多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)
販売元: Random House Books for Young Readers
発売日: 1987-11-12
種別: ペーパーバック
ページ数: 96ページ
売り上げランキング: 448位
シリーズ:My Father's Dragon(vol.2)

多読国民のレビュー

全件73 人読んだ67 人読書中1 人興味2 人積読3 人
コメントなしも表示する
2017/04/11 By かほる (評価:5点 / ジャンル:AD / YL:3.4 / 語数:7,167)
エルマーとりゅうの原作。
前作で助けたドラゴンに送られてエルマーの家に向かうのですが。。。

楽しかったです。
前作のエルマーのぼうけんはよく覚えてたのですが、こちらは内容をすっかり忘れてたので新鮮な気持ちでよみました。
三部作なのでもう一冊を読むのが楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2017/03/08 By NANA@英語多読家 (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:7,167)
エルマーがりゅうの背中に乗ってお家へ帰る途中でのお話です。可愛いー。面白いー。時々難しい単語で引っかかりますが、冒険物なのでワクワクします。
thanks機能は会員のみ
2017/01/12 By riuce (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:7,176)
1/10 図書館にて貸出
なかなか引き込まれる
知らない植物の名前が多数
skunk cabbage
ostrich fern
milkweed
thanks機能は会員のみ
2016/09/23 By candy-sachi (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:3.5 / 語数:6,835)
あっけなく竜とさよならしてしまうのが寂しかった。子供ってこんなにあっさりしてるんだなぁ。。。前回よりも読みやすく感じました。
thanks機能は会員のみ
2016/01/17 By Eradist (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:2.8 / 語数:6,352)
"エルマーのぼうけん"の2冊目。邦題"エルマーとりゅう"。ドラゴンを助けたエルマーは家に帰ろとするが嵐で遭難しカナリアの王国に到着する。そこで、カナリア達の問題を解決する。動物となぜ話せるのか、お話は少しご都合主義に感じるが、話やイラストが醸し出す世界観が素晴らしく楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2016/01/12 By 空猫 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:7,167)
竜を救出に出掛けた経緯が不明なのが気になったが、これは第2巻だからのようである。最後まで読むと、この話はこの話で過不足なくまとまっている。エルマーってどうして動物と喋ることができるのかがさっぱり分からない。あと、竜は一体何が好物なのか気になったのでそれだけ辞書で引いてみたけれど、水芭蕉と草蘇鉄らしい。草食竜なのか。いろいろ腑に落ちないところが多いがほのぼのしていて悪くない。文章は挿入句と分詞構文が次々連鎖し、これは絶対に訳さないほうが読みやすい。
thanks機能は会員のみ
2015/09/16 By mokux (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:7,167)
一番緊迫する展開がストーリーの最冒頭だっていうのは、ちょっと変な構成である。
そして前作に比べると、ほのぼの間延びしすぎた感が否めない。スリルに欠けるし、オチもなんだか肩透かし。

ただ世界観の楽しさは相変わらずなので、前作に親しめた方なら安心して楽しめると思う。
妙ちくりんでセンスの切れるエルマーワールドは健在で、のんびりふしぎな冒険の旅を満喫できるはず。
thanks機能は会員のみ
2015/06/08 By たむ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:7,167)
聞き読み。
イラストがないと楽しくないかも。聞き読みしてたから、イラストがじっくり見られなくて残念。
thanks機能は会員のみ
2014/11/24 By みんにあ (評価:4点 / ジャンル:AD / YL:3.5 / 語数:7,167)
エルマーとりゅうの2巻目。
前作より読みやすかったです。
相変わらず難しい単語はいっぱいありました。
thanks機能は会員のみ
2014/09/21 By ヲチ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:7,019)
 無事ドラゴンの救出に成功したエルマー。今度はドラゴンを連れて家に帰る旅始まる。

 ”My Father's Dragon” の続編。何故か語り手がエルマーの息子じゃなくなりました。三人称です。不評だったんですかね。あと、前作と比べると物語の起伏が少なく、冗長な印象です。
 相変わらず読みやすいのですが、普通のYL4クラスのGRと比べると語彙が豊富。でも、ストーリーを追う分には苦労しないはずなので、多読向きな作品だと思います。
thanks機能は会員のみ
2014/08/22 By 早緒 (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:7,167)
三部作の二作目(らしいが、知らずに最初にこの本を読んでしまった)。
意外に知らない単語も多かったが、ストーリーの魅力で楽しく読めた。
thanks機能は会員のみ
2014/02/07 By roco (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.8 / 語数:6,835)
My Father's Dragon 3部作の2作目。
1巻でbaby dragonを助けたElmerは、途中でまた色んな冒険をしながら、
一緒に家路への旅をする。
字も大きく、イラストもたくさん入っていて、明らかに子供向けではあるが、
案外単語が難しい!
最後までわからなかった skunk cabbage、読み終えてからどんなキャベツか調べてみてビックリ!
Eradistより thanks機能は会員のみ
2013/12/13 By pirorin (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.2 / 語数:6,835)
一作目よりかなり読みやすく感じました。
なんだか、舌切り雀のような、可愛いおとぎ話風で、楽しかったです。
thanks機能は会員のみ
2013/12/12 By yukako (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:6,352)
耳読書しました。
朗読のスピードが遅すぎず、楽しく聴けました。
難しい単語は無く聴きやすかったです。

展開がほのぼのとしていて、可愛らしいので(おどろおどろしくない)、安心して聴けます。
thanks機能は会員のみ
2013/11/21 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:2.8 / 語数:6,352)
My Father's Dragon 3部作の2作目。
1巻でbaby dragonを助けたElmerは、
憧れの竜の背中にのって、空を飛んで家に帰ろうとするが、
途中でひどい嵐に遭い、海の中の小さな島の近くに不時着した。
そこはカナリヤだけが住んでいる島で、
“しりたがりびょう”にかかっているカナリヤの王様に頼まれ、
エルマーは地中から秘密の宝箱を掘り出す。
そして、エルマーとりゅうは、再び空を飛んで、それぞれの故郷へ帰る。
単語が自分には難しいものも多かったが、子供の頃に読んだ記憶とイラストに助けられて
楽しく読み終えることができた。
thanks機能は会員のみ
2011/09/28 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:6,835)
読みやすいけど、やっぱり知らない語句が結構出てきました。それらを読み飛ばしても問題なく話を理解できるレベルです。
今作も動物との会話ややりとりが面白いけど、1作目の方がいろいろな動物とのやりとりがあって面白かった印象でした。
thanks機能は会員のみ
2011/09/03 By Rieko (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:6,836)
Elmer's Adventuresの2作目。
読みやすいけれど、1作目ほどの盛り上がりはなかったかな。

こちらもどうぞ♪
http://rieko39.blog.fc2.com/blog-entry-189.html
thanks機能は会員のみ
2011/08/05 By Uwa (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:7,019)
<<図書館@墨田区>>

前作で助け出した竜と故郷を目指す途中に、嵐で立ち寄った島での冒険談。前作同様の文体に加え、情景に変化がないためにより読みやすく感じた一冊。
thanks機能は会員のみ
2011/06/28 By レモン (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.8 / 語数:6,835)
第1巻を読んで見慣れない単語の多さから撃沈してから早3ヶ月。
やっと楽しく読めるレベルに達したようだ。

文体は元々単純だったのだが、
見慣れない単語が多くなると単純な文体も難しく感じてしまう。
会話の部分は楽しく読めるけど・・・・
他の部分でやはりお目にかかったことのない単語が出てくる。
これは結構無視して読み進めて行っても大丈夫である。
エルマーと動物たちのやり取りが面白い。

YLは文体の単純さから言ったら3だろうけど・・・
今回3.8にした。かなり4に近い方での私なりの感覚である。
thanks機能は会員のみ
2011/01/28 By ran (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:6,835)
「エルマーのぼうけん」シリーズの2作目。
なんなんでしょうね。この不思議な楽しさは、
ストーリー展開的にはたいした事ないのに、出てくるキャラクターがみんな可愛らしいです。

英語の文体もやさしく、またひねりがないため初心者にも読みやすいと思います。
とはいっても単語とかの選定もいい感じなので、
結構覚える単語も多いはずです。オススメです。
thanks機能は会員のみ
2009/11/02 By しるく (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:7,167)
第1作目より、2作目のほうが状況が把握できてる分、読みやすいです。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ