多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Matilda (Puffin Modern Classics)
著者: Roald Dahl
販売元: Puffin Books
発売日: 2004-09-23
種別: ペーパーバック
ページ数: 240ページ
売り上げランキング: 20215位
シリーズ:Amazon Children Novel alltime best 100(vol.GPR56)

多読国民のレビュー

全件174 人読んだ108 人読書中6 人興味43 人積読19 人
コメントなしも表示する
2016/11/29 By 高菜の油炒め (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:5.2 / 語数:39,919)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Roald Dahl が苦手で、しばらく敬遠してたが…
これまで読んだ4冊に比べ、ぶっ飛んだ話が少なく(?)
物語の展開についていけて、ホッ。

今回も Quentin Blake のイラストには助けられて…

この Roald Dahl 作品で、また人を罵倒する際に使える語彙が増えたような?
thanks機能は会員のみ
2016/10/13 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:5.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
4回目。
年が離れていても、友情が育まれる様子が温かくて良いな。
言葉の並びを意識しながら。
thanks機能は会員のみ
2016/09/25 By ひかる (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:4.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
同じdahlのthe BFGより読みやすいです。
悪役の書き方が素晴らしいですね。話がビックリする方向に進んだので何事かと思った。
thanks機能は会員のみ
2016/06/09 By Mark Jokes  (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:5.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
主人公のマチルダのような機転の利く女の子になりたかった憧れがまず、わきました。でも、最後に家族と一生離れて暮らすなんて、ある意味、マチルダは不幸であり、かわいそうであり、でも強くあり、最後に収まるところに収まってよかった感じです。
thanks機能は会員のみ
2016/04/29 By ハマタケ (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
難しい単語もいくつかありましたが、イラストが状況説明しているので、最後までスムーズに読み進めました。登場人物のステロタイプ的な設定は多少気になりましたが、ストーリー的には途中から予想していなかった方向に進んだので、後半はぐいぐいひきつけられました。
thanks機能は会員のみ
2016/03/12 By 905 (評価:-- / ジャンル:FI / YL:0.0 / 語数:40,009)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Roald Dahlは何作か読んできて、今までももやもやしてたけど、どうも好きになれないことがこれではっきりした。主役以外の登場人物にまったく愛が注がれていない。悪人は絶対的に悪だから、酷い目に遭って当然、というか酷い目に遭わせるべき、みたいな思いが透けて見えるように感じる。Louis Sacharの作品のように、登場人物に愛おしさが感じられないんだよな。もうあえて積極的に読もうとは思わない。
thanks機能は会員のみ
2016/02/25 By arctic (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:5.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
いやぁ、面白かった。
やっぱり私は特別な才能を持ってる子供が主人公の話が好き。知らない単語たくさんあったけど。特にMiss Trunchbullの罵詈雑言と思われる言葉。でも特に問題なく読めた。Matildaは素晴らしい女の子ですね。
thanks機能は会員のみ
2016/02/01 By Miki (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Well, what a rollercoaster story!
First I really liked this story, especially when Matilda started enjoying reading. Then, I decided I didn't like it very much, when she did nasty things to her father and Mrs Trunchbull, the headmistress in revenge. But then I liked it again in the end, seeing a happy ending with Miss Honey. (3hrs32min≒187wpm)

2016年はロアルド・ダール生誕100周年ということで、『勝手にダール祭』開催中。
未読の児童書で入手可能なものはできるだけ全部読みたい。

こちらはダールらしい毒ありのおはなし。
途中でホラーに行くのかとドキドキした(笑)←テレキネシス的な
ページは失念したが、ナポレオンの言葉を引用して『目には目を』的な仕返しをたくらむくだりがあんまり好きじゃなかった理由。やられたらやり返すのが当たり前というような風潮を、洋書を読んでいると時に感じることがあるけれど、日本人(あれ、私だけ?)としてはそれはちょっと違うのでは、とどうしても思ってしまう。(まあ、その対象は仕返しされても仕方ないと納得できるほど完全なる悪人ではあるのだが。)
後半、ハニー先生の素性(と、すごい事実!)にたどり着いてからは、再び面白くなってきて最後までページをめくる手が止められなかった。読み終えてみれば総じてシンプルで面白い話であり、また日にちをおいて再読したい。


"cozy nook" "nosey cook" の言葉遊びについては、質問されてる方がありました。
 ↓ ↓ ↓
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1338698.html



thanks機能は会員のみ
2016/01/24 By mi-ya (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:4.5 / 語数:39,798)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
後半が特に素晴らしい!
thanks機能は会員のみ
2015/12/31 By Kenblish (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:39,798)
このサイトを含めて、多読界隈では特に有名な本の一つですね。
同じロアルド・ダールの「Charlie and the Chocolate Factory」や「The Witches」よりは YL は少し上と思います。

作中で天才少女マチルダが、わずか4歳にして読んでしまう名作文学の数々。チャールズ・ディケンズ「大いなる遺産」、ジェーン・オースティン「高慢と偏見」、ジョン・スタインベック「怒りの葡萄」…… 多読を続けて、私もいつかは英語で読んでみたいものです。簡約ではない版で。

皆さんのレビューを見ていて、ふと、いろいろなジャンルに登録されていることに気づきました。FI(フィクション)、FA(空想小説)、CO(コメディー)、HU(人間もの)、HW(ほのぼの系)。いろんな側面から楽しめるストーリーです。
thanks機能は会員のみ
2015/07/19 By すたー (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
登場人物のキャラクターがとにかく濃かった…。
Trunchbull の台詞がちょいちょい難しかった。
thanks機能は会員のみ
2015/01/04 By sakiii (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:4.6 / 語数:39,838)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
ダールは「チャーリーとチョコレート工場」に続いて2冊目だったが、「チャーリー」ほどぶっ飛んだ話ではなかったので読みやすかった。
中学生の文法が理解できていれば、問題なく読めるのではないかと思う。
ところどころ難しい単語も出てくるが、イラストがたくさんあるので問題なかった。

ストーリーとしては、チャーリーの方が個人的には家族愛が感じられて好みだったが、マチルダが本当に良い子で、幸せになってほしいと思いながら読み進めた(笑)
ダールの理想の子どもなのかな、と思ったりした。
thanks機能は会員のみ
2014/11/05 By いしけん (評価:4点 / ジャンル:CO / YL:5.7 / 語数:39,788)
所々にちょっと難しめの単語が散らばっている。
特にトランチブルの罵詈雑言が難しい。
thanks機能は会員のみ
2014/08/31 By Angele Flame (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:5.6 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Interest Level: 3-5
Reading Level: 5.2
GRL: S
Lexile Level: 840L
thanks機能は会員のみ
2014/06/10 By Philo Pants (評価:5点 / ジャンル:HW / YL:5.0 / 語数:39,785)
ロアルド・ダールの児童文学を読んだのは初めて。
冒頭で描かれる両親の俗人ぶりがアリアリ感たっぷり、マチルダの「仕返し」も微笑ましくて日常的なほのぼの話だと思って読み始めたら・・・・・・とんでもなかった。
どんどんありえない方向に物語がエスカレートしていって、おまけに血なまぐさい殺人までからんできて、やっぱりロアルド・ダールの物語がただ事ですむはずなかったです(笑)。
thanks機能は会員のみ
2014/05/07 By Oga (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
読みやすい!そして面白い!
Dahlを初めて読みましたが、ちょっと意地悪な作者の視線が自分の気分とピッタリ合ってよかったです。
thanks機能は会員のみ
2014/03/12 By merio (評価:4点 / ジャンル:HW / YL:6.3 / 語数:39,785)
子供向けの勧善懲悪もの
登場人物が際立っているのとイラストで知らない単語でも想像で読み飛ばせる
Roald Dahlは気楽によめるのがよい
thanks機能は会員のみ
2014/03/01 By うまと昼寝 (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.1 / 語数:39,788)
つい最近マチルダのミュージカルを見ました!「原作の本読んだことある人~?」と言われたときに手を挙げられました。ミュージカル版を観る前に原作を読んでおくと、理解しやすくていいと思います。
thanks機能は会員のみ
2014/02/22 By ながちゃん (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:0.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
添削的な頭脳を持つ少女とその周りの変わった人間たちを描くフィクション。両親や巨大先生は性格がつかみやすく、話に共感できた。
thanks機能は会員のみ
2014/02/21 By Yukarin (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
もう一回読みたい。
thanks機能は会員のみ
2014/02/03 By aoi (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:6.3 / 語数:39,785)
5時間半から6時間。
やっぱり少し毒のあるRonald Dahl ですが、Matildaの仕返しが面白い。
どんどん引き込まれました。また読みたい作品。
thanks機能は会員のみ
2013/12/29 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
3回目。
朗読CDとともに音読。

両親・学校の校長先生 とてつもない嫌な個性。
前半 マチルダを見守る図書館の人、学校に入ってからのハニー先生 という優しいキャラクター。
マチルダも '恐ろしいほど賢い’ というところでは強烈な個性には違いないと思うけど(笑)
これらの人物たちが絡んだ  '濃い’ 内容。

私もマチルダの頭脳がほしい・・・(笑)

thanks機能は会員のみ
2013/12/29 By giraffer SACHI (評価:5点 / ジャンル:HU / YL:5.5 / 語数:0)
レビュー対象商品:Matilda Unabridged CD(CD版)
オーディオブック。
文字を追いながら一緒に音読。
thanks機能は会員のみ
2013/12/17 By てつわん (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:4.5 / 語数:39,959)
途中から、担任の先生のプライベート話が入ってきて、急にヘヴィな展開に … 。
と思いきや、ダールでそんな展開がある訳ないし。
安心して、いつものダール・ワールドへ突入していきました。
thanks機能は会員のみ
2013/12/08 By Esola (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Dahlでは、チョコレート工場に並ぶ人気作品だが、私はMatildaの方が面白かった。
それはMatildaという女の子が魅力的だから。天才少女でもあり、性格も素敵。
そして味方になるMiss Honeyの優しさにも惹かれた。

Dahlの他の作品と同じく、悪い大人はとことん悪く描かれている。いつものドタバタ。そしてほっとする結末。
この作品はDahlが亡くなる2年前(72歳)に書かれたというから、作者のパワーに驚いた。

自分にとっては、今まで読んだDahlの中では最も長い本。
馴染みのない単語も多く出てきたが、物語の本筋はシンプルな英語なので、思っていたより読みやすく感じた。
Kenblishより thanks機能は会員のみ
2013/12/02 By ako (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
ダールの本は2冊目で、今回も彼の描く作品の面白さに一気に読みきってしまった感じです。
天才少女、Matilda。彼女の才能や良い面を理解しない両親や、意地悪な校長先生にも負けず
彼女なりの方法で果敢に彼らに対応していくお話。
少し極端かなと思わせる内容もあるけれど、そこがダールらしい作品のいいところでもあるかなと思いました。
次はチョコレート工場が読みたいです。
thanks機能は会員のみ
2013/03/03 By Leopon (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:6.5 / 語数:39,785)
流石にDahlが描くこの物語は天才少女が悪い大人をやっつけるという単純な勧善懲悪の物語になっていない。
悪い大人に囲まれたマチルダとハニー先生はある意味似た者同士という気がする。

親を頼ならければいけない子供にとって、最良の理解者である親が子供を理解しない、
無関心なのは耐え難いことだ。
マチルダはハニー先生を助ける事により、自分の不幸な境遇からも解放されていったのだと思う。
ラストシーンの挿絵が印象的な一冊で人気があるのも納得。
kio-kioより thanks機能は会員のみ
2013/01/16 By はぐれメタル (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
Kindleでサンプルをダウンロードして読んでみたら、
面白くて続きが気になったので最後まで読みました。

ストーリーは天才少女の話ですが、とにかく周りの大人たちの言動が酷いです。
特に校長先生の鬼畜っぷりに唖然としました。
唯一、担任の先生の優しさに救われました。

以前に読んだ『Holes』に比べると易しい英文で読みやすかったです。
随所に挿絵が入るのでそれにも随分助けられました。オススメです!
thanks機能は会員のみ
2012/09/23 By Jin (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:4.2 / 語数:40,009)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
多読29冊目。

<あらすじ>
マチルダは天才少女。そんな彼女を、インチキ中古車ディーラの父親と、見た目重視の母親は理解しようともせず、無下に扱うばかり。マチルダは、そんな両親にささやかな仕返しをして過ごしていた。そんなある日、マチルダは、5歳になり学校に通うことになるのだが、そこはとんでもない校長先生が取り仕切る、とんでもない学校だった・・・。

<内容について>
物語はとてもテンポ良く進むため、すいすいと読める。ただ、校長の言動があまりにひどく、正直読んでいて気分が悪くなる箇所も多い。また、最後、マチルダは校長に制裁を下すのだが、その方法が(物語として)ちょっと反則気味な方法なのが気になるところ。
結末はドタバタするものの、ハッピーエンドにはなるので安心して読める一冊。

<英語難易度について>
比較的容易な英語で書かれている。また、挿絵も多いため、分からないところも推測で読み進めることができるのがよい。チャーリーとチョコレート工場よりも読みやすいと思う。
チャレンジャーりえより thanks機能は会員のみ
2011/05/23 By ごっち (評価:3点 / ジャンル:FA / YL:6.5 / 語数:39,785)
http://my-cup-of-tea.at.webry.info/201105/article_7.html

オーディオブックを聴きながらの聴読。
thanks機能は会員のみ
2011/03/04 By かたくのブルーベリー (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.4 / 語数:39,785)
わからないところもたくさんあったけど、内容が面白くて読破。
thanks機能は会員のみ
2010/11/10 By wan (評価:4点 / ジャンル:FI / YL:6.5 / 語数:39,785)
3冊読んだRoald Dahlの本の中では一番面白く感じました。

ただ、校長先生の無茶苦茶さを描いてある部分は読んでいて気分がわるかったし、
両親のダメさ加減も気になりました。

そんなだからこそ、ラストは納得したりもしたんですが・・。
ranより シャールより thanks機能は会員のみ
2010/08/04 By yukako (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:6.4 / 語数:39,785)
アメリカの友人に勧められた本。
これを読むのを目標に頑張ってきました。
thanks機能は会員のみ
2008/12/27 By Kzy1458 (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.5 / 語数:39,785)
10冊目のPBで,初めて読んだRoald Dahl。
馴染みの無い単語が多く苦戦したが,ストーリの面白さにどんどん読み進めることが出来た。
記憶に残る一冊。
floconより thanks機能は会員のみ
2007/11/09 By magicrose (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
とってもおもしろいと評判がよかったので、
ずっと前から読みたくて、買っておいた作品。

あんまり期待が大きすぎたせいなのかな。。。

たしかに、おもしろかったし、読みやすかったのだけど、
なんとなく、いまひとつ、でした。

だって。。。こんなにひどい両親&校長先生なのに、
こんな程度の仕返しで終っちゃうなんて、納得いかない!
もっと徹底的に、やっつけて欲しかったなあ。
thanks機能は会員のみ
2007/03/23 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:5.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
2回目。
thanks機能は会員のみ
2006/09/26 By giraffer SACHI (評価:4点 / ジャンル:HU / YL:5.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
とりあえず、挑戦してみた。

Mathildaが本好き、で食いつく。読んですぐ覚えるあの頭脳がほしい。

また、読みたい。
thanks機能は会員のみ
2006/09/16 By ran (評価:3点 / ジャンル:FI / YL:6.5 / 語数:39,785)
Roald Dahlの書は「チョコレート工場」に続き2冊目になりますが、
やっぱし自分にはなんとなく苦手かも…
ってのが感想でした。でもチョコレート工場より面白かったかな?

あらすじは、天才少女「Matilda」とその両親。そして
学校のハニー先生、校長先生の凶暴なおばさん?がメインですかね?
「Matilda」はまぁ天才少女なわけですが、両親はそれに気づかず
(というかMatildaは邪魔者扱い)また学校の校長先生もめちゃくちゃです。

この両親と学校の校長の、めちゃくちゃな人たちの表現が
自分には馴染めませんでした。ちょっと酷く書きすぎなんじゃないの??
チョコレート工場も、工場内で他の子供たちって、めちゃくちゃに
なると思うのですが、このMatildaでも同じにおいを感じます。
Dahlの意図はここまで極端だと、良く分かるんですけどね。

物語のほうは、いいテンポで進むので飽きないと思います。
最初の人物紹介のところだけ、少し難しく最後まで読んだあと
は最初の章はなんだったって感じなので、
ちょっと最初はとっつき難いかもしれません。
でもすぐにとっつけるので気にせず先に進むのが良いと思います。
知らない単語も、そこそこ多いですが、想像で読み通しても
問題ないです。文意を読み取る部分は、分かりやすいです。

最後に小さい(小学校)ころ、「かめはめ波」や「魔貫光殺法」を
本気で出そうとしてたのを思い出しました。
読んだ人なら、この話わかると思います
tisより シャールより akio11528より thanks機能は会員のみ
2005/10/18 By roco (評価:5点 / ジャンル:FI / YL:6.5 / 語数:39,785)
レビュー対象商品:Matilda(ペーパーバック版)
本が大好きなMatilda。多読バンザイ!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ