正体を暴く内容のお話です。

レモンさんは、少々読みにくいとおっしゃってますが、個人的には読みやすい感じでした。
時間をあけて再読してみたいと思ってます。
ranより 美桜より thanks機能は会員のみ
2011/04/12 By レモン (評価:3点 / ジャンル:MY / YL:3.5 / 語数:8,016)
Shangri-Laホテルに幽霊が出る噂が新聞に載っているのを見て
3人組が真相を明らかにするべく立ち上がる。

第1弾で舞台になったホテルには知り合いも働いているので
そんなホテル存続の危機を回避するべく真相究明をするのだ。

このシリーズで今まで読んだ中ではYLは上の方かもしれない。
少々読みづらかったような・・・・
個人的にはいつものようにスラスラって感じで読めなかったような気がする。
即座に再読してみたらちゃんと読めたので安心した。
1度で内容がわからないのはまだまだ修行が足りない証拠である。

thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ