多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

George's Marvelous Medicine
著者: Roald Dahl
販売元: Puffin Books
発売日: 2007-08-16
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 920円 [定価:¥ 959]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 112ページ
売り上げランキング: 628位

多読国民のレビュー

全件101 人読んだ82 人読書中1 人興味11 人積読7 人
コメントなしも表示する
2017/04/09 By チビBubo (評価:-- / ジャンル:NO / YL:1.6 / 語数:2,075)
おばあさんはいいの?
thanks機能は会員のみ
2017/02/27 By RtoA (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:11,610)
読みやすいです。何年か前は読みにくく感じ、ずっと積読してました。終わり方にびっくり。電子書籍で読んだので飛んだんじゃないかと何度かページをめくりました。
thanks機能は会員のみ
2016/09/28 By ひかる (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,610)
ジョージが祖母にいたずらで作った薬を飲ませたところ…
薬の作り方が豪快です。なんでもジャンジャン入れます。
thanks機能は会員のみ
2016/07/26 By Miki (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:11,610)
Ha. What a disgusting story. But I liked it.(with a huge grin.)

これは児童書というより、老いては子に従えとも申しますとおり、「こういう可愛げのないおばあちゃんになってはダメよ」という悪い例を示した、老人への啓蒙の書でありますな。

それにしても、日本人の作家がこういう本を日本語で書いたら、バカな親からクレームが来そう。
イギリスはそういう点では成熟してるのかな。
thanks機能は会員のみ
2016/07/25 By ろーぷ (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.0 / 語数:11,610)
お父さんが一番嫌かもしれない。お母さんは悪い意味で女性らしく吹っ切れて、ジョージは子供らしく悪戯して、おばあちゃんは年寄りらしくいじめて、お父さんは妻の母を……面白いけれど、これでいいのかしら? それがダ―ルなのだろうけれど。
thanks機能は会員のみ
2016/05/25 By tombonomegane (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,610)
児童書だと思っていたので、話の展開にびっくり。
結末にもびっくり。
大人がスキマ時間に読むのはありだと思います。
良い子は真似してはいけません。
thanks機能は会員のみ
2016/04/01 By katoko (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.5 / 語数:11,610)
ちょっとブラックユーモアといえばそんな感じ。
子どもだとげらげら笑えちゃうけれど、大人になってよむと苦笑いになってしまう、そんな本。
イラストがいっぱい入っているので、サクサク進んで軽く読めます。
katokoより thanks機能は会員のみ
2015/08/01 By うるの (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:11,610)
予想外の結末にびっくりしてしまいました。
大人になってこのようなブラック話を読んでみると
これでいいの?と心に引っかかるものがありますね。

ストーリー自体はテンポも良くあっという間に読み終えてしまいました、
thanks機能は会員のみ
2015/07/05 By tadpole (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,610)
読みやすいです。
ばあちゃんへの復讐のため色々なものを入れて薬を作ります。
ばあちゃんが色々な姿に変化します。
最後はシュールでした。
thanks機能は会員のみ
2014/12/08 By 雪うさぎ (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,610)
図書館本。
読み進めながら、
→え、それ入れちゃう?(苦笑)
→これはママが日用品使いすぎで怒るパターン(にやにや)
→おばあちゃん逃げて~(さすがに心配)
→先に、混ぜ物の化学反応とかで主人公大丈夫かな~(8歳児は監督しなきゃやばいよな・・・)
などなど突っ込みながら読むのが楽しい作品。
ラストが、いいの?とか思ってしまう。
優しい結末を念頭に置いてしまうのは大人が子供向け作品を読むときの性かも。

thanks機能は会員のみ
2014/10/17 By でめたん (評価:3点 / ジャンル:NO / YL:3.8 / 語数:11,725)
子供向けの本ですが、大人も十分楽しめます。
結末が意表をついているというか、こんなのあり?って感じですが。
thanks機能は会員のみ
2014/09/30 By Angele Flame (評価:-- / ジャンル:FA / YL:0.0 / 語数:11,610)
Interest Level: 3-5
Reading Level: 5.5
GRL: P
Lexile Level: 640L
thanks機能は会員のみ
2014/03/06 By ながちゃん (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:11,610)
意地悪なおばあちゃんへの仕返しに色々混ぜた薬を作る。それが巨大化を引き起こし、それに目を付けた父親が第二弾、第三弾を作らせ、おばあちゃんは消滅してしまう。
thanks機能は会員のみ
2014/02/08 By ヨツキ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:3.8 / 語数:11,963)
わがままで怖いお婆ちゃんを何とかするため、George が作った薬はとんでもない効果を発揮します。
洗剤やら殺虫剤やらを混ぜた恐ろしい薬ですが、お婆ちゃんの変化の過程は思わず笑ってしまいました。

ラストは確かに残酷ですね。無邪気にやっている間はともかく、父親の欲が絡んだからの結果でしょうか。
恐ろしいのはメチャクチャな薬なのか、人間の持つ残酷さなのか、考えさせるような終わり方だと思います。
thanks機能は会員のみ
2014/02/03 By Kares919 (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:3.8 / 語数:11,610)
児童書ということで、実に子ども目線で書かれた読みやすい作品でした!
いじわるばあさんに仕返ししようと目論む子どものやんちゃさ、明るさが痛快!
読み終えたら「よいこは真似しちゃいけません」と言いたくなるw
あのレシピは完全に、飲んだらアウトなヤツです…ハラハラしながら読み進めました。
わたしのDAHL初挑戦本。ゆくゆくはDAHL制覇したいです!
thanks機能は会員のみ
2013/10/26 By イリエ (評価:2点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,610)
ダールは好きじゃないと悟った本でした。
桃太郎の鬼退治であれば、悪いのは鬼であり、正義なのは桃太郎。
鬼は人間と違う異質な存在。
この話は同じ人間、しかも家族の中に悪を見出してそれを罰するような残酷さがあります。
子供のいたずら、子供の考えることではシャレにならないなと思った。
大人には読ませたいけど、子供には読ませたくない本ですね。
この話のおばあちゃんみたく、家族に煙たがられる老人には読んでもらっておとなしくしてもらうにはいいかもしれないですね。
thanks機能は会員のみ
2013/08/09 By FreeBard (評価:2点 / ジャンル:HW / YL:3.5 / 語数:11,610)
意地悪なおばあちゃんに仕返しのため、特別の薬を作っちゃいます。
しかし、お父さんも加わり、しっちゃかめっちゃか。
thanks機能は会員のみ
2013/06/08 By くらんとろ (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,757)
見慣れない単語もたくさんありましたが、挿絵や物語の流れで想像しながら読み進めることができました。

内容は荒唐無稽。落ち着いて考えると酷い話です。
でも子供はこのくらい過激なほうが好きなのかなあ。
thanks機能は会員のみ
2013/05/18 By sweetsr4ever (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:11,610)
気難しいおばあちゃんを'治す'ため、ジョージが家にあるものを混ぜて薬を作るんですが、その副作用はとんでもないもので…というお話。

個人的には、ジョージが混ぜたら危険なものを混ぜたらどうしようとか、読んだ子どもが真似したらどうしようとか心配してしまって、話とは違うところでドキドキしてました。
そして、最後は結構ブラック。でもなんていうのかな、嫌になるような感じのものではなくて、悪者は退治されるんだよっていう昔話を読んでるような印象でした。

このバージョンには、巻末にDahlのインタビューも載っているんですが、子どもの本だから悪い人はめっちゃ悪く書く、でも残酷な事の詳細は書かないって言っていて、なるほどなぁと思いました。
thanks機能は会員のみ
2012/10/25 By Ysprout (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:11,610)
(゜_゜)
thanks機能は会員のみ
2012/08/29 By mizK (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:11,610)
小学校低学年向けでしょうか。
単語力の低さを痛感させられました。
thanks機能は会員のみ
2012/03/30 By まなりん (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:3.5 / 語数:11,831)
すごく面白いストーリーではないのだけど、続きが気になり最後まで読んでしまった。
正直、変な内容(笑)
お父さんのムチャぶりキャラが好きです。
thanks機能は会員のみ
2011/11/02 By モッツ (評価:3点 / ジャンル:CO / YL:4.0 / 語数:11,610)
見慣れない単語がたくさん出てきましたが、挿絵がたくさんあるので読み飛ばしても十分理解できる内容でした。

お婆さんは確かに意地悪だったんですが、容赦ない結末だと思いました(予想できましたが)。あとGeorgeの薬の実験台となった動物たちもかわいそうだなと感じました。

今回でDahl2冊目でしたが、Dahlらしい毒のある話・結末でした。
thanks機能は会員のみ
2011/10/03 By Rokin (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.0 / 語数:11,963)
意地悪な婆さんに復讐する孫。
ヘアクリームやらガソリンやらの商品名が列挙されていくシーンは
見慣れない単語がたくさんありました。

お父さんの姑への不満が見えたりして、そういうところは大人だからこそ共感できる。
祖母はともかくとして、家畜を実験台にしているのは可哀想に思いました。
お父さんの掲げる理想は善だから良いということでしょうか。
Dahlはこれで四冊目ですが、生存のための食事というテーマが一つの通奏低音のようですね。
thanks機能は会員のみ
2011/09/04 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.8 / 語数:11,728)
ブラックな感じで、面白いんだけど、ちょっとな~
thanks機能は会員のみ
2011/07/31 By Uwa (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,963)
<<図書館@墨田区>>

Dahl2冊目で少し彼の本の傾向が分かった気がしてきました。よく言われているように、多読初心者におススメの作家だと思います。

特にこの前に読んだ"Twits"に比べ、大筋は題名や表紙の絵、ひいては邦題や目次からすぐに予想がつくので、沢山のわからない単語が頻出したとしてもストーリーが分からなくなることがなく、テンポよく飛ばし読みのクセもつけられる一冊です。

ただ、ホント彼の本はブラッキーですね…Georgeやパパのイロイロよりも、最後のママの一言にやられました。
thanks機能は会員のみ
2011/07/02 By flocon (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,963)
ん〜、なんとなく、これまで読んだダールの作品にくらべて
微妙でした。
といって、さほど読んでいるわけではないんですが、
今回の気持ち的なものかもしれません。
いまは、しんみりした感じがよかったのかも。

たまに入りこむと、やっぱりこの人の文章いいなぁとも思うんですが、
その文章の癖がちょっと微妙にひびいて、
少しひいて読んでしまった感じでした。

気持ち的なタイミングかなと思って、
とりあえず☆3つにしておきます。
thanks機能は会員のみ
2011/06/05 By mari46 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:3.0 / 語数:11,610)
結構ブラックな話です。意地の悪い婆さんの末路としても、ここまで情け容赦ないのは少ないのでは。
前半はちょっと退屈ですが、次々に薬を試作・実験していく場面はテンポよく、最後まで一機に読ませます。
thanks機能は会員のみ
2011/03/12 By ran (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,610)
ダールらしい作品で、本も薄めで読みやすいので多読にオススメです。

内容はタイトルと表紙から察するとおり、子供が主人公でいろんなものを
混ぜて「Marvelous」な薬を作っちゃいます。

内容は本当にダールっぽくて、ハチャメチャな部分もあり、
大人で「意地汚い」人に関しては、結構酷くかかれています…

実は私は結末が途中で見え始めていましたが、
ダール作品の結末としては、けっこうえげつなくてもオチが付いてきます。

Georgeが薬を作っていくときのいろいろな物が英語で出てくるので
そういったものの英単語を覚えるのにも良さそうです。
他のダール作品より、毒の薄い作品で私は楽しめました^^
ranより Ayumi Nより thanks機能は会員のみ
2010/06/29 By yukako (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:4.0 / 語数:11,610)
児童書としてアリなの?と思うけど、大好きな1冊。
thanks機能は会員のみ
2008/11/15 By りとる (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,610)
再読(2回目)。
thanks機能は会員のみ
2008/05/24 By magicrose (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,610)
Georgeのつくった魔法の薬の中味がすごすぎて・・・
普通は、本を読むときは、いろいろ想像しながら読むのですが、
この本の場合は、へたに想像してしまうと気持ち悪くなるので、
なるべく想像しないように心がけて読みました(^^;
thanks機能は会員のみ
2008/01/05 By roco (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:4.0 / 語数:11,610)
あまりにもナンセンス。
でもサクサク読めて気持ちよかったので、評価は「4」。
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ