多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth? (A Stepping Stone Book(TM))
著者: Louis Sachar
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1992-07-28
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 613円 [定価:¥ 550]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 2650位
シリーズ:Marvin Redpost(vol.1)

多読国民のレビュー

全件356 人読んだ315 人読書中5 人興味30 人積読7 人
コメントなしも表示する
2017/03/14 By でんでん (評価:5点 / ジャンル:CO / YL:2.1 / 語数:5,423)
Marvin Redpostという男の子が、自分は生まれてすぐに誘拐され行方不明になっているシャンプーン王国の王子ではないかと本気で疑い、家族や友だちを巻き込んでいくというコメディ劇。
Marvinのバカげた話に対応する両親の描写が面白い。
2〜8巻も読んでみたい。
でんでんより thanks機能は会員のみ
2017/03/04 By かほる (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
再読。
Marvin Respostシリーズ一冊目。
前に読んだときは難しく感じたが、50万語を越えたせいかスルスル読めた。
ニュースを聞いて自分が生まれた日に誘拐された王子様かもと考えたMarvin。年もあってるし、目の色も髪の色も同じだし。

真剣に取り合ってくれる温かい家族に癒されました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/07 By MUMU555 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.4 / 語数:5,209)
内容としては、さすがに児童向けなので、刺激にかけるものの、子供らしいものの考え方には癒されます。
thanks機能は会員のみ
2016/12/04 By ふくいち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
英文多読界で有名な Marvin Redpost。満を持して,第一巻を読んでみた。
確かに英語は平易だが,物語に深みがあって,ボーッと読んでいられない。自分が某国の王子ではないかと言ったときの両親の対応!!
"it all sounds very logical" って,親は真相を知っているだろうに,子供の話を頭ごなしに否定しないってことなのかな?血液検査まで付き合うの?
まさか両親も可能性を否定していないってこと?
Arnold親子を登場させたのは,Marvinの親が打算的な考えを持っていないことのアンチテーゼではないかな?
thanks機能は会員のみ
2016/11/05 By かーと (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
1冊目


少しわからなかったとこもあったが、全部読めた。
このシリーズは制覇したいです。
thanks機能は会員のみ
2016/09/30 By クボレタ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.7 / 語数:5,209)
2回目の血液検査の結果を聞かず帰るところがぐっときました。
thanks機能は会員のみ
2016/08/11 By 多読うさぎ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
Marvin Redpostシリーズの一作目。

非常に平易な英語で、読みやすかった。(中学3年の教科書レベル?)

あの"Holes"のLouis Sacharが書いているというだけあって、安定したストーリー展開だと思う。

個人的にはMarvinが試験会場で出会った、Arnold一家が気に入りました(笑)
thanks機能は会員のみ
2016/08/09 By りょお☆ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
<再読>振り返り読書。多読を始めた初期に読んだシリーズ。「自分の本当の親は違うところにいる!」という、子どもにありがちな妄想を、何と優しく受け止める家族だろう(*‘∀‘)
nanakoより thanks機能は会員のみ
2016/08/06 By スバル (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.2 / 語数:5,209)




平成28年7月14日から読み始めた。48分で読了。英文自体はとても簡単なのでスラスラ読めた。簡単な英文の割には内容が面白かった。最初は冗談のつもりで王様の息子と言っていたMarvinが、徐々に本当にそうなのでは?と考えてしまうというのが面白かった。また、MarvinとJenniferが電話する場面は、Marvinが年齢の割にはとても礼儀正しく会話をしていて感心した。 次もこのシリーズを読む。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2016/07/08 By とみー (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
かわいらしいお話でした。
やり取りに温かさがあっていい。
時々知らない単語も出てくるものの、めちゃめちゃ読みやすいです。
nanakoより thanks機能は会員のみ
2016/03/25 By まえだ王子 (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:5,209)
おもしろい。
thanks機能は会員のみ
2016/03/14 By Jay (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,525)
家族と似ていない自分は、実はある国のさらわれた王子なのでは?
Marvinは自分が王子だと思い込んでしまいます。
本当のところは‥?

英語は易しめで、久しぶりの多読でしたが、辞書なしでも、だいたい理解して読めました。
面白かったので、あっという間に読めてしまった感じ。
thanks機能は会員のみ
2016/02/29 By おっさん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.0 / 語数:5,225)
RL1.8と裏表紙に記載が有ったのでMagic Tree Houseより少し優しいのかと思いましたが、
やっぱりちょっとした単語で知らないのが頻繁に出てきます。
それも含めて自分には非常に適度なレベルであり、GRとの交互読書のアイテムに加えようと思います。

Marvinは、あかん子供なのですが、でもきちんと考えられて、礼儀正しくて、人の事を考えられる良い奴。
私も子供の頃は、「僕は本当は大物政治家の隠し子でそろそろ迎えに来るんじゃないか」と思っていました。
きっと誰もがちょっとは思うそんな事。子供だった頃を思い出しながら楽しく読めました。
thanks機能は会員のみ
2016/02/23 By かんぽん (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,255)
Holesから入ったのでギャップにびっくりしました。






平易な文章で、意味が深い意味があって面白い。MTH合わない人でもおすすめかも。。
thanks機能は会員のみ
2016/01/16 By NURNBERG0505 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
初めてチャレンジした洋書。
話の展開が小気味良く、ちょこちょこ読めない単語があっても読みやすい。
何より子供達の考え・行動がかわいすぎる。
thanks機能は会員のみ
2015/12/07 By とし (評価:5点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:5,209)
読みやすく大人が読んでも楽しいです。同じ親として、Marvinのお母さんが素敵です(笑)シリーズ制覇します。
thanks機能は会員のみ
2015/11/06 By 空猫 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
国王が誘拐された王子を探しているというニュースが流れるなか、自分がもしその王子だったらとボンヤリと思っていたマーヴィン。友だちや同級生、家族との会話をしているうち、単なる思いつきが半信半疑になる流れが、ほのぼのと面白くて良い。マーヴィンは完璧に悪意がない人で、周囲の人も基本的にいい人たち。我が子が妙なことを言っていると思いながらも頭ごなしに否定せずに応答する両親と、子どもの悪ふざけではないと気付いて対等な目線で話をしてくれる受付のお姉さんが特に素敵。
thanks機能は会員のみ
2015/11/01 By 仔猫伝説 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
読みやすく面白かった
仔猫伝説より thanks機能は会員のみ
2015/10/07 By bazar (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:5,209)
Marvinの考えかわいいね。シリーズ読もうかな。
thanks機能は会員のみ
2015/08/13 By めりー (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,423)
読みやすいしおもしろい
thanks機能は会員のみ
2015/08/10 By ハマタケ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:5,209)
話の展開、余韻を残させる終わり方など、優れた読み物だと思いました。
thanks機能は会員のみ
2015/07/11 By ちいせん (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
BFC6巻に紹介されていたので読了。そこまでおもしろくなかったけど、あと2冊手元に続編があるので、それを読んで続けるかどうか決めよう。
thanks機能は会員のみ
2015/07/07 By Hide (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
子供の頃をちょっと思い出しちゃいました。Marvinのことを頭ごなしに否定せず、イイ家族ですよね。
同ページにわからない単語がいくつかあっても、話が面白いせいかあまり気にならず、最後まで読みきってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2015/06/05 By ノブ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,256)
マービンはプリンス?!
家族も仲間もいい人ですね。
thanks機能は会員のみ
2015/05/31 By tomodad (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
読みやすいです。ちょっとほのぼのしたところもあります。
thanks機能は会員のみ
2015/05/01 By aha (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
これと同じこと、自分も考えました。子供の頃。
実は天皇家の子供なんじゃないかって。
兄貴に言われた「バカじゃないの!」の一言で終わってしまいましたけど。
thanks機能は会員のみ
2015/03/12 By tenteco (評価:-- / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
結局どうだったのか結論は出さずじまいで、まあそれはいいんだけど、後日クラスメイト達とどういうやりとりがされたのか気になる・・・。25セント不本意かもしれないけど受け取っちゃったりしたわけだし・・・・

thanks機能は会員のみ
2015/01/16 By mamamamao (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
多読をはじめてみよう!と新幹線の中で思い立って、そのままkindleで読み出した1冊。

男の子の思考回路がとても可愛らしくて、先が気になる本。
下手に子供向けの冒険モノを読むより、大人には楽しめるんじゃないかなと思います。

わからない単語もぽつりぽつりあるものの、特に止まることなく読めて、
とっつき易くてよかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/12/31 By mokux (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,209)
キャラクター達が活き活き描かれていて、彼等のやり取りが楽しい。
ただ、オチが夢オチ並みにひどい壮絶なる肩透かし。
展開の割りにページの消費が早くて、まさかなぁ…と危惧してたら、案の定コレかよ、と。
thanks機能は会員のみ
2014/12/15 By teateatea (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
図書館には残念ながらこの一冊しか見当たりませんでした。
シリーズで読んでみたかったです。
語彙制限のものと違ってわからない単語はやはり多かった。
thanks機能は会員のみ
2014/11/03 By merio (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
さくさく読めて、かつ面白い。多読に向いている。
Marvinシリーズを読もうと思う。
thanks機能は会員のみ
2014/10/02 By 三ノ窓 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,259)
気軽に楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2014/09/28 By thessa (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
レビューの評判が良かったので、初めてのGR以外の本として選んでみました。
面白いですね、Marvin。
ユーモアがあって、あたたかい気持ちになれる、
そんな児童書だったので安心して読み進められそう。
このままこのシリーズにハマるのもいいかも。
thanks機能は会員のみ
2014/08/29 By かほる (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,423)
自分は本当は赤ん坊の頃さらわれた王子さまだったのではないかと、考えるMarvin。
彼が育ててくれた家族に考えを話す場面が暖かくて好き。

少しわからない単語も出てきましたが、読みやすかった。
次作も楽しみ。
thanks機能は会員のみ
2014/07/16 By Gray Cat (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
多読で評判が高いので図書館で借りてきた一冊。
帰りの地下鉄の中で読んでいて、何度か大笑いしそうになった。
小学校3年生のマーヴィンは、実は、今の家族の子供ではなく、
本当は行方不明の王子様なのではないか、と想像する。
赤ん坊の頃、産院でとり間違えられたので、
それで家族の中で自分だけ、髪や目の色が違うし、両親にも似ていないのでは?
誰でもありがちな妄想を、周囲の友人達が盛り上げてしまい、
マーヴィンは王様の子供探しの血液検査に挑むことになる。
友人や学校の先生、家族とのやりとりが、とても楽しい。
thanks機能は会員のみ
2014/07/12 By Pechi (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,209)
Marivinとその周囲の人(友人、両親、兄弟)とのやりとりが楽しい。
日本人の親だったら「聞く耳をもたない」ような話でも、Marvinの両親はMarvinの気が済むまでやらせてあげるんですね。さすがアメリカ、個人の意見を尊重する国です。
thanks機能は会員のみ
2014/06/05 By Emma (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
自分は今の両親の子じゃない。本当は王様が探している子供なのかもしれない!そんな想像がどんどん膨らみ、行動を起こす少年。少年の親友、クラスメート(茶化す女の子や皮肉屋の男の子も)、先生、両親と兄弟とのやりとりに思わず笑いがこみあげてきます。小学生の日常が生き生きしていています。米国でも日本でもどこでも、子供達の伸び伸びしている様子は良いです。
thanks機能は会員のみ
2014/06/01 By れん (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
自分が両親の実の子ではないのではないかと疑う…という、子どものころなら誰にでもありそうな設定の話ですが、予想以上に面白く、先が気になってどんどん読めました。Marvinだけでなく、まわりを取り巻く人々もあたたかくて魅力的で、特に両親の対応が素敵でした。レベル的にも内容的にも今の自分に合っているように感じました。
thanks機能は会員のみ
2014/05/24 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
実は再読。こどもらしい想像力と、それをうまくフォローするご両親が良かったです。
友だちのケンカを止めようとしてとっさについた嘘が…という展開はなんだかありそう。
妹がとにかく可愛いかった☆
thanks機能は会員のみ
2014/04/12 By ムコ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,423)
ルイス・サッカー、初めて読みましたが、とっても面白かったです。続きもよんでみたくなりました。シリーズで8冊?出ているようなので、最後まで読みたいシリーズです。
thanks機能は会員のみ
2014/03/20 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,423)
Marvin is one of my favorite characters of the children's books I read. Kids have such an amazing imagination! His story reminds me of what I left behind when I grew up.
仔猫伝説より thanks機能は会員のみ
2014/03/09 By kico (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,209)
Marvinは両親と髪の色も違うし、目の色も違う。
そして左利き。左利きの人はroyal bloodだと先生が言う。
そんなときShampoon王の子供が生まれた時から行方知れずで探しているというニュースが流れます。
眼の色、髪の色、年齢・・どれもMarvinに当てはまります。
そんなMarvinの心情と行動を描いた物語です。
ラストシーンがよかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/27 By ふにゃ (評価:-- / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,209)
GRではない本に初めてチャレンジ。知らない単語、慣れない文法も出てきます。しかし、本の内容自体がわかりやすいので読むことができました。最後はやっぱりいい話です。
thanks機能は会員のみ
2014/01/18 By keight (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
初Louis Sacharです。
最近GRばかり読んでいたので、正直少し読みにくさもありましたが、
イラストも結構載ってるし、多読的読み方で読了する事が出来ました。
引き続きこのシリーズを読み進めていくか悩みます。
Holesまでの道のりもまだまだ遠いようです。
主人公Marvinのように誰でも子供の頃に
「ひょっとしたら自分はこの家の子じゃないのかも…」
と思った経験があるのではないでしょうか。
子供視点の発想とラストのオチが微笑ましいです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/08 By tabby123 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:2.5 / 語数:5,209)
冷静すぎる両親
thanks機能は会員のみ
2014/01/08 By Florina (評価:5点 / ジャンル:SA / YL:2.5 / 語数:5,209)
楽しい!
thanks機能は会員のみ
2014/01/05 By まるこ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
先が知りたくてどんどん読み進めることができました。
わからない単語もいくつかありましたが、気にせず進みました。
シリーズ全部読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2014/01/02 By 流詠英字郎 (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
ほんとうに「楽しい」物語です。
純粋に良いです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/24 By FreeBard (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
Shampoonという国の王子が生まれてすぐにさらわれて、王様が探し続けているとニュースで言っていて
友達がけんかになりそうになるのを止めるために、とっさについた嘘
でも、髪の毛の色、目の色が家族の中で自分だけが違うことが気になりだして。。。
thanks機能は会員のみ
2013/12/10 By Okapia (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:5,263)
すばらしい! これは絶賛です。この語彙と語数でこんなに素敵なお話が書けるんですね。
中盤まではしっかり笑わせて、最後は心温まる…。オススメです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/03 By Marsa135 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,263)
Marvin Redpostはごく普通の9歳の小学生。ひょんなことから自分が王子であると思うようになり…。

児童書と思って内容は期待してなかったですが、良い意味で裏切られ楽しく読めました。
magic tree house も面白いですが、こちらの方がストーリーがひねられていて面白かったです。
図書館で借りたけれども、本を買い直して再読しようと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/12/02 By aoi (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,255)
再読。30min
thanks機能は会員のみ
2013/11/20 By はぐれメタル (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
多読王国で好評価を得ている「Holes」の作者、Louis Sacharさんのシリーズものの第1巻。
語数が少なく、易しい英語で書かれているのでとても読みやすかったです。

主人公は小学3年生の男の子、Marvinです。Marvinはある日、
「自分は両親とも祖父母とも似ていない。本当はこの家の子供じゃないんだ!」と考えます。
そんな悩みを思い切って両親に打ち明けてみても案の定、あまり相手にされません。
ところが、Marvinの友人たちは面白がって話を誇張させていきます。
友人たちに担ぎ上げられたMarvin本人もまんざらではなくなり・・・。

誰しも子供の頃に「自分はこの家の子供ではないのかも。」って思ったことがありますよね。
読み進めながら、そんな自分自身の経験も思い出しました。
結末が気になる展開なので、どんどん読み進めることができました。
続けて第2巻以降も読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2013/10/31 By sumiくん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
子供らしい発想というか、可愛らしくて面白かったです。
分からない単語もポツポツ出てきましたが、内容が分からないほどでは
無かったので、もっと力をつけて再読したいと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/10/14 By パコ (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:4,662)
初LouisSachar体験。
MarvinRedpostを読破してHolesまで行きたい。
まずは辞書なしで行けた。これならシリーズ進めていけそうだ。
thanks機能は会員のみ
2013/10/08 By RtoA (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,209)
初めてのLouis Sacharの作品。
とっても可愛いストーリーです。
主人公が素敵な男の子だから余計楽しく読めました。
また再読したい本です!

thanks機能は会員のみ
2013/09/26 By 7e (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
Marvinのキャラクターがとても可愛くて、大好きになりました。
ストーリーもとても面白く、ちょっと背伸びしても
このシリーズならどんどん読みたいと思えました。
thanks機能は会員のみ
2013/09/22 By トリプルアクセル (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
どんな結末になるのかが楽しみで、ぐんぐん読み進められます。
終わりに近づくにつれて、受付対応の女性がMarvinを気に入って会話するとこの描写に、そうね、そういう気持ちわかる、私もやっぱりMarvinが好きになっったみたいだから、とつぶやくようにして読んでいました。
 成長期の子の心のゆれがほんわか表現されていて、読後感も気持ちのいい本でした。
少しも気張らずに読めそうな、このシリーズはまりそうです。
thanks機能は会員のみ
2013/09/16 By Mark (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
I read Marvin Redpost #1: Kidnapped at Birth? by Louis Sachar this morning. It's easy to read. I like this story. :-)
thanks機能は会員のみ
2013/09/11 By ケイ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
LV2の本は初めてでした。
ちらほら、知らない単語が出てくる感じ。
ストーリーは追えるが、まだ語彙が足らないですかね。
Marvin の決断に拍手
thanks機能は会員のみ
2013/09/10 By rachel (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
私には少し単語が難しいところもあったのですが、ストーリーが面白かったので、楽しく読めました。
実は自分は行方不明の王子ではないかと思い始めるMarvinの言動が、可愛かったです。
特に後半、面白かった!
thanks機能は会員のみ
2013/09/09 By はなみ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,200)
290L
thanks機能は会員のみ
2013/08/22 By ジェンヌ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,255)
かわいくて面白い。
多読の初めの時期にぴったりだと思う。
早い時期にシリーズを読みきりたい。
thanks機能は会員のみ
2013/08/15 By ちぃ (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,209)
Marvin、いい家族をもってるねぇ。
thanks機能は会員のみ
2013/08/05 By aoi (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,255)
期待した程ではなかった。5255words/40min 131/min
thanks機能は会員のみ
2013/06/10 By piyo (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.3 / 語数:5,525)
Marvinの両親が素敵です。
息子が、突然「僕はシャンプーン王国の王子です。」などと突拍子もないことを言い出しても、頭から否定せず、”It all sounds very logical."と言って、Marvinが自分で納得できる結論を出すのを見守ってくれます。
妹のLinzyがかわいい。
thanks機能は会員のみ
2013/05/31 By tomomi (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
有名な作家さんということで読んでみましたが、とても面白かったです。Marvin可愛いです。家族とのやりとりも笑えました。少しずつ読んで全シリーズ制覇したいなと思いました。
thanks機能は会員のみ
2013/05/08 By penpen (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,200)
分からない単語がいくつかありましたが、スラスラ読めました。
気軽に読めて面白かったです。
シリーズのほかの本も読んでみたいと思いました。
thanks機能は会員のみ
2013/05/08 By おさむ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,200)
可愛らしい主人公に、周りの人もまたあたたかい。
大きなことが起こるわけではありませんが、
ドキドキしました。
thanks機能は会員のみ
2013/05/04 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,265)
子供向けの本なのにとても面白かったです
thanks機能は会員のみ
2013/04/28 By ran (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,423)
Marvin Redpostの1作目、多読界でも有名なルイス・サッカーの作品で、
私もようやく読み始めました。

内容としては子供が主人公で、サッカーらしい子供心をつきつつ、
また大人も取り入れて展開していく部分が読んでいて楽しいです。

また文も簡単で1巻辺りの語数も少ないので、多読入門書としてもオススメです。
初心者でも最後まで読みきれる部分、やはり最後が気になって読み続けてしまう部分。
いろいろとサッカーが子供たちに本当に読みきれる本を書いているなぁと感じます。
thanks機能は会員のみ
2013/03/25 By eshudo (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,200)
やっぱ主人公が可愛い。
thanks機能は会員のみ
2013/03/24 By eshudo (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,200)
面白かったよ。

24 min -> 216 wpm
thanks機能は会員のみ
2013/02/27 By まるりん (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
家族の中で一人だけ赤毛で青い目の男の子Marvin。
自分は9年前に誘拐された王家の子ではないかと思い始め、まわりの友達にも
おだてられ、ついには家族の前でも宣言し血液検査を受けることに。。。
こんな突拍子もないことをいいだすMarvinですが、動じないお父さん、お母さんの深い愛情。

YL2.5ということですが、それほど難しい単語はなく、文章もわかりやすくスラスラと読めました。
thanks機能は会員のみ
2013/02/07 By アクア (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
生まれてすぐに行方不明になった王子のことを知ったMarvinは、自分がその王子なのでは?と思います。年齢はぴったり、髪の色、目の色も同じ。Marvinに対する友だちや両親の反応が興味深かったです。
thanks機能は会員のみ
2013/01/24 By ねむりねこ (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,209)
【Kindle版】Marvinの心の揺れてる描写が良かった。
thanks機能は会員のみ
2013/01/23 By しろきいろ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,209)
Kindle版。昔Holesを挫折したのでびくびくしながら読みましたが、無事読了。
わからない単語を読み飛ばしても、十分ストーリーを追って行けました。
多分ここだろうなー、っていう「笑うところ」が随所にあるのですが、
私の英語力ではまだまだ自信を持って笑えません…でもするする読めたし、
子どもたちの必死な感じが可愛らしく、とても楽しめました。
thanks機能は会員のみ
2013/01/19 By tosh (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:2.4 / 語数:5,525)
Sacharということで#4までまとめ買いした#1。
英語は易しいが単語でわからないのが出てくるが、そこは多読の精神で読み飛ばし。
でも面白い。YL3と思っていたがYL2らしいが、YL4/5あたりと同時に読むのによさそう。
thanks機能は会員のみ
2012/12/24 By じゃじゃ丸 (評価:2点 / ジャンル:HW / YL:3.0 / 語数:5,209)
見たことの無い単語ばかりで
自分にはまだ難しかった
thanks機能は会員のみ
2012/12/22 By Akio (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:5,423)
なんてほのぼのした話なんだ。
誰でも一度は考える「本当の親は別にいるのでは?」という子供の思いつきが思わぬ方向に。
登場人物がそれぞれ魅力的です。
thanks機能は会員のみ
2012/12/15 By new_be (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.5 / 語数:5,423)
Shampoon王が探している王子は僕だ!Marvinは色々な推測の元確信を深める。そして血液検査を受けに行く事になる。両親、兄、妹にも話し、当日は検査会場へ車で送ってもらう。検査の結果は・・・。
腕白でハチャメチャな感じかと思っていたが、どちらかというととぼけた感じのお話。いきなり息子に"Mr. and Mrs. Redpost"と呼ばれた両親は驚いただろう。ちょっと笑ってしまった。Marvinの母親の対応が気が利いていて良い。王子になるより、この母の息子であることの方が素敵だと思う。
thanks機能は会員のみ
2012/12/10 By めねたおたべ (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.2 / 語数:5,209)
なんとなく敬遠していたのですが、図書館にあったので読んでみました。やさしい英文なのに妙にとぼけた味があって、よかったです。人気のある理由がわかったと思いました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/10 By kaz5n (評価:3点 / ジャンル:EA / YL:2.5 / 語数:5,209)
さくっと読めました
thanks機能は会員のみ
2012/10/18 By nanya (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
9年前、生後間もなく攫われた行方不明の王子は自分と同じ赤毛に青い目で……。
最初は冗談だったのが、言ってるうちにどんどん本気になって、
血液検査まで受けに行くところなんか、如何にも子供のころありそうな感じで生き生きと描かれてます。
夢中で読みましたがラストがちょっとピンとこなかったので4つ星。

赤毛の子は遺伝の関係で、両親と髪の色が違うことが多いとか、
左利きは Royal の話は、英王室に左利きが多いことからきてるのかなとか、
細かいところも良くできてるなーと思いました。

英国の Prince Harry も赤毛で両親と髪の色が違いますが、
王室から DNA 検査を強制されたという、この本とは真逆の実話が……王室は小説より奇なり。
thanks機能は会員のみ
2012/09/03 By milanmilan (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,209)
Magic treeシリーズより、読みやすかったです。ラストはいまいちでしたが、アメリカの小学生の日常が興味深く読めました。
thanks機能は会員のみ
2012/08/25 By hiroshi60 (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,250)
GRの場合、事実が淡々と進んでいきますが、この小説は、心に響きます。

読み易く且つおもしろい本です。分からない単語もありますが、大体が感情表現や、身振りの単語なので

飛ばしても意味は分かりますし、何回も出てくる言葉は何となく想像出来ます。

thanks機能は会員のみ
2012/04/28 By Elephan (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:2.2 / 語数:5,423)
ちょっとうだつの上がらないMarvinが、実は王子様だった!?
アメリカのほのぼのホームコメディって感じです。
間の抜けたイラストがいい味出してます(笑)人が良すぎるRedpost一家^^;

他の方も言われているとおり、日常生活のお話なので、同レベルくらいのMagic Tree Houseよりこちらの方が読みやすい場合もあり。
文章も難しくないので、分からない語彙が多少あっても読み下せます。

シリーズで全8巻。
thanks機能は会員のみ
2012/02/21 By runneco (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.4 / 語数:5,263)
Marvin Redpostシリーズ第一弾
主人公のMarvinは、自分は赤ん坊の時に誘拐されて、実は王子なんだと思っている。
本当に王子であるか確認しにいくと、親に話したところ止められもせず本当に王子であるか
確認することに。
話の最後は意味はわかったんですが、どこが面白いかわかりませんでした。
いわゆるアメリカンジョークてやつなんでしょうか
thanks機能は会員のみ
2012/01/05 By うし (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,209)
GRに比べると、知らない単語がちょくちょく出てきますが、特に問題なく読むことができました。
最後のオチがどうなるかワクワクしながら読みました。
とても心温まる結末で、読後感がとてもよかったです。
続きのシリーズを読むのが楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2011/12/03 By 美桜 (評価:2点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,525)
前回 よくわからなかったので、再読してみた。
皆さん 大絶賛だけどイマイチ私にはよさがわからず。。。
Mavinの思い込みの激しさにちょっとげんなりしてしまいました。
小学生くらいの時、誰でもこんな時期はあると思うし、面白かったのですが。。。
なんかいろいろ中途半端だし、期待しすぎたせいでしょうか。

文法的には難しくないのですが、YLの割りに単語がちょいちょい難しく感じます。
養子縁組とか王位とか知らない単語が多かったです。勉強します。
thanks機能は会員のみ
2011/11/18 By (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:3.0 / 語数:5,209)
最近同じジャンルの本(ファンタジー)ばかり読んでて飽きてきたので、別口の本を探していたところ、Louis Sacharの本で読みやすい本があるとうことを知って読んでみた。

やっぱり新鮮でした♪
平坦な英語で読みやすく、ストーリーに引き込まれて(Marvinに引き込めれて?)
最後まで楽しく読めました。
個人的にはMagic tree houseシリーズより読み易かったかも。
日常生活だからかな。

8冊出ているそうなので、続きも読んでみたいです♪
thanks機能は会員のみ
2011/09/27 By けくの太郎 (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,209)
比較的スラスラ読めました。内容も面白くて、のめり込めました。Marvinの思い込みによる大きな行動に感心しながらも、最後はほっこりしました。
thanks機能は会員のみ
2011/09/23 By モッツ (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.3 / 語数:5,209)
Louis Sacharの本で、まず易しめのものから始めようということで読んでみました。でも意外と知らない単語が多かったですが、飛ばして読んでもストーリーは十分楽しめました。

主人公のMarvinが両親と兄弟とも似ていなくて、さらわれた王子と自分が似た特徴を持っていることから、次第に自分がそのさらわれた王子ではないかと思いこんでいって、ついには本当に王子かどうかを確かめに・・・

というちょっと変わったお話ですが、家族の温かさや大切さを感じられるほのぼのとした作品だったと思います。

美桜より thanks機能は会員のみ
2011/09/22 By ごっち (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.3 / 語数:5,233)
主人公Marvinが新聞やテレビでさる国の王様が生まれてすぐ誘拐された息子=王子を探していることを知ります。
王様は赤毛で青い目。Marvinも同じ赤毛で青い目。
もしや自分が王子なのでは?誘拐犯が病院に隠したところを今の両親が連れて帰ったのでは?
ひょっとしたら今の両親が実は誘拐犯???
Marvinと親友たちの想像はどんどんふくらんでいきます(笑)。
そして我こそは息子と思う子供たちがある場所に集められることを知り、Marvinも向かいますが・・・

あらすじはこんな感じですかね。
「自分は本当の子供じゃないのでは?」って考える子供、結構いそうですよね。
(私は親にそっくり過ぎて疑いもしませんでしたが)
そんな身近なネタが簡潔な文章で書かれていて、3時間ほどでさくっと読めてしまいました。

--ここからはネタバレになると思うのでちょっと行空けます。--








ただ終盤までおもしろかったけど、いきなり尻切れトンボみたいなラストにポカーン(゚Д゚)。
えっ、で結局王子は?みたいな。

それにしてもMarvinのご両親(特にお母さん)、普通息子が自分は誘拐された王子だと思うって
言い出したら「そんなわけない」みたいな感じで笑い飛ばすとか叱るとか説明するとかだと思うのに
会場まで連れて行ってあげちゃいます。
自分で納得するまでやらせよう、ってことなんでしょうが、すごいですよね(笑)。
美桜より thanks機能は会員のみ
2011/07/30 By j138 (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
読んでる人の多いこのシリーズをよんでみました。
児童文学の王道のようなストーリーでした。
読みやすいですが、わくわくは少し薄めかも。
もう少し読んでみようと思います。
thanks機能は会員のみ
2011/07/28 By aki (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,209)
ちょっと期待しすぎだったかも・・・。
最後のオチがちょっと・・・って感じでした。
(自分がまちがってるのかと思って何度も読んでしまいましたw)
でも嫌いな感じじゃないです(笑)
thanks機能は会員のみ
2011/07/11 By ema (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
子どもの頃に一度は考えた事がある(!?)、「自分はこのうちの子じゃない」という思い。
Marvinは、家族の中で一人だけ赤毛で青い目で左利きの9歳の男の子。
ある日、Shampoon王が9年前にさらわれた息子を探しにアメリカにやってきたというニュースを聞き、
Marvinは自分こそがそのさらわれた子どもでは??と思うのだった…。

というお話。
Magic tree houseシリーズとA to Z mysteriesシリーズの間くらいの読みやすさに感じる。
家族の絆を感じる、ほのぼのとくるお話だった。
thanks機能は会員のみ
2011/06/02 By 美桜 (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.5 / 語数:5,525)
みんなの口コミを読んで借りてみる。
しかし、なんだかよくわからなかった。

すごく有名な児童作家らしいので他の本を読んで、
少しスキルがあがったら再度読んでみようと思います。
thanks機能は会員のみ
2011/03/19 By 美月 (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
いや~、ここまで簡単な単語で5000語も書けるなぁと
アッパレ!でした。
しかも話の内容もなかなか読み応えが合ったような気がする。
Marvinもさることながら周りの家族や大人たちの対応が
とても暖かく心にくるものがあった。
続きが楽しみです。
ranより thanks機能は会員のみ
2011/03/11 By flocon (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
なんとなく、A to Z mysteries と同じくらいの感じかと思っていたが、
それよりずいぶん平易だった。
しかしそのぶんちょっと物足りなかったような気もした。
アマゾンなどのレビューがよかったのでちょっと期待しすぎたかな?
もちろん、おもしろくはあったんだけど、なぜか、
ほかのものに浮気しながら読んでしまった。
美桜より thanks機能は会員のみ
2011/02/15 By レモン (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:2.0 / 語数:5,209)
Nateシリーズの次に読みたいと思っていたシリーズ。
これは意外と読みやすい。
Marvinは赤毛で目が青い9歳の男の子。
King of Shampoonの息子と思い込んでしまうところから物語がはじめる。
自分が左利きであること、両親に似ていないことからすっかり誘拐されたプリンスと思い込んでしまう。
ありえない話であるけれど・・・・
この家族の対応がまた温かく笑える。
すっかり信じきったMarvinは王家に電話をかけ、血液検査まですることになる。
さてさて・・・・どうなる???
子供の純粋な感覚、読めば懐かしい感じになってくる作品である。
続きが楽しみだ。

ranより thanks機能は会員のみ
2007/03/23 By giraffer SACHI (評価:3点 / ジャンル:SA / YL:3.0 / 語数:5,209)
2回目。
thanks機能は会員のみ
2004/09/15 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,423)
再読。2回目のテストを受けたらどうなってたんだろう?
thanks機能は会員のみ
2003/10/13 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:5,423)
短いストーリーの中でも細かい心の動きまで描かれていて面白かった。
thanks機能は会員のみ
2003/03/11 By nicoco (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:2.5 / 語数:5,209)
お気に入りのシリーズ。すごく面白かった。最後結局真実がわからなかったのもにくい。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ