多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Mr. Putter & Tabby Paint the Porch
販売元: HMH Books for Young Readers
発売日: 2001-10-01
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 707円 [定価:¥ 660]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 44ページ
売り上げランキング: 29100位
シリーズ:Mr. Putter and Tabby

多読国民のレビュー

全件32 人読んだ32 人読書中0 人興味0 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/01/12 By かほる (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:575)
再読。
お年寄りのMr.Putterと老猫Tabbyの物語。

ポーチをペンキで塗り替えようとしますが...
ほわっとしたはなしです。
こんなのんびりした老後迎えられたらいいなあ。
thanks機能は会員のみ
2016/06/27 By Ayangel (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:575)
読みながら笑みがこぼれるシリーズ。
話は単純なのですが何度でも読みたくなります。

子供向けと思いきや大人が手元に置きたい本です。

家のペンキを塗り直すPutterおじいちゃんの巻

ドタバタするのでさが冒頭と最後に注目して欲しい。
これもまた素晴らしいオチです。
thanks機能は会員のみ
2016/05/07 By kiyopom (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:575)
Mr. Putter & Tabby シリーズ 9作目。
Mr. Putterは家のポーチを見て、ペンキの塗り替えが必要だと思いました。ネコのTabbyもお手伝いします。途中まではいい感じなのですが、かわいい邪魔者が現れ、とんでもないことに。初めからやり直し。するとまた・・・お話の最後がとても好きです。
thanks機能は会員のみ
2016/03/13 By rose read english (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:1.4 / 語数:575)
ちょっとペンキを塗りなおすだけだったはずが、大変なことに。
でも大変なことになってしまった元凶の愛猫taddyのことは絶対に怒らない。とても優しいputterさんです
thanks機能は会員のみ
2016/02/25 By かほる (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:575)
Putterさんと老猫のTabbyのシリーズ第4弾。
いつものようにTabbyにお話を読んであげようとポーチに出たら…。
文章のイメージを絵が増幅させてて好き。
ジャンル、ほのぼのにいれるかコメディにいれるか迷いました。
thanks機能は会員のみ
2015/09/07 By NANA@eiseka (評価:4点 / ジャンル:EA / YL:1.3 / 語数:575)
シリーズ第4弾。Porchを塗り替えようとすると、とんでもないことが起こる、ほのぼの系絵本です。音源は手元にないですが、久しぶり音読で楽しみました☆
thanks機能は会員のみ
2014/08/15 By masako (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:575)
春ののどかな日に、Putterさんはポーチのペンキ塗りをします。ポーチがいろいろな色に変化して楽しい・・・。温かな気持ちで楽しめます。
thanks機能は会員のみ
2014/05/23 By Tadotsuka (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.8 / 語数:575)
Putterさんを手伝おうとするTabbyとzekeが、空回り。


小動物たちが、くぁいい。
thanks機能は会員のみ
2014/05/23 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:575)
初老のPutterさんと老猫Tabbyの日常をユーモラスに描いたシリーズ。
今回、Putterさんは、ポーチのペンキが剥げているのに気付き、塗り替えを思いつきます。
でも、老いたりとはいえ、家に猫がいて、隣人に犬がいて、となれば、お約束の展開に。
二匹がペンキ塗り作業の最中に暴走して、作業はおじゃんに。
ピンク、黄色、と何度も塗り直されるポーチ。
弾けている時の猫や犬の生き生きとした輝きが、絵本の中で思い出されます。
thanks機能は会員のみ
2013/09/04 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:575)
季節は春。欧米には春の大掃除の習慣があるそうですが、そんなことも関係しているのかPutterさんが汚れの目立つポーチのペンキ塗りを思い立ちました。鼻歌を歌いながらピンクのペンキを塗り始め、愛猫Tabbyもそばに居てゴキゲンの様子。しかし、その時思わぬ事態が…。
今回は猫のTabbyとお隣のTeaberryさんの愛犬Zekeが少し迷惑な大活躍をします。悪気がないんで怒れないんですがねぇ。
笑顔で締めくくられるラストはいつもと変わらぬ温かさを運んでくれます。
thanks機能は会員のみ
2012/09/17 By ねむりねこ (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:575)
読み手の歳のせいか、切なさも感じてしまうPutterさんとTabbyのお話。今回は春のお話にふさわしく最後までほのぼの、楽しい話しでした。たった575語でも豊かな気持ちになります。
santana01より thanks機能は会員のみ
2010/02/22 By しろぱん (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.5 / 語数:575)
ある春の日、PutterさんはTabbyに本を読んであげようとポーチに出ます。でもPutterさんはポーチの柱や手すりが気になりはじめ、ペンキを塗ることにしました。

今回もTabbyがか~わい~!!!他の動物さんも登場します。
予想されたアクシデントが起こってしまうわけですが、最後はちゃんと落ち着いた色のポーチに。。(笑)
santana01より thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ