多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Mr. Putter & Tabby Pick the Pears
販売元: HMH Books for Young Readers
発売日: 1995-09-15
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 707円 [定価:¥ 660]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 44ページ
売り上げランキング: 17560位
シリーズ:Mr. Putter and Tabby

多読国民のレビュー

全件53 人読んだ51 人読書中0 人興味2 人積読0 人
コメントなしも表示する
2017/01/12 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:809)
再読。
老猫Tabbyと暮らすお年寄りのMr.Putterのお話。
秋になってpear jellyが食べたくなったPutterさん。
庭の木に登ろうとしますが...
普通ならせつなくなるところを予想の斜め上をいくおかしさ。
ほのぼのとしたお話です。
それにしてもPutterさん、お茶目だな。
thanks機能は会員のみ
2016/12/05 By 05428427 harada yukina (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.2 / 語数:843)
おじいさんの想像してるものがどれもおいしそうでした。子供心を忘れていないおじいさんに笑ってしまいました。
thanks機能は会員のみ
2016/11/07 By 09428547 higashiyama moeko (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:0.0 / 語数:836)
イラストがかわいかった。読み終わったら、アップルパイが食べたくなった。
thanks機能は会員のみ
2016/11/07 By 11428108 morii mana (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:809)
Putterおじいさん、リンゴでナシを収穫したら痛みませんか?
あと、三脚を使えばいいのに…。
thanks機能は会員のみ
2016/10/24 By 05428327 miura akari (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:878)
アップルパイおいしそうだった…
thanks機能は会員のみ
2016/06/04 By calra (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:809)
相変わらずこのシリーズには知らない単語が。
りんごがパイになってくるところ、以前のご近所さんを思い出す。(おからを差し上げると煮て持ってきてくれた。w)中高生以上。
thanks機能は会員のみ
2016/05/06 By kiyopom (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.5 / 語数:878)
Mr. Putter & Tabbyシリーズ4作目。
秋になり、庭に実った大好きな洋梨を収穫しようとハシゴに登ろうとしたPutterおじいさん。でも足腰が弱り、ハシゴに登って洋梨を採ることができません。そこで思いついたのが子どもの頃にやったパチンコでした。リンゴを玉にして、洋梨を狙い、ポーン。ところがリンゴ弾は洋梨に当たらずに、庭の向こうへ飛んで行ってしまいます。繰り返すうちにPutterおじいさんは面白くなって、洋梨はそっちのけでパチンコリンゴ弾に興じます。この後のオチがまた、笑えます。素敵なおじいさんです。
thanks機能は会員のみ
2016/04/07 By timitti (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:1.1 / 語数:809)
木になってる梨をとることができないおじさんがいいことを思いつきます。親しめる絵と楽しいお話しです。
thanks機能は会員のみ
2016/03/15 By rose read english (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:809)
Mrs,Teaberryの料理を食べてみたいな。
thanks機能は会員のみ
2016/02/26 By かほる (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.2 / 語数:809)
シリーズ第5弾。
季節は秋。Putterさんが大好きな果物の季節になって・・・
読んでて高枝切りばさみをプレゼントしたくなった。
老人と老猫の哀愁ただよう絵本。
去年まで出来てたことが今年はもうできない。
でもそれでは終わらずほんわかしてる不思議な味わい。
thanks機能は会員のみ
2015/02/27 By tomo55477 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:809)
図書館で借りて読みました。
ちょっと突っ込みどころありますが(笑)Mr.PutterとMrs.Teaberryの人間関係がすてきです。
thanks機能は会員のみ
2015/01/24 By Miki (評価:3点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:809)
子供向けの本で老人が主人公というのがいい。老人の日々の生活を連作短編でつづる。日本の感覚ではむかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんが…となる。つまり、夫婦ペア。あるいはサザエさん、ちびまるこちゃんみたいな家族の一員としての老人。しかしこの本では隣人かつ友人のおばあさんは登場するものの、あくまでも主人公はおじいさんひとり(&ねこ)なのだ。死別したのかずっと独身なのかはわからないが、(もっといえばホモセクシャルなのかトランスジェンダーなのかも)そういうことは一切どうでもよくて、ほんわかする作品
thanks機能は会員のみ
2014/08/14 By masako (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:878)
最後のオチがクスリと笑える。ほのぼの系で、イラストが本当に素敵です。
thanks機能は会員のみ
2014/05/26 By Gray Cat (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:809)
初老のMr. Putterと、同じく初老の猫Tabbyの日常を、暖かく描くシリーズ。
今回は、庭の梨の実の収穫を巡る小さなドラマ。
Mr. Putterは梨のジャムやパイやゼリーが大好物なのに、
今年も収穫の季節、梯子を持ち出すと、足がいうことをききません。
もう、自分は梯子に登れない。老猫のTabbyも尻尾のしなやかさを失ってきた経験があり、
Mr. Putterの悲しみが理解できました。
でも、物語はそれで終わりません。
子供のように無邪気でひたむきな一面を持つMr. Putterと、良き相棒のTabbyのコンビが、
今回も、年をとるのも捨てたものではない、と思わせてくれます。
thanks機能は会員のみ
2014/05/25 By Tadotsuka (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.0 / 語数:809)
…いや、リンゴ飛ばすなよ。
thanks機能は会員のみ
2013/08/24 By Esola (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:878)
Putterさんと猫のTabbyの、実りの秋のほのぼのストーリー。
歳をとることもいいもんだ、と思わせてくれる。
ハートはいつまでも子どもだもんね。
thanks機能は会員のみ
2013/07/25 By santana01 (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.3 / 語数:878)
季節は秋。実りの季節を迎えました。PutterさんとTabbyの庭にもリンゴや梨やトマトが美味しい実をつけています。子供の頃から梨のゼリージャムが大好物のPutterさんは梨を収穫しようと梯子を使って梨の木に登ろうとしますが、寄る年波には勝てなず、足が思うように云うことを聞いてくれません。そこで考えだしたのが・・・。
老人と老猫のしんみりとしたストーリーも素敵ですが、童心に帰ったようにウキウキとしたPutterさんとそばに居て静かに見守るTabbyの過ぎゆく秋の一日も捨てがたい味がありますね。
thanks機能は会員のみ
2013/03/17 By new_be (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:1.4 / 語数:836)
秋になり、Putterさんの家の林檎・トマト・梨が実りの時期を迎えた。中でも収穫を楽しみにしているのは梨。Putterさんは梨ジェリー が大好きなのだ。早速木に梯子を掛け登ろうとしますが・・・。
Putterさんは結構夢中になりやすいタイプなのか。横で飽きたTabbyが眠ってしまう程に。最後のオチにクスリと笑ってしまう。秋の紅葉があたたかい一冊。
santana01より thanks機能は会員のみ
2011/08/22 By daikon000 (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:1.0 / 語数:809)
歳は取りたくないね〜と思いつつ読みはじめたけど
最後は良かったね、とニッコリできました。
thanks機能は会員のみ
2010/12/18 By しばわんこ (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:2.0 / 語数:1,000)
シリーズの中でも、年を取るって言うことは・・・としんみりと始まる一冊。ところがどっこいそのままでは終わらないMr。Putter。はしごを登れない代わりに素晴らしい代替案を思いつきます。そして結局?楽しい気持ちを思い出させてくれる一冊。是非多くの子供に読んでもらいたいです。
santana01より ranより thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ