多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Radio Fifth Grade
販売元: Scholastic Paperbacks
発売日: 1995-05
種別: マスマーケット
ページ数: 192ページ

多読国民のレビュー

全件2 人読んだ1 人読書中0 人興味1 人積読0 人
コメントなしも表示する
2015/08/01 By めねたおたべ (評価:4点 / ジャンル:SA / YL:3.5 / 語数:44,000)
5年生のベンジーは、友人のマーク、エレン・ルイーズの3人で、スクールラジオプログラム「キッズショウ」を製作している。毎週土曜の朝に放映するプログラムで忙しい毎日で、番組制作のことしか頭にない。キッズショウは町のペットショップがスポンサーで、今はこの番組を通して高価なオウムを宣伝しなくてはいけないし、番組に出してくれと頼んでくる他の生徒たちの話も聞かなくてはならない。
そんなある日突然、彼らのクラスの先生が、宝くじに当たったと学校を突然やめてしまった。かわりにやってきた先生は、毎日とんでもない量の宿題を出すだけでなく、週末に妙なトリビア問題も課題として出してくる。こんなことでは土曜のラジオショーの準備ができないと思ったベンジーは、ラジオも課題も同時に片付ける、一石二鳥のアイデアを思いつく。

おもしろかったです。学園ものスラップスティック・コメディ。ベンジーの「キッズショー」をめぐってもちあがるいろんな問題を彼らはどうやって解決していくか、ノンストップのストーリーが繰り広げられます。ベンジーをはじめとした子どもたちも個性豊かですが、いきなり学校をやめてしまう前の担任、どこかずれている新任教師、いつも小説に夢中な顧問の先生、店の売り上げに必死のペットショップオーナーなどまわりの大人たちもちょっと変わっていて面白く、ストーリーを盛り上げてくれます。会話もいきいきして楽しいです。

thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ