多読王国 | タドキストの為の無料読書(洋書多読)管理コミュニティ

Cirque du Freak (The Saga of Darren Shan No.1)
著者: Darren Shan
販売元: HarperCollins Children's Books
発売日: 2000-01-04
種別: ペーパーバック
価格: ¥ 1,106円 [定価:¥ 1,107]
在庫: 在庫あり。
ページ数: 192ページ
売り上げランキング: 665位
シリーズ:Darren Shan(vol.1)

多読国民のレビュー

全件158 人読んだ97 人読書中7 人興味45 人積読10 人
コメントなしも表示する
2017/01/08 By Mark Jokes  (評価:2点 / ジャンル:FI / YL:5.0 / 語数:48,726)
終盤が面白かったです。それまでは、子供っぽいなぁと退屈していました。が、「死」の体験、主人公の少年の家族への思い、自分の過ちへの後悔、新しい人生への覚悟等、「自分だったらどんな気持ちになっていただろう」と考えてしまいました。続きが読みたくなりました。
thanks機能は会員のみ
2016/12/02 By りょお☆ (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:4.5 / 語数:48,726)
Darren Shan was a normal schoolboy, who likes spiders, until he went to see a freak show with his friend, Steve.

ちょっとした好奇心のはずが、とんでもない事態になって、色んな"ifs"を思わずにはいられない。Steveの誤解は本当にもどかしい!!そうじゃないのにっっ!全12巻、まだまだ始まったばかり。どうなるのか先が気になる!!
thanks機能は会員のみ
2016/10/04 By Ayangel (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
日本語訳でも有名なダレンシャン1冊目です。

読めるかどうか不安だったのですが驚くほどにすら
すらと読むことが出来ました。英語がそこまで難しく
ないのと、物語がよいからだと思います。

大人が読んでも多くの人がググッときてしまうので
はないかな。口語やイディオムが多いのでなかなか
勉強にもなります。
thanks機能は会員のみ
2016/06/19 By bazar (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:48,726)
子供用ホラー。後半はかなり引き込まれた。
thanks機能は会員のみ
2015/12/21 By ころすけ (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
1巻だけは日本語版をかなり昔に読んでます。
その時はイマイチな印象だったけど、原書で読んだら意外にものめり込んで感動した。
日本語版は訳し方に作品のイメージが大きく左右されるし(特に一人称とか)、洋書を読む積極的な理由ができたのは収穫。

英語に関してはたまに出てくるイディオムとか以外、かなり分かりやすかった。
ボキャブラリ9000語くらいで十分すらすら読めるはず。
akより thanks機能は会員のみ
2015/07/21 By mamamamao (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
多読を始めた時から1番読みたかったダレンシャン。
普段読んでるのがYL3ぐらいなので難しいかな〜とも思いましたが、Amazonでkindle版が200円だったので思い切って購入!

読み始めたらつっかかることもなく、ページをめくる手がとまりません。
面白すぎて夜更かししてしまう病にかかりました。
Chapter3あたりから一気に面白くなって睡眠不足必至です。

中学の時に日本語版で寝不足になったのを、また繰り返しました。笑
最後は泣いてしまいましたね〜パパとママの心情がわかるようになった今ならではです。

本当におすすめです。
thanks機能は会員のみ
2015/03/28 By いしけん (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.2 / 語数:48,726)
高校生のとき、洋書として読んでみたのですが、当時は半分くらい読んで挫折しました。あれから何年もたって再チャレンジです。1日10ページずつ読んで読了しました。当時できなかったことができるようになっただけでもよしとしよう。
thanks機能は会員のみ
2015/03/22 By tomodad (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
Kindleで安く手に入るので、思わず買ってしまいました。普段、YL3くらいを読んでいるので相当、背伸びしていますが、Kindleの辞書機能にも助けられて読むことができました。
私にとって、知らない単語はポンポン出てきますが、文構造はやさしいので意味は推測しやすいです。
ホラーが好きな人は絶対お勧めです。
thanks機能は会員のみ
2014/11/22 By rosetogreen (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
文章が意外に読みやすく続きが気になる展開だらけで割りと早く読むことができました。DarrenもだけどSteveもなかなか勝手な考え方をするのでそこがもやっとします。
thanks機能は会員のみ
2014/08/12 By Masa_009 (評価:3点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
100万語記念の1冊。英語の難易度はちょうど良いが、内容が痛すぎて・・・Book2は読まないかも。(kindle 版は安いから読むかもw)
thanks機能は会員のみ
2014/05/31 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
When I read this book for the first time, (it was more than 5 yeas ago), I simply thought the story was exciting and couldn't wait to see what was happening next, but now I realize his SELFISHNESS led to trouble and that was the part I didn't like with this book. But still the story attracted me a lot. Sadness, agony, anguish and growth...Adventure begins!
thanks機能は会員のみ
2014/04/12 By ユウキ (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:4.5 / 語数:48,726)
小学生向け?のヴァンパイアもの。
まったく食指が動かなかったのですが、YL5で他にちょうどいいものが見つからずに読み始めました。

序章の、これは本当の話だから都合よくはいかないんだ、みたいな語りでまずは引き込まれたのですが……
Darrenの行動と思考があまりにも利己的で、感情移入できないままに読みましたが、まあ小学生だからこのくらいがリアルなのかも知れません。
物語の展開は確かに都合よくはいかず(笑)、愚かな行動をしたDarrenには相応の報いがあります。それも、二度と引き返せない運命に巻き込まれてしまうのです。
そこら辺のシリアスさがこのシリーズが大人気な理由なのでしょうか。

英文は読みやすく、その分ハリー・ポッターみたいな味わいはあまりないかも。
thanks機能は会員のみ
2014/03/28 By yoshiashi (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:4.5 / 語数:48,726)
始めから中盤にかけて、ワクワクした。最後の方は悲しい。英語も読みやすい。
thanks機能は会員のみ
2014/01/04 By ゾーイチ (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
DarrenがなぜVampireにならなければならなかったのか。悲しい家族とのわかれも描かれています。自分が年取ったのか、Drrenのお父さんがかわいそうでした。
thanks機能は会員のみ
2013/11/24 By sakashingo (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.5 / 語数:48,726)
ヴァンパイアを描いた長編小説の一巻。少年ダレンシャンがヴァンパイアの世界へ巻き込まれる過程が描かれている。Freak Showを友達と見に行く事になった少年ダレンシャン。そこで見たものは、そしてダレンシャンが企てる計画とは、そしてその結末は。友情と愛情そしてホラーの入り混ざった少年小説。

最初は取っ付きにくいが、途中から(後半を過ぎた辺りから)読むのが止まらなくなる事間違いなし。

この本に挑戦される方は、騙されたと思って2/3位まで読んでみるとよいと思います。
thanks機能は会員のみ
2013/10/18 By rinnn (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
中学生の時に日本語訳を夢中になって読んだ感覚を思い出した。
やっぱりおもしろい。
英語も読みやすくて、分からない単語が時々あってもストレスにならなくて良かった
thanks機能は会員のみ
2013/09/27 By mah (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
1冊通してずっと飽きさせず引っ張り込まれました。
毒蜘蛛やモンスターが出てくる少年向け小説。
最後の方の家族とのやりとりはホロリときました。
すっごく面白かったけど、シリーズ読破する自信はないなぁ…
英語は構文等易しくてとても読み易かったです。
でも知らない単語はいくらかありました。
thanks機能は会員のみ
2013/07/02 By sakua (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:0.0 / 語数:48,726)
小学生の時に小説で読んでいたのでかなり読みやすかったです。(5/20?)
thanks機能は会員のみ
2013/06/19 By Jack (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.2 / 語数:48,726)
今まで低いレベルの本で多読を進めてきたため、このレベルの本に挑戦するのは初めてだった。
単語のレベルは思ったほどではなかった。
イディオムは初めて見入るものが多々あった。
多少時間はかかったが、読み切れたことは自信になった。

内容に関しては、途中まではやや退屈に感じた。
最後は切ない場面もあり、夢中になって読むことができた。
主人公のDarrenのキャラについては賛否両論あると思うが、軽率な行動をとったり自分勝手な考えをするところはリアルな子供っぽく、かえって好感を持てた。
けいたんより thanks機能は会員のみ
2013/05/31 By ikuyam (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.2 / 語数:48,726)
急にレベルを上げたので読むのに多少時間がかかったが、ストーリーの流れはだいぶ理解できたように思う。ところどころ意味が読み取れない英文もあるが、ある程度読み飛ばしながらでも十分に楽しめるということがわかり、良かったと思う。1巻目はストーリーがだいぶ暗めだがダレンにはハッピーエンドを迎えて欲しいなあ。
thanks機能は会員のみ
2013/04/12 By 多怒鬼巣屠 (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.2 / 語数:48,726)
各章が短く展開が早いので、漫画の本をめくるような感じで読んでしまいました。Readability値の割には速く読めたと思います。大筋を追うだけになったかもしれませんが、たまにはこういう読み方も良いでしょう。

Darrenの年齢が不明ですが、小学校高学年ぐらいのような気がします。そのせいか、毒蜘蛛をペットにして遊んだり、両親に嘘をついたりして、軽率な行動をとることが多かったと思います。「半バンパイア」になったのも当然の報いでしょう。でも、軽快に読める面白い本でした。
thanks機能は会員のみ
2013/02/23 By chobi (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:3.0 / 語数:48,726)
怖そうなので読まず嫌いしてたのですが、翻訳本を読んでた同僚が絶賛してたのでTRY:)

皆さんが言われてるように、読みやすい!
チャプターが短くて、さくさく進んだ気になるのも原因かも。

子供が好きな不気味さと、ちょっとグロテスクな表現が、大人の私も引き込まれました。

家族愛と友情も書かれていて、読み応えあり。英語は読みやすいです。
ranより thanks機能は会員のみ
2013/01/30 By hiroshi60 (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
皆さん評価が高いのもうなずける本でした。

 1.読み易い → 難しい単語は使っておらず、平易な表現のが多いため苦になりません。

 2.おもしろい → このレベルのGRだと大概表現がつまらないのですが、この本は飽きさせずに
            読ませてくれます。特にラストのダレンの家族との心のふれあいには、グッときます。
この本からKindle PAPERWhiteです。今までは無印Kindleですが、格段の美しさと辞書の快適さに大満足です。            
ranより thanks機能は会員のみ
2013/01/15 By かもお (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
日本語で読んだときからもう一度読みたいと思ってたんで、英語で読み直してるとこです。
やっぱり面白いし、1巻はちょっと泣きそうになるシーンあります。
英語で読んでても一度流れに乗ると一気に読んでしまいます。
このままどんどん読んでいきます。
thanks機能は会員のみ
2013/01/01 By kiki (評価:3点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
正直、何で絶賛されているのか首を傾げながら読んでいました。
12巻までどころか2巻も読まないだろうと、、、
でも31章から!!!!
評価は3をつけていますが、2巻には5をつけました。
レベル5のGR本で苦戦していたのですが、この本のおかげで
多読を続けていける自身がつきました。
thanks機能は会員のみ
2012/12/21 By Akio (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
むかし少しだけマンガで読んだことがありました。
懐かしいなと思っていたのですが子供向けの本のはずなのに
ドキドキしっぱなしで怖くてチャプターごとに心を落ち着かせてからでないと
次に進めないぐらいでした。
それぐらい話に引き込まれるので次も楽しみです。
ranより thanks機能は会員のみ
2012/12/03 By Rokin (評価:4点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
シルクドゥソレイユならぬシルクドゥフレック。
その題名たるサーカスが、というよりは主人公であるDarrenの軽率な行動が原因で、
彼の人生が大きく運命づけられてしまうというお話です。
この第一巻はあくまでも序章といった感があります。

奇妙なサーカスを描く前半は大人には退屈かもしれません。
Darrenの行なったことも受け入れがたいものです。
ただ、最後の場面、彼と家族との関係についての箇所はとても素敵です。
愛する人達との別れ、暗い人生の幕開け。
2巻以降が楽しみです。
thanks機能は会員のみ
2012/11/17 By じょに (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
ドキドキハラハラの展開の連続で、「ホント、このヤンチャ坊主たちときたら…!」と言う感じで、主人公が男子ってところもいいネ。そして物語の中でも、家を出るシーンとかで「成長」を感じる部分があるのも、YAとしていいネ。
ちなみに文章はかなり読みやすいです。つらつら読めるので、その辺もハマれる要因ですね。YL5.3ということですが、長いことを除けば、4くらいでもいいような気もします。
このノリでしばらくこのシリーズにハマりたいと思います。
ranより thanks機能は会員のみ
2012/08/15 By hotate (評価:5点 / ジャンル:NO / YL:5.3 / 語数:48,726)
日本語訳でこのシリーズを全巻読んでいるので、面白いことは分かっていたけど、英語で読むとまた違った発見があって楽しかったです。英語のレベルは平易で分からない単語はたまにしかなくどんどん読めます。これからしばらくはこのシリーズで多読を楽しみます。
Polkaより ranより thanks機能は会員のみ
2012/05/30 By ermymf (評価:3点 / ジャンル:HU / YL:5.3 / 語数:48,726)
ダレン・シャン少年が半分ヴァンパイアになるものがたりのはじまり。
ちょっと不気味な場面もあるけれど、感情の揺れ動きやそれに伴って起きる行動やできごとが
リアルに感じられます。一人称のせいもあるのかな?

邦訳で確か3冊目までは読んだことがあるダレン・シャン。
むかしむかしで内容もちゃんと覚えてないので最初から読むことにしました。
先頃、多読スランプで内容が入ってこなくなったのが嘘のように
読みやすくておもしろくてどんどん読めました。
続けてシリーズを読みすすめてみようと思います。

物語の力を借りていつのまにやらこんな厚い本が苦にならずに読めるようになっていた!?
これからは多読ってモチベーションで
読み逃していた話題の本なんかも原書で読めるようになっていくのか〜と、しみじみ。
邦訳と原書を読んだイメージが違うっていうのも何作かで実感してきたし、すごく楽しみ。
物語以外のも待ってるぞ〜。
floconより Polkaより goldfinchより thanks機能は会員のみ
2012/04/23 By Naopuuu (評価:4点 / ジャンル:NO / YL:5.3 / 語数:48,726)
なかなかおもしろかったです。次も、読んでみようと思います。
thanks機能は会員のみ
2012/04/07 By lzynitedrer (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
ダレンシャンを読み始めました。面白いです。語り口がSidney Sheldonのテンポに似ているような気がします。続きがとっても気になります。
一巻目のシルクデフリークは、語彙レベルが易しくサクサク読めます。次から次へと読みたくなる展開です。皆さんが良いと言われるのがよく分かります。お勧めです。
Polkaより じょにより ranより thanks機能は会員のみ
2012/03/01 By シャール (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
CaptainUnderpantsからダレンシャンに進みました
児童小説とは言え、割と本格的な小説にチャレンジしたのは初めてだったので、読みきれるかなという不安はありました。

皆さんのレビューを見ても面白い!という方が多かったので意気揚々と読み始めましたが、前半は読みながら眠くて眠くて仕方ありませんでした。やっぱり力不足で、面白さが理解できないのかなと思っていましたが、後半急に話がスピーディーかつ面白くなります。
前半部分で投げてしまわなくてよかったと思います。続きがすごく気になります!

2015/11/20再読
約3年ぶりに再読
上記で前半は眠くて眠くて・・・なんて書いておりますが、そんなことはありません。今読んでみると最初から最後まで楽しめました。改めて読み直してみると自分の読む力が向上していることがわかって楽しいですね!何回読んでもこのシリーズは大好きです!一押しです
Polkaより Kouより ranより thanks機能は会員のみ
2012/01/17 By Kenblish (評価:5点 / ジャンル:FA / YL:5.3 / 語数:48,726)
「ダレンシャン」シリーズ第1巻です。半バンパイアとなった少年の、長い物語の幕開けです。

多読王国サイト上部の「シリーズ紹介」→「初中級者向け」にて取り上げられています。読みやすい文章とスリルあるストーリーで語数の多さを感じさせません。

前から気になっていたシリーズでしたが、1冊あたり4-5万語、全12巻のボリュームに躊躇していました。サイトでの表示順も初中級者向けコーナーの最後ですし、何というかボス的な…。そうこうしているうちに、ダレンシャンのひとつ前に表示されている「デルトラクエスト」を読み終え、意を決してダレンシャンに飛び込んだところ、良い意味で拍子抜けでした。デルトラクエストと比べると、語彙も文体も易しいです。
ranより シャールより Polkaより akio11528より Kouより iheijiより thanks機能は会員のみ
2011/10/10 By roco (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
購入後、何年も放置していたが、娘が邦訳にはまって勧めてくるので何となく読み始めると、個々の文章も章立ても短くて、とても読みやすい。サーカスの記述は少し冗長だったが、その後はどんどん面白くなり、止まらなくなりました。こういうのがシリーズになっていると、多読が進みそうで嬉しい!
Kouより thanks機能は会員のみ
2009/05/20 By ran (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.3 / 語数:48,726)
ダレンシャンを遂に読み始めました!
1冊目を読み終えた感想…完走します!

ハリポタを読んだらこれ!というレビューが目立ちますが、
一冊目を読み終えた時点で、ハリポタとの比較をしますと。

・文体がやさしいのでサクサク読める。
・その分重厚感はないかな?
・書き方が一人称で、臨場感があります(作者もDarren Shan)
・子供向け?ってところもあるがリアリティも感じる。
・章が短いため(4~5ページが多い)、読み疲れない!

こんな感じでしょうか?

私は、この作品のイントロダクションの部分から入り込んでしまいました。
主人公の少年の運命に逆らえない流れというものがスリル感と葛藤を味わえます。

細かい内容は書かないでおきますね、
「ヴァンパイヤものだよ」と一言だけ言っておいて、あとは読んでみて
楽しんでくださいという気持ちです。

日本でも、翻訳されマンガにもなって人気のある作品です。
マンガで言うと「ジョジョの奇妙な冒険」を少し思い出しました。
実は私は「ジョジョ」は途切れて読んでいるので、細かい内容は知らないのですが
ちょっと怪奇的だけど、わくわくさせる内容で入り込めば楽しい作品なのだと思います。
ダレンシャンもそんな感じです。

Darren Shan…入り込んでしまいそうです。

期待もこめて、1作目に久々の星5つをつけました!

読んでいる人もたくさんいるのでamazonレビューなんかをみて、
合いそうだという方には間違いなくオススメです。自分はかなりオススメです。
(あまりレビューを見すぎて、内容を知ってしまうのは良くないですが)
turaraより 美月より Kenblishより シャールより floconより Polkaより mizKより じょにより chobiより Kouより rpqより thanks機能は会員のみ
2007/07/05 By magicrose (評価:4点 / ジャンル:FA / YL:5.0 / 語数:48,726)
本好きの姪がハリーポッターより面白いと言って夢中になっていたのがこのシリーズでした。
とっても気になりつつも、怖いのは苦手なので、ずっと避け続けていたのですが・・・
多読仲間が貸してくれたので読んでみました。

ずっとおどろおどろしいホラー小説だとばかり思い込んでいましたが、読んでみたら、
まったく、そうではありませんでした。
そりゃ、怖くないかといえば、やっぱり怖いし、毒蜘蛛に身体を這い回らせるシーンなんかは、
ぞぞぞーーーーっと鳥肌ものですが、不思議と、全体的におぞましさは感じられず。
さらっとした語りに乗って読み進むうちにいつのまにかすっかり主人公の気持ちに入り込み、
話の世界にのめりこんでしまい、何ともいえないせつなさで胸がいっぱいになりました。
thanks機能は会員のみ
2004/10/12 By Miki (評価:5点 / ジャンル:HR / YL:5.0 / 語数:48,726)
3日で読了。続きが待てない!
thanks機能は会員のみ

このページの先頭へ